Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
T3B:ED考察~アヤとイヴ
ネタバレ注意
2周目に四度目の誕生日が追加されたことで少し考えが変わった気がする。

1.ED結婚式時点のアヤはどこの時間軸からきているのか
アヤは「(精神は)もうとっくに壊れてる」と発言している。このことから
ED時点のアヤは2012年12月24日のアヤではない可能性が高い。だとすると、
事件が起きた後にどうにかして精神を取り戻したという考え方もできる。

つまり、こういう考え方である。OD捜査をしているアヤはイヴではなく正真
正銘アヤ本人である、と。この場合EDではアヤがイヴにODし、死ぬ(という
のは正確ではないかもしれないが)することでツイステッドおよびハイワン
ズ発生を阻止していることになる。

仮にOD操作をしているのが中身イヴなのであれば、EDの解釈はイヴinアヤを
殺害することでツイステッド化阻止をしている、ということになる。微妙に
違うのは以下の点だ。

ツイステッドを阻止する主体が
・未来(2014年2月)のアヤとしての意識
・2012年時点のアヤとしての意識
・未来(2014年2月)のイヴとしての意識
・2012年時点のイヴとしての意識

と、こうなるわけである。
つまり、4通りの解釈が可能であるということになる。簡単に言うと
結局T3Bの主人公はアヤだったのか、イヴだったのかということが論点
になる。

はじまりの時までの経緯をまとめると
・2012年12月24日の結婚式、何者かに(おそらくハイド)襲われる
・アヤを守りたくてイヴがアヤに偶然OD。突入部隊を射撃。
・イヴが記憶を飛ばす
・ハイドに呼ばれてイヴが自分の体に戻る
・アヤの意識が目覚める→この時のアヤの意識はどこから来た?
・アヤ(中身同じ?)がイヴを誘おうとするハイドを殺害
・イヴがODした時点でアヤの精神は崩壊していた
・アヤがイヴにODする=イヴinアヤの完成
・アヤがイヴinアヤを壊させる=ツイステッド化の阻止

ということである。正直いって答えを出す材料としては薄いだろう。
ちなみにカイルにも精神体が見えているような描写があることにも
注目したい。

しかし、これを見ると崩壊したはずのあアヤがどうやってイヴに話し
かけたのか、という点とED後に殺されたはずのハイドがウェディング
ドレス姿のアヤ(中身不明)を発見している点が矛盾しているように
思える。

少し話を戻すと、事件時にハイドを撃ったのは映像ではアヤの方である。
これは会話の内容からしても中身はアヤだろう。

さらに、ハイドがそもそもハイワンズであるということは、結婚式襲撃事
件時には知られていないはずだ。ということは、アヤ(にODしている方)
はハイドがハイワンズを集めようとした張本人であると知っていたことに
なる。

そのうえ、エンディングは時間空間がおかしい。13時に襲撃にあっている
のに5分後の誓いの言葉の時には血も警官も存在しない。そのあとでハイド
が「血染めのアヤの体」を見つけている。

また、過去改変は変えた本人以外認知できないということはブランクや前
田が主に証言している。つまり、アヤは記憶喪失だったのではなく改変後
の現在時間から何らかの外的理由で改変前の現在時間に飛ばされたために
過去を認知できなかったということだ。

そこで、過去(2012年)のカイルの精神がアヤに接触することで、始まりの時
を思い出させることに成功させたのではないかと推測される。カイルが何故
精神体を見ることができるのかは不明である。

これは私見にすぎないが、カイルはおそらくアヤの精神を探すうちにハイワ
ンズになったのだと思われる。これはEDの彼の台詞によるものであるが。
とすると、実際はアヤの精神は壊れているのではなく見つからない状態であ
るのではないかと推測される。

とまあ、不明点はあるものの、こうしてみるとOD捜査をしていたのは

心身ともにアヤである

という可能性もゼロではなくなってくる。



また、

クリア後に見ることができるEP6時点でのTLではツイステッド発生阻止のた
めに「アヤがイヴを撃った」としているが、これはハイドによって「嘘で
ある」ということになっている点にも疑問符が浮かぶ。

もちろん精神体の見えない一般市民からすると、どのみちアヤがイヴを撃っ
たことになる。

【2012.10.4追記】
ED時点のアヤはどこから?の新説がなんとなく浮かんだのでメモ。

■仮説
・イヴにアヤの一部が融合していただけでアヤではないがアヤの一部が混
 ざっている。つまり、OD操作していたのはイヴ。そして、イヴがODした
 際にアヤの一部がイヴに残っている状態
という意味。
→だからイヴはアヤの声を聞くことができた?
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.