Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
ニーア:設定資料集SS感想
何気にFF13の小説書いてる人もニーアSSの一部を担当してるね。

☆ソシテ誰モイナクナッタ
白と黒の書の過去話。ドラマCDでも読んでる最中もこれを口調からして
テュランのことかと思ってたんだけど。やっぱり白と黒の書の話らしい。
魔法によるバトルロワイヤル?結構グロきつめですけど。


☆石ノ花
エミールとハルア姉弟の昔話。おそらく本編中にエミール宛に手紙書
いてた人?も出てきているような。ハルアが何度も逃げ出そうとして
たり、大人を信用できなくなっていたりと割と深刻。

なのにエミールときたら。なんかもう、空気読めないのは当時からな
のかw


☆赤ト黒
本編より少し前のレプリカントニーア&ヨナのお話。黒文病を発症した
ヨナのために高価な薬が必要でそのためにニーアが頑張る。それにして
も、頑張りすぎだよ。クシエルの世界観ならもっと大量に金せびれたか
もしれないけど。身売りで手取りわずかじゃなぁ。あと少年時代の奇抜
な髪結いの理由も書いてある。


☆小公女
フィーアと王子の少し昔話。こいつら最初から相思相愛じゃねーか。
ごちそうさまでした


☆魔ノ山
ロボット山兄弟の、本編直前1週間の話。兄ちゃんがニーアの身ぐるみを
剥がそうとか考えてるくらい思いつめてて軽くホラー。


☆魔女ノ夜宴
カイネがテュランに侵食され、ニーアに合う前の話?人格者とのたまう
女性の語り口調。彼女は崖の村の人々にカイネが差別されていると聞い
て、ディモに頼み込みカイネに会いに行く。途中大量のマモノに襲われ
るがカイネがそれを倒した。

その時少し怪我をしてその様子見も兼ねて自称人格者の女性はカイネへ
差別されるなんてかわいそうだ、みたいなことをくだくだしく述べつつ
カイネの家に泊まった。

そして女性がふと目覚めると寝ていたカイネがいない。外から息切れを
聞き取って表に出てみると、カイネは。。。マモノを大量に殺すと興奮
するのか止められないらしい。

女性はカイネの「ソレ」を見て「理解できない」と逃げ出した。なんて
やつだ。。。

にしてもこれ、ある意味視姦プレイだな。でもマモノの左手でってこと
は、実際にはカイネのせいじゃなくってテュランのせいかもしれないけ
ど。つまり、テュランの欲求不満解消行為、みたいな。だとしたら、カ
イネだってしたくてしてるんじゃないと思うんだけどね。全部がそうだ
とも言い切れないけど。テュランのせいで無作為にマモノを殺す自分が
許せないとか。いずれにせよわざわざ人に見せるものではないしナァ。

しかし、仮にテュランのせいだとすると、彼は殺し足りないっていうの?


☆人魚姫
本編中のすきまエピソード。海岸の街で巨大なマモノの気配をさっちす
るカイネ。しかしそのマモノは優しくしてくれる郵便局員になついて少
女の姿をとっていた。だが、その姿を保つのももう難しく、少女は人間
を食えばまだ人間の姿でいられると思ってニーアたちを襲い……。

カイネのゲシュタルトはドラマCDブックレットによればレギオンの遺伝
子も持っているため、もともと戦士属性が強かったはずだがそれにして
もカイネは大きな怪我が多い人だね。今回も太ももとか貫かれてるし。


☆狭キ門
本編中のすきまエピソード。ニーアの村のお祭りから、ポポルに門衛を
頼むという名目でハブられるカイネとエミール。今まで憎しみの対象で
しかなかったマモノに同情したのか、動揺しながらもその気持ちを打ち
消すためにオーバーキルしてしまうカイネが見ていてつらい。

マモノの声が聞こえているがために、崩壊体ではないゲシュタルト相手
にそれを殺そうとしている自分の方が実際はマモノなのではと気付いた
瞬間、のお話ってところだね。きっと青年期のかなり最初の方なんだろう。

カイネには何か、、、何もできないのがつらいね。


☆八十日間世界一周
Bエンド後のエミールのお話。うーん、別に……おもしろいっちゃーおも
しろいけどエミールしかいないからつまらん。


☆失ワレタ世界
Dエンド後のカイネとエミールのお話。喪失感を持ったカイネが神話の森
を訪れる。その神話の森の巨大樹がシステムデータを削除しようとしてカ
イネを殺そうとして……。そして4本腕になったエミールが登場。少年状態
ですがニーアを取り戻します。だが、インタビューによるともはやレプ
リカントの元データであるゲシュタルトのソースが死滅およびレプリカ
ントを製造するはずのデボルポポルもいないためどのみち滅びるしかない。

結局、全員にとってのハッピーエンドはない。人間にとってのハッピー
エンドはない。そういうことでしたね。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.