Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
FF13-2:DLC女神の鎮魂歌 感想とか
というわけでさきほどまでプレイしておりました。2時間くらいで終わるだろうと
思ったので午前中に片付けようと、クシエルを読む時間まで削って早めに始めた
のに……。

終わらなかったですねぇ。シークレットEDまであるとかね。

そうそう、ちょっと気になったのはストーリーじゃなくって……

なんなのあの画質?

なんなのあの音ズレ?

というのが最初の感想です。S端子だから画質はS端子用なのかもしれないけど
拡大しすぎた印刷物みたいにすごく印刷のドットみたいなのが目立って気にな
った。

しかもゲームが音ズレしてるし。

俺のブログに来ている以上ネタバレなんざいちいち気にしないだろうが以下ネタバレ

そういえばライトはファングたちについて責任を感じていたよね。
セラとスノウは幸せになってライトはもう心の拠り所としての「守るべき者」が
いなくなった。

今まで拠り所にしてしまったぶん、セラたちは彼らの目指す道を行って欲しいと
ライトも思っていたのだと思う。だから最初に混沌に飲まれる直前のライトは、
ファングたち(を助ける手掛かり)を探しに行ったのだと私は考えた。

けれど行きついた先は混沌の海だった。

それがエピソードiの話だと思っていたのに。実際のところは何の脈略もなく突然
ヴァルハラに召喚された。この辺の説明は、まだないように思う。小説後編「フラ
グメントアフター」で明らかになる可能性も高いし、この件はまだ保留でいい。

それより、ファングたちを心配していたエピソードiの話をまるで「なかったかの
ように」13-2で、DLCですらライトが触れなかったことは、おおいに気になる点だ。

■いきさつ要約
ライトが女神の騎士になったのは、女神の眼を通していろんな時代のたくさんの
犠牲を見たから。その中にはライトが奪った命もあった(ここにはファングたち
も含まれる?)。だから看過できずにヴァルハラにとどまって贖罪として女神の
想いを受け継いだ。

→女神エトロの想い(死者たちの嘆きに対する哀れみ)をそのまま受け継いだせい
 で前向きさが失われたということなのだろうか

■セリフ抜粋
ライト
私は過去の償いに囚われ未来へ踏み出せなくなった
だからセラ おまえに助けを求めた

ユール
セラはあなた(ライトニング)が殺した
あなた(ライトニング)の招きでセラは旅立ち 命を散らした
これはあなたが導いた結末

↓ここでセラ死亡直後?のヴァルハラに場面が映る

ライト
許してくれ……セラ……
→おそらくライトは自分が助けを求めたことでセラが死ぬことを知らなかった

セラ(なぜか無印の服を着て祭壇に座る)
許さないよ 涙なんて流さない
どんな未来が視えても 嘆いたりしない
どんな終わりが視えても 迷わないよ
→後ろ向きなライトを優しく叱っている?

ライト
こうなることが わかっていたのか

セラ
お姉ちゃんが教えてくれたんだよ
どんな時も 希望を捨てるなって
→本編でそのセリフを言ったのってホープに対してだったような
 あ、でもラスト近辺でそれっぽいの言ってた気もするな


簡単にまとめ
1.ライトニングは重度のシスコン
2.ユールはライトを責めた
3.セラは結果的にライトの魂を救った
4.セラは結末を知っていた?→逆にライトは知らなかった?
  どうもライトはセラたちの動かした後の未来は視えてなかった?
5.ライトはセラの魂との再会を願いクリスタルになった

セリフ抜粋に問題がある場合はお知らせください。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
管理人の承認後に表示されます
2013/07/19(金) 23:16:47 |
Designed by aykm.