Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
夢日記:建物のメモ?
顔を知らず、名前もHNしか知らない人と、ディズニーランドに行った夢。
なんでそんな状況になったかというと、その知らない人がディズニーランド
のチケット貰ったけど貰ってくれる人いない?みたいな感じで、そこに私
が乗った、ということです。

ただ、ディズニーランドとは名ばかりで、夢の中では疑いもしなかったが
なぜかスキー場のロビーもしくは田舎の道の駅のような場所がまずあった。
ログハウスばりの丸太が壁になって、床は灰色の絨毯。

黄色い鉄製の細長く背の高めなワゴンにはグルメ情報が並んでいる。

外には、、、これは前に見た夢にも出てきた部分だけど大きなドームがある。
そのドームは先のほうが細くなっていてちゃんと削ってない鉛筆みたいな形。
くもりガラスが張られたドーム屋根からは長い滑り台がしつらえてあった。

その滑り台には緑の――ところどころ枯れて薄茶色になった部分もあるが――
ツタが巻きつき、さらに滑り台の周りを大きな木が覆い、さながら緑の海だ。


もう一つの夢ではマンション。

濃いめの色をした木目調の壁紙が貼られたマンション。廊下が四角くなっていて
部屋が廊下の外周にくっついている。廊下の中心は吹きぬけになっていて

 ←こんな感じ

まあ、そこまではまだ普通のマンションだろう。

驚くべきはトイレである。和式トイレは普通の形状をしている。しかし洋式を
見てみるとその違いがはっきりした。トイレの、フタと座る部分しかない。
出入り口から見て左から1番目は和式、2番目はフタは上げられ座る部分が床に
水平になっている。そして3番目はフタも座面も壁に下向きに折り込み、しまわ
れている。

その洋式のトイレの床には黄色い水がたまっている。

どういうことかわかるだろうか。

つまり、流すこともできず、ただただ排せつ物が駄々漏れしているのだ。
いや、もしかしたら流さずにどうにかする方法が確立されていてその実験を
していたのかもしれないが。少なくとも私はこう思った

「なんだこれは」
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.