Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
【推定少女】(桜庭一樹、角川文庫) 感想(一応)
ファミ通文庫だとエンディングが一つしかないので注意。

ちなみに桜庭女史は名前からすると男性ぽいですが(私もそう思った)女性。
どっちかというと百合寄りな作風が多いらしいですがあまりよくは知らない。
偶然、百合小説探してます的なハテナで見つけたので探してみたという次第。

感想書くのは本気で苦手です…。なので某サイトの体裁を真似てみました。


1.傷害少女と自称宇宙人の少女の逃亡劇
義父を殺害しようとした少女「カナ」とカナが逃亡中にダストシュートで見つけた
自称宇宙人の「白雪」の物語。
女同士で逃亡劇っていうのは意外とよくある設定ですが(エルカザドやらMADLAX
とか……あ全部BeeTrainだ……)自称宇宙人と聞いてラノベと思ったのは私だけ
じゃないはず。よく読むと全然「自称」じゃないんですけども。
本人否定してますし。
ほんわか友情百合のほうなものはありますが最後の最後まで恋愛要素はないです。

2.衝撃の正体
ストーリー開始時点で警察に探されてたのは実は……というのはなんとなく途中
で気づいた。変すぎる白雪の行動には最初から最後まで私には理解不能だったわ
けだが、じゃあ正体が判明したら理解できるかって言うとそういうわけでもない。

3.怖い大人、何もできない子供
カナに感情移入し過ぎて怖くなった。ときどきいますね、自分のことを棚に上げ
たり、聞くふりをして何も聞こうとしない大人って。それで言い返そうとすると
怒られるっていうのは理不尽なんですが従わざるを得ないのが子供の状況ってと
ころか。

4.まとめ
 主人公のカナは一人称「ぼく」です。桜庭女史の主人公は「ぼく」を一人称に
するのが多いみたいですので苦手なら注意。かくいう私もあまり……。エンディ
ングが3つに分かれますが、最初のエンディングはボツネタでプロトタイプの
エンディングだそうです。最初のエンディングは百合エンドなんだがそもそも
「白雪」が女の子かどうかもわからないので百合エンドと言えるのかどうか。
個人的には一番好きなエンディングだった。でも、一番理解できないエンディン
グでもある。作者はこれをバッドエンドのようなものにしたつもりだとあとがき
で書いているが、私としてはバッドエンドともハッピーエンドとも取れない。

2番目と3番目はハッピーエンドということなのだが夢オチっぽいので個人的に
は嫌。しかも、百合エンドと思わせておいて旅の途中で出会った千晴(男)と
くっつきそうな感じでの終了になるので苦手な人には苦手かもしれない。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.