Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
編集とレポートとその他
ごめんなさい。今日もただの現状報告です。そういえば、いくら長く続けていても
ブログでは―特に日記―評価されないというのをどこかで見ました。私がほぼ毎日
ブログを書くようになったのはニコニコで活動を開始してからですから、実際にブ
ログを続けているのはほんの2年ほどにすぎません。

確かに感情の吐露であることが大半であることについては否定しません。が、生き
ている証拠としての価値は今日のニュース等でもわかるように、ないわけではない
と思います。

それが社会通念として価値があるかについては私からはよくわからないのですが
続けたから何かが上達するということはなかなかないですね、ブログの場合。そ
の意味では確かに続けていても評価されないというのはわからなくはないのです。

何か一つでも誰かに評価されるようなことって私はしてるんだろうか。

ええと。

動画編集をしようとも思いつつ、レポートもやらなきゃ、本も読みたいし動画も
見たい。ってやっているためどれも中途半端になっています。レポートを最優先
にすべきではあるのですが進退窮まってしまうことが多く懸案事項を残したまま
別の行動を始めることになります。この状態だと何をしていても気になってしま
うので何をやるにしても集中しきれなかったりだらだらと同じことを繰り返すと
いう無生産なことになってしまうんですよね。

現在は、完成したレポートは3点で、うち提出済みが2点。調査のみしたものが3点
ほどあり、どれもデータの整理ができていません。関連文献の探し方が悪いのか
収穫がほとんどないからです。

データは存在するだけでは無価値なので、データの意味を探る必要があるので
すがどうもピンと来るタイトルの本がなかったり、そもそもあっても図書館に
はなかったりという。

現在、一番悩んでいるのが

東京論

です。

大きなテーマとしては風俗・文化なのですが6月下旬締め切りなのに全くテーマ
が決まっていません。いくつか事象や生活用品、遊びなどのテーマに絞っては
見たものの発祥が東京でなかったり、資料がなかったりなのでどこから引用し
たものかと……。あとは調査結果が完全に出てしまっているものしかないと
かもありますね。

参考資料が載っているのであればそれを調べることもできるのですが、当該書
籍(調査結果をかいた本)に対する独自解釈というか、評論のようなものになっ
てしまうので……それでもいいのかなぁ。

それだと読書感想文とか小論文みたいなものになってしまうのでゼミとして出
すのはなーんか違う気がするんですが。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/08(土) 20:20:43 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.