Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
FF13:ED解釈考察~ファングとヴァニラの使命
クシエルの使徒に関してはまた後ほどまとめます。っていうと大体やらないフラグ
が立つんだがそっちはまだメモが残ってるのでまあいいか。とりあえず久しぶりに
FF13の考察入ります。頭の中にあるうちに書かないと忘れるからね。

動画(52本目)を編集しててぽっと浮かんだんですが

ファングとヴァニラの最終使命は「女神の再誕」ではないか、という結論です。

6/20 23時頃、追記

関連記事
FF13FNC:FF13とFFv13の共通性から見るFNCの全貌考察
FF13:アルティマニア(最下部にちょっとだけ女神に絡む感想)
FF13:ED考察その2+神話の全体像解釈
女神がFF13でどういうものであるかについては以前の記事でも書きましたが
あれはまとめると以下のようになります。

・女神≠創造主で、創造主は女神の子。
・女神は創造主にクリスタルという形で自分の力を受け渡した
・そのクリスタルを割り砕き、創造主はファルシを作る
・創造主は何らかの理由でファルシを見捨てた

と、こういうことですかね。自分で書いておいてわかりづらかったので
なんか申し訳ないのですが。さらに、ここから発展して

・ファルシはいなくなった創造主を求めてルシを生んだ
・ファルシはルシを捨て駒にし、ファルシとルシは対立することに


ここの部分は小説やアルマニで事実として書かれています。以下は憶測で



・ファルシによってラグナロクになったルシが、パルスもコクーン
も巻き込んで破壊へ持ち込もうとする
・それを嘆いた女神がルシを強制停止させた
・結果、600年以上にも渡ってコクーンにはパルスからの侵略は止まった

それまで続いていたパルスvsコクーンの戦争がそれほどの間停止していた
ことは疑問に思ってもいいことだろう。何らかの力が働いていてもおかし
くない。また、パルスでルシを生んでいたファルシ=アニマも一緒に止め
られていたのだろう、長年にわたってルシを生産しなかった。

セラが偶然、神殿が開いているのを見つけたとしてもアニマが目覚めてい
なければルシにはならなかったはずだ。それに流れからいって、神殿を
開くのもアニマの力と考える方が自然ではないだろうか?

つまり、下界のルシと同様アニマも停止させられていたのではないかとう
ことだ。

しかし、コクーン側のルシ生産者は止まっていなかった。これはレインズ
の発言から来るものだ。どういう意図でファルシの内、アニマだけが停止
されているような形になったのかは全く想像がつかない。

ただ、理由はともかく仮定として

・女神は人とファルシの諍いに疲れた(ないし憐れんだ)
・面と向かってファルシに対立するファングに一縷の望みを見る
・ファングとヴァニラのルシとしての使命は女神によって捻じ曲げられた
・ファングとヴァニラは女神の力を継承するのが使命だった
・二人はルシとしての眠りについたのではなく、女神ないしその分霊とし
て永遠を生きる存在になった


というように考えてみたのですが、どうでしょう?相変わらず根拠ないで
すが、仮にファングたちがルシとして永遠を生きるのなら

1.何故ライト達がルシにならずにクリスタルから復活できたのか
2.何故ライトが見た未来にファングたちがいたのか

という疑問に説明がつかないと思うんですよ。

ファングたちはクリスタルのままでライト達と一緒には復活しなかった。
でも、ライトが見た未来には彼女たちも一緒にいた。
ホープは彼女たちにはもう会えないと思っている。

なんとなく、女神の力をファングたちが受け継いだようには見えませんか?
仮にそうだとしたら、女神は何故力を渡すようなことをしたのか、という
のもだいたい見当は付きます。

女神は断章によれば、何も求めることなくただ見ていただけでした。

とすれば、彼女はその罪滅ぼしとして――贖罪の意味での人間によるリス
タートをさせるために、力を与えた。
というように考えますね。私は。


ちょっと追加させてもらうとファング単体が女神の力を受け継いだ形でルシたちの
使命を上書きしたうえで使命を解消したという考えもアリだと思いました。ファン
グ死人説を書きましたが、それとヴェルサスの「誰かを犠牲にして力を得る」という
言葉から考えると、ファング単体がそういう力を受けたと考えてもなんら不思議で
はないはず。

ファングがクリスタルだった描写がないのがキモですかね。

まあ、死人でなくともファルシから「壊れたルシ」扱いされてるのである意味
死人同然にファルシからしたら取られていた可能性があります。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.