Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
適当にショートストーリー:約束の歩道橋
「ねえ、わたしたちってさ……なんなんだろうね?」

唐突に彼女はそう切り出した。夕日の下でオレンジ色に焼けた歩道橋は、いつもの
私たちの帰り道だ。大して車通りも多くないのに、いつだって私たちはこの思い出
の歩道橋を歩いてきた。

黄昏時を過ぎてしまえば、眼下を走る鉄の塊も太陽と一緒になって消えていく。私
は、そんな歩道橋からの眺めが大好きだった。そして、いつも日が沈みきるまで私
たちはそこに立つ。

思い出の歩道橋――

物心ついたときからそこにあって、きっと、なくなるなんてことはないって私たち
は思ってた。昔から、この歩道橋の下の道は、あってないようなものだったけれど、
私たちは引きつけられてしまった。

何年も、何年も、長い時が過ぎる。

その中で幾重にも重なる色とりどりの黄昏の記憶は、私たちの思いを、とても深い
場所へといざなう。気づいたら、私たちは一緒にいて、気づいたら私たちは……

「あーあ、どうしてこんなことになったんだろうね?」

私は答えない。彼女は私をじっと見据えている。彼女の顔はぼやけていて、でも、
心の中での彼女はとても綺麗で。空に流れるようなつややかな黒髪が、今はかす
んで見える。それでも、私は彼女がきっと変わっていないと思った。

「……答えなさいよ」

何も答えない私に、彼女はしびれを切らしたようだ。少しきつく、私の左手首を握
る。私の左薬指で、細身で青いラインの入ったシルバーの指輪が光る。彼女はさら
に力を込めて

「どうして?」

涙を流した。

綺麗……だったと思う。彼女の涙は、いつだって綺麗だったから。泣いている彼女
がとてもいとおしく感じる。この手を伸ばして、そっと彼女の頬に触れれば、彼女
はきっと笑ってくれる。

でも――

「約束……したじゃない。一緒に……ずっと、って……」

ごめんなさい。
言えなかった。私は、何も言えなかった。でも、彼女の温もりは感じられた。
だから――

「ずるいよ……そんなの……」

だから、私は、しずかに、ゆっくりと……永遠の、眠りについた。
二度と、会えない。二度と、触れ合えない……黄昏の向こうへと。

私はあの日、約束した。

ずっと、一緒にいる。

誓いをしたその日に、私は歩道橋を降りた。そして、彼女の目の前で、大きな鉄の
塊が、私の体を宙に浮かせた。あれが、最後の二人の歩道橋だった。

ごめんなさい。

でも、ありがとう。





ちょっとだけあとがきです。

適当に書いたのは本当ですが、なぜあんなラストになったのかは自分でも不明。
一応弁明すると、お話の時系列は主人公が死ぬ前後でして、冒頭部は病院、「私」
は彼女との思い出を思い出しているわけですね。

一緒に暮らす約束をした矢先に、事故で生死の境をさまよった「私」に意識はあ
るものの視力はあまりなく、身体も動かせない状態ってところ。

泣ける話を目指してみたけど、どうなんだろう?

むしろ主人公が死にかけているってどこらへんで気づくのかなぁwktkみたいな。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
ちょっと逸れます
今更後書きのあるのに気づいたw
そして死にかけていると気づいたのは最後の最後。鈍いのかな。

>泣ける話を目指してみたけど、どうなんだろう?

短編で泣かせるのって至難の業だと思う。

あと、『推定少女』の香りがする。
『推定少女』の前半は面白かったけど、後半はどうなんだろう。ぶっとびすぎてて若干冷めてしまったw

1番目のエンディングが好きというのは同意。ボニーとクライドを持ち出す=バッドエンドということなんだろうと思う。『俺たちに明日はない』って実話を元にした映画の登場人物(強盗団)で、逃走劇の果てに蜂の巣になって御陀仏。こっちは男と女だけどね。
2010/06/13(日) 01:51:37 | URL | kononushi #mQop/nM.[ 編集]
Re: ちょっと逸れます
> 今更後書きのあるのに気づいたw
ええ、文字通り記事を完成させてアップロードしてからさらに書きなおしたので←

> 短編で泣かせるのって至難の業だと思う。
まあ難しいですねー。長編だと逆におわらねーっていうことです。

> あと、『推定少女』の香りがする。
否定はしないw

> 『推定少女』の前半は面白かったけど、後半はどうなんだろう。ぶっとびすぎてて若干冷めてしまったw
逆に後半の方が面白かったですね。なんでだろう…。

> ボニーとクライドを持ち出す=バッドエンドということなんだろうと思う。
なるほど。
2010/06/16(水) 06:55:10 | URL | ビスタ #.qanGQko[ 編集]
銀河鉄道の夜を読み直せ。あれは良い。
2010/06/19(土) 02:55:56 | URL | 堀江 #oyCfJ0mM[ 編集]
Re: タイトルなし
銀河鉄道の夜をまだ読んだことないです(ぇ
宮沢賢治さんのでしたっけ?あれ?w
自分、基本的に親父が買うかネットで特定テーマで紹介されてる本
しか読まないので一般的な有名図書とかはあまり読んでなかったり
するんですよね。
2010/06/25(金) 07:01:55 | URL | ビスタ #.qanGQko[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.