Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
FF13-2:小説~先生と子供たち 簡易感想
小説は買うつもりなので細かいところは買ってから書こうと思ってます。
セラが先生になりたいっていう話はFF13の後日談小説の時点で書かれて
るからネタバレでもないかな。

まあ、後日談っていってもあとづけなんだろうが

どうもFF13本編エンディングの記憶がセラとその他でごちゃごちゃにな
っているらしい、というのがまとめ。これもまあ、雑誌情報で出てるし
そこまで重要じゃない。

ちょいちょいメモ的に書いておくと

★8ページまでの経過時間について
・ネオボーダムが住める程度まで完成するのに1年近く経過
・ここから学校を作ってさらに半年経過、そして冬間近まで

どうでもいいといえばいいのだが、FF13の本編+13日は長くても1カ月
程度じゃないかと想定しています。13+コクーン4日程度+パルス2週間
程度という計算。

★セラの違和感(個人的にネタバレじゃない範囲)
・文献上、パルスの人々は数百年前に滅んだとされている。が、実際
 にパルスでは近年まで人が生活していた痕跡がある。最近まで人が
 住んでた形跡があること自体は、プレイ中に私も感じていたことで
 ある。(数百年前に滅びたにしては、ヲルバには生活感があるなど)

 が、文献上と実際がこうも違うなら、「歴史的発見」として扱われ
 てよさそうなのにセラ以外の人は、それも学者ですら「パルスだか
 らそういうこともあるだろう」で片付けている。

 このことに関して、セラだけは違和感を感じている模様。

ファング、ヴァニラ、ライトに関しては回想でしか登場してないけど
いないこともないのでとりあえず小説は買うつもり。

以下はネタバレそうなメモ

★セラの違和感2
・スノウとセラは人間なのに魔法が使える
→セラは「人間は魔法を使えないはず」と認識しているのにスノウは
 「パルスだからそういうこともある」と認識している。また、スノ
 ウだけでなくセラ以外の人もスノウと同じような認識をしている

 なお、セラは他の人との認識の差異を違和感として持ってて、その
 違和感を感じるのが嫌で魔法を使わないようにしているらしい。
 なお、正確には

 「人間でも魔法が使えるものがいる」という噂を実際に実行してみ
 たら使えてしまった。とあるため、セラとスノウだけでなくあの日
 ルシになった人間が全員魔法を使える可能性も高い。

関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
管理人の承認後に表示されます
2013/07/07(日) 00:37:56 |
Designed by aykm.