Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
P3F:エンディング考察
エンディングで強く印象に残ったのがY子コミュのその後だった、
というのはさておき。プレイタイムも200時間の大台に乗り、実
際のプレイタイムはおそらく250時間程度だったかと思います。

メーカー公式の想定クリアタイムは100時間だそうですね。私が
楽しめたのはペルソナ合体のスキル継承だとおもいます。ゲー
ムのシステムとしては、そうなります。

シナリオは、好きな部類ですね。釈然としない部分は若干あり
ますがP3Pだと恋人エンドがあるようなので、、、もし機会が
あれば探してみようかと。

コミュも全部はマックスにできなかったのでその辺が、、、
ちょっと残念な感じになりました。

ああ、エンディングですね。まさかラスボス戦後に何日か歩き
まわれるなんて知らなくて、セーブ前にゆかりちゃんに話しか
けてしまったため選択肢分岐が取れなくなってしまいました。

ここは非常に残念です。2周目するかどうかわかりませんが、
そのときにでも確認したいですねー。

また、ラストで主人公がどうなったのか、ですが、あれはP3F
以降の後付け設定なのでしょうか?無印だとハッピーエンド?
みたいなことを目にしたんですけど、それだと最後の最後で
アバターじゃないニュクスと戦うシーンもP3Fから追加されたこ
とになると思うんですけど。


エンディング直後の感想を書くの忘れたまま考察サイト見てし
まったのがアレですね。。。最初見たとき、ぼんやり思ったの
は、主人公の命と引き換えにニュクスを倒したのか?

という程度ですね。

ただ、なんで主人公の命を引き換えにする必要があったのか、
どういう経緯で主人公の命ひとつで世界が救える状態になっ
たのか。その点が疑問です。(ちゃんと聞いてなかっただけ?)

また、ニュクス本体との戦闘後、主人公は常に過労状態らしく
ほかのみんなから顔色を心配されてます。プレイ日記の方に、

これは主人公の夢なのか?

というのを書いたかと思いますが、ニュクス本体と戦った時点
では私も彼がどうなったのか考えてませんでした。最後のスキ
ル発動で使われるHPが全HPだった、と気付いたのは考察サイト
を見てからですので。

じゃ、なんで主人公の夢だと思うのか

それは、この1年間をみんなは覚えていない、だが主人公のこ
とだけは、共通して覚えているように見えたからです。しか
も、結局アイギス以外とは卒業式にちゃんと顔を合せる前に
主人公は寝てしまっています。

まあ、正直そのへんだけでぱっと浮かんだのがあのエンディ
ングは主人公の夢だったのかなっていう考え方なんですよね。

というのも

私の見た限り、主人公がみんなを忘れている描写はなく、寮の
仲間は他の仲間やこの1年間の自分たちの行動を忘れている描
写があります。その中でアイギスだけが覚えているようでした。
本人は、思い出した、と言っていましたが。

また、自室に向かう際、毎度眠い、早く寝ようと言ったことを
ぼやいている点も彼の死を連想させます。これは、フランダー
スの犬みたいだなぁと漠然と思ったからっていうのも大きいで
す。ぱっと見た感じ、そう思えました。


あと、ニュクス戦後のアイギスは涙を流してましたね、オイル
漏れとかだったら笑っていいですか←

もう一つ、今考えているのは、あのエンディングは主人公が見
せたSEESの夢っていう説です。主人公のペルソナはなんにでも
なれてなににもなれないってことだったので

もともと彼は存在していなかったのではないか

とか考えました。彼は人の夢の中でのみ存在していて、実物は
どこにもいないんじゃないかと。まあ、後日談を見てないので
なんともいえないんですがね。

実在していた彼の精神体は、デスに弾き飛ばされてその時にす
でに死んでいた。SEESや他の人たちが見ていた彼の肉体は、彼
の意識に沿うように成長していたものの、中身はとうに人間で
はなくなっていたのではないかと。

ただし、意識がデスを経由して肉体を作っていたため人間のよ
うな生活をしていた。つまり、彼はアヤトキ自身なのではない
か、ということですよ。。。

ファルロスは主人公の中にいたせいで人間らしくなった、と言
っていたが、実は主人公とファルロスは10年前の時点で同一無
二の存在となり、主人公は存在してはいけないはずの人間だっ
た。みたいな。

うーーーん、よくまとまらないね

とにかく、それに気付いた主人公が、ニュクス=ファルロスと
同化することで、ニュクスはふたたび高次元の世界の住人とな
って、我々の世界から見えなくなった。

とか、勝手に解釈してます。

簡単に言うと、存在しないはずの人間(主人公とアヤトキ)が、
実は、ニュクスだった。

主人公=アヤトキ=ニュクス

なんらかの理由で、その関係が崩れ、人間の形をしている「存
在しないはずの人」の代わりに、「ニュクスが存在する世界」
が生まれた。

たとえるならば、主人公が+値で、アヤトキが-値だとすると
アヤトキを取りこんだニュクスは、-値に偏り過ぎたために
「世界を終わらせてしまう」

であれば、主人公とアヤトキが存在していれば、互いに打ち消
しあってニュクスは「存在するかどうかわからない」。シュレ
ディンガーの猫のようなものである。

私は、この状態を「高次元の世界の住人になった」と表現する。
2次元の世界からは3次元が認識できない。3次元の人間に、時間
軸を加えた4次元は見えない。後者は4次元というと、未来とか
過去、といったものだと私は推察している。

3次元を「今」とするならば、4次元は過去や未来であって、自
分が存在していない次元は他人の目(機械を含む)を通さなけ
れば見ることができない。

この場合、ニュクスは「死をもたらす」存在であるため、生ま
れて「死んでいない存在」には、「死後の世界」が認識できな
い。ということが言える。

ん?なんか無理矢理?

こまけえこたぁいいんだよ!!

と、とにかく。ニュクスが死をもたらすってことは、ニュクス
っていうのは死後の世界に死者を集める存在ってことでしょ?
なら、ニュクスが死後の世界から来ている存在って仮定しても
おかしくなんて、、、

おかしくなんてないよーーー

つまり、ニュクスと同化する=死後の世界の住人になる=死ぬ

ってことだよ。うん
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.