Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
FF13-2:ストーリー考察 セラはどうなっていたのか
ストーリーに関する考察なのでネタバレ注意です。ちなみに僕の考察ではいつも
のことなのですが、ネタバレのほかに妄言にも注意ですwww実は2周目やって
ないどころか選んでない選択肢(ライブトリガー)回収してません。リバース
ロック使用時もガンガン飛ばしてます。

ので、ライブトリガーで選択してない会話は考察に加味されません。プレイ済み
の方でライブトリガー関連に私が提示した問題の回答がございましたらご指摘し
ていただければ幸いです。


と前口上はこの辺にしておいて。今回のテーマは

【セラはゲーム中でどういう状況にあったか】

です。

ある程度はシナリオアルマニにも書かれてますがかなり薄っぺらい内容だった
のでアルマニオメガにでも期待するかね(゜-゜)
というより、設定に関する情報がなさ過ぎて考察と言うよりほぼ妄言になると
思いますが。

FF13のアルマニオメガが設定しかないのに批判があったんだろうか。ありそう
だけど。あれじゃただの設定資料集だからねー。もっと、HPランキングとか
ネタに走ったのを期待してたよ。

ともかく

話を戻して、セラがどういう状況にあったのか私なりの考えをまとめてみる。
ストーリーとして書かれている部分については自分でまとめてほしい、難解
というほどでもないだろう。

……というのも丸投げすぎるか?じゃあ

・セラはAF003に夢でノエルを視る。ライトニングはそれまでの夢に何度も出てきた
・ノエルと別の時代へ
・カイアスとユールに出会う
・すべての元凶がカイアスだと知る。ただし、ある意味女神エトロが元凶とも言える
 (エトロがカイアスに永遠の命を与えたせいでカイアスがぶっ壊れたという意味と
 エトロが力を使いすぎて倒れたという自業自得な意味で)
・時を詠む力(オートアビリティ「常にバイオ」といったところ)は命を削ると判明
・カイアスはライトを殺したらしい
・実際にカイアスを止めてみたら歴史が変わりすぎて一気に時詠みの力が発動し、
 セラ死亡

こんなもんでいいか。

で、私の考えと言うのはこうだ。セラはライトニングと同じ状況に陥ってしまった。
そして、それはおそらく他のルシにも言えることだ。なぜこのような考え方に至るか説明し
よう。

まず、時空を彷徨っているのはノエルとカイアスを除き判明している範囲では全てルシだ
った人間。すなわち、女神に依って、「ルシ化したのち人間にされた者」である。例外と
して、ホープのみゲートなどの女神の力に依らない時間移動をしている。

しかしながら、ライトニングの夢を見ることはあるという点から彼もまたエトロの影響を
受けていることは否定できない。

AFXXXのネオボーダムはアルマニによればすべて夢主の幻という書かれ方がされて
いる。それを基に考えると、そもそも隕石が落ちたことも、ノエルに出会って時間移動す
ることもすべてセラの見ている幻の一つ、という可能性が出てこないだろうか。

また、セラの衣装変化もエトロの影響による(参考:シナリオアルティマニアp56)ものの
ようだ。ゲート繋がったことに依るパラドクスとアルティマニアでは説明される。ゲート
は時の概念が存在しないヴァルハラにつながっていたため、一時的にネオボーダム
ではセラ以外停止していた場面も存在
する。

しかし、その先……ゲートにつながった直後の時間が本当の歴史かどうかについて
言及はない。さらに、ライトニングがヴァルハラに落ちた際もセラがネオ
ボーダムで体験したように周囲の時間が止まっている


これにより、ライトニングとセラの体験には類似性があると考えている。

もちろん、どちらもヴァルハラ(もしくはエトロ)に関連したものであるため、
ということもある。そのため、セラがライトニング同様「別のどこか」
に送り込まれた
、と考えるには少々強引かもしれない。

この仮説のもとで、シークレットEDで倒されたはずのカイアスが生きて登場
していることを見れば、それまでセラがしてきたことは全くの無駄どころではない。
セラが見てきたもの全てが「存在しないもの」、ひいてはセラそのものが「存在し
ていない」、最初から何も起きてない世界がエンディングである。という解釈に私は
至った。言うまでもなく、これも妄言レベルの強引な解釈だ。しかし可能性としては
あり得ると考えている。

つまりセラは、自分が存在しないはずの世界で死んだことに依りパラドクスを解消し
た。その結果、セラが存在していたはずの世界も同時に消滅、またはセラは
最初からどこにも存在しない人間になり、セラがもともと生きていた世界は、
セラの存在しない世界に変わった
。という考え方になったのである。

この状況は、ライトニングが消えた状況と似ている。ゲートがヴァルハラに通じたと
同時に、セラは別のAF003ネオボーダムに飛ばされ、本来セラが存在していた歴史から
消え去った。というわけだ。

ゲートが開くきっかけは、「ライトニングの死」と考えている。つまり、物語が始ま
った直後にライトニングはヴァルハラで死に、その瞬間にゲートが開かれたのだが
ノエルはヴァルハラの「特殊な時間の流れ」によってゲートが開くのと
ライトニングが死ぬのと、順番を入れ替えられて視えていたのではないか。

ということだ。

では、ライトニングはなぜヴァルハラに落ちたのか。これについてはDLCかなんかで
語られるらしいが、きっかけがセラと同類であるのなら、あのときもどこかでゲート
がヴァルハラに通じしていた可能性が高い。

そしてそのゲートを開けたのは、カイアス。……なーんてね。さすがにこれは完全に
憶測でしかないし根拠なしだ。

ま、ようは

1.エトロが手を加えた人間が死ぬとヴァルハラへのゲートが開かれる
2.開かれたゲートからエトロが手を加えた別の人間が別の世界
 (不可視世界のどこか)に飛ばされる
3.一度ゲートを通らされたら二度と帰れず存在を抹消される


という解釈です
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/09/29(木) 13:46:02 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.