Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
FF13-2:ライトニングと女神エトロの関係考察
ネタバレはいつもどおりがっつり含みます。

■ライトはどこまで知っていたのか
ヴァルハラではすべてを見通せる。ということで、ライトはどこまで知って
いたのだろうか。という話をしよう。冒頭の発言では

「もうおまえ(セラ)を守れない」だのと、どう考えてももう死んでるか
ヴァルハラから抜け出せない状態
にあるとしかとれないような内容となって
いる。

そしてEDではクリスタルと化し、カイアスには(カイアスによって)倒さ
れたと説明されている。また、ヴァルハラでは時間軸が入り混じり過去も
未来も視ることが可能であることも本編中に説明がされている。

これが示すのは、ライトニングはEDの結果まで知っていた、ということだ。
しかしそうであるのなら、もう一つ疑問が浮かぶ。それは、

 <なぜセラを行かせたのか>
 ライトが、セラの行く末を知っているのであれば行かせる必要性が見い
 だせない。というのも、セラが生きているのはAF3年である。コクーンが
 落ちるのも数百年先で、世界が死ぬのなんてもっともっと先の未来だ。

 このまま放置していれば、セラだけは平和に生きていけた可能性も低く
 はない
だろう。ではなぜハイリスクノーリターンとしか言えない旅に
 セラを巻き込んだのだろうか

また、仮にライトが結果を覆すためにセラを選んだのだとしよう。その場
ライトにとって、セラの起こした歴史改変とはどこまでが想定内で、ど
こからが想定外だというのか。

ここが大きな論点になる。

補足になるが、セラはノエルに対して既視感があるようだ。特定の条件で
一番最初のライブトリガーに、ノエルへのなつかしさがあるような選択肢
がある報告が見つかっている。


■なぜAF500に戻るのか
以前の考察でなぜAF500に戻るのか疑問、と書いたことがある。
これについてフォロワーさんからRTを貰った。その方の考察では

AF500年でノエル君に「絶望の先には何がある?」と問われたユールは
「残酷な運命。終わりのない繰り返し」と答えています。歴史の繰り返
しは女神が消失してからのこと



と表現されている。これについて私なりに考えてみた。つまり、これは
女神の消失がトリガーとなって歴史の繰り返しが起きているということ
にならないだろうか?



■エトロはどの時点で消えた?
そもそもエトロはカイアスに自分の心臓を分け与えている。ある意味も
何も、これでは完全にエトロが元凶である。まず、EDを見てみる。カイ
アスを倒してAF500にもどったのち、モーグリの口から

「女神さまが消えた」

と聞くことが可能。つまり、少なくともノエルがカイアスにとどめをさ
すまでは女神は存在していた。カイアスに力を与えることができるので
あれば、エトロはカイアスから自分(エトロ)の心臓を奪うこともでき
可能性も高い。

では、なぜそうしなかったのか。

人間に奇跡を起こすたびに、女神エトロは自分の力を分け与えた。この
結果自分の力を失って、消えそうになっている。というのがモーグリの
説明だ。ということは、エトロは自分の力を取り戻す方法を知らない、
できない、思いつかない、のどれか
だろう。

いずれにせよ、FF13-2の話の元凶を「エトロの消失」に置く場合問題が
ある。
それは、ライトがヴァルハラに落ちた時点で女神が消失している
可能性が浮上するからだ。というのも、女神が消失していないのであれ
ばライトが身代わりになる必要がない。

さらに、エトロの消失を起点に歴史が繰り返されるのであれば、ライトの
消失=エトロの消失となる。そのため、繰り返される歴史はライトが消え
てからカイアスを倒して世界が混沌に飲まれるまでが該当する。(←混沌
に飲まれた後は世界が再生するという設定上)

しかし待ってほしい。先ほどの記述のように、モーグリはカイアスを倒し
てから女神が消えた、と言っているからだ。また、最後にライトのクリス
タル化という状況からすると、ライトはエトロがルシにしたというように
考えられないだろうか。


この状態で、エトロがライトと同化したら?

ここから先は根拠のないただの妄想になるが、もしそうであれば。カイ
アスはライトを倒せず、ライトもカイアスを倒せない。カイアスに心臓
を与えたのはエトロの力だ。そしてライトはエトロ自身の分身の一つで
ある。力の拮抗により互いに倒すことはかなわないと考えたのだ。

そこで、ノエルという部外者を経由することにした。結果、エトロは消
えた。ノエルにカイアスを倒させるためだけに、セラは時詠みとして利
用された
のではないだろうか?

また、ここにはライトニングの意思はもはやなかったのかもしれない。
エトロと同化したという仮定をしてしまうと、おそらくカイアスが世界
を混沌に飲ませようとしている理由も、ライトはエトロとして認識して
いたはずだ。

カイアスの行動について嘆いたエトロは、カイアスを救う奇跡を再び
考えていた。それはカイアスに与えた自らの心臓を奪うことではなく、
自分が消えることでカイアスの持つ力を消そうとしたのではないだろ
うか。

愚かなエトロの下した決断のせいで、ライトはエトロにルシとして同
化される。そして、エトロはノエルに倒されたことで満足した。その
ため、ライトニングは自分の意思と関係なくクリスタルと化した。

そして女神エトロは、いずれ来る目覚めの時を待つ。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
管理人の承認後に表示されます
2013/07/24(水) 01:12:45 |
Designed by aykm.