Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
夢日記:これはゲームなの?
まずひとつめ。

舞台は東の方のアジア。最初は中国かと思ったけどよくわかんない。とにか
く、私と父、母、妹はそこへやってきた。妹が友達を助けに行くんだ、とか
言っていた気がする。

そして、いきなり時間が飛ぶのだが、どういう経緯なのか妹を除く私たちは、
濁った緑色の海の中を泳いでいた。見送りに来ていたのは大量のモンゴロイ
ド。言葉はわからないが何やら盛り上がっているようだ。

盛り上がりすぎて、港から大量の人が海へ落ちたが、彼らは平気な顔でぷかぷかと
漂っている。私たちの方は、海を少し泳いだ先で、石のブロックでできた階段を
登り、船に乗った。

船は海の中からそびえる階段と接岸しており、日本人ではない小さな女の子が船
から海に入って行った。船の縁と床は段差がなく、少し海の中に沈んでいるくら
いだ。それなのに、船はしっかりと浮いていた。

女の子は、汚い海の中を楽しそうに浮き輪を使って泳いで、その子の母親を呼ん
でいた。

私たちはその船に乗った。船の中で泊まれると聞いていたが、ここにあるのは横
幅4,5m、長さは15mもないだろう小さな船だ。船に乗ってすぐのところには、露
天風呂。木枠の壁が四方を囲い、擦りガラスが等間隔にはめられている。

両親は、持ってきた薄めのスーツケースを広げていた。中身は、すっかりからっ
ぽだ。私は中身を一度も見ていないので、何が入っていたのかすら、わからなか
った。だが、両親が肩を落としてため息をついているのを、私は見逃さなかった。

そして、ここへきて、ようやく気付いた。妹がいない。

それを母親に尋ねると、船の外に顎を向けた。妹は、黄色い着物のような上着に
薄いピンク色の袴を履いて私たちの船と並走する小舟に座っていた。小舟は2艘
1組でまとめられたもので、妹の隣には若い女性が1人、座っている。

小舟の上には家のような形の建物が乗っていて、大きさは1人がゆったり座れる
程度だ。ドアはなく、入口は開け放してあった。その中に、2人とも座っていた
のだ。若い女性の方は、妹と上下逆のカラーリングで、上が薄いピンク、下が黄
色い袴だ。

私は妹を見たが、妹は気付く気配すらなく、やがて私たちの船を追い抜いて行っ
てしまった。そのとき、うしろで叫び声が響いた。ワニだ。乗組員のおじさんが
このへんではワニなどいつものことだ、と気にも留めない。

海にワニがいるなんて、聞いたこともない。

ワニは船に乗ってきた。へりのない船にやすやすと乗りこんできたワニ。けれど、
思ったより小さかった。大きさは私の片腕の長さほどしかない。しかも、そのワ
ニに手足はなかった。体の半分を占める口と、あとはしっぽだけ。胴体がどこな
のかも見当がつかない。

ワニ見たさに、船の端に人が集まりすぎて、船が少し傾いた。

それで、母親がワニをつまんで、海に放り投げた。今度は船首のほうに出たよう
だ。私たちのそばにいた他の客たちが一斉にそちらへ向かう。沈むのを危惧した
父は、彼らを説得して分散するように言った。

今度のワニは、手足があった。あったけれども先ほどのワニの半分ほどの大きさ
しかない。私はワニの首を後ろからつかみ上げ、放り投げた。ワニは、それから
でなかった。

しばらくすると、どうやら陸についた。陸と言ってもぬかるんでいて、あちこち
に本が置いてある。本屋、のようだ。おいてある本の中に、クシエルシリーズや
その作者の本が並んでいた。

あの本が、この国で存在を認められているのは信じがたい。しかし、私がそう思
う理由についてはここでは書くのをやめておきたい。

ようやく乾いた部分に到着すると、一軒のコンクリート製の建物があった。

私たちはそこに入った。どうやら日本へのゲートのようだ。中に、男が一人いた。
日本人のようで、ぼさぼさの黒髪、半裸にジーンズといったいでたちだ。男は
私たちに疑問を投げかけた。

けれど私は聞き取れない。両親が代わりに答えた。その答えも、私には聞き取
れなかった。その問答の後、妹が入ってきた。服装は、普通の服だった。さっき
見かけた服とは違う。けれど、顔はさっき見たのと同じだ。

妹は、ふらついていた。体力が根こそぎ奪われたのかというレベルで憔悴しき
っている。あの国では、子供には体力を使わせないならわしだった。それが妹
をそうさせたのだと、私は思った。

建物の外に出ると、スクランブル交差点だった。どこのかは分からないが、日
本なのは確かだ。目の前で、1人の男が死んだ。

誰かに刺されていた。

両親に疑問を投げかけていた、あの男だ。





2つめ。
今住んでいる家で妹とトイレのとりあい

3つめ。
ばあちゃんがどっかの高校で髪切ったから見に来てくれ、というので見に行った

関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
>>海にワニがいるなんて、聞いたこともない。

なんか大作映画にでもなりそうな夢だw

因幡の白ウサギの伝説では海にワニ(和邇)がいたことになってるね。
もっともあれに出てくるワニはサメのことだって説が有力だけれども。

そして唐突なクシエルシリーズ、
さらに2つめと3つめの夢の素っ気なさと内容に吹いたw
2011/08/18(木) 23:57:54 | URL | mararhythm #HfMzn2gY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.