Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
さくっと
今日は何も勉強してないな。クシエルの矢の2周目を読み始めてしまったくらいで
す。別に分家に書いてもいいんだけどまだ文章化してないからなぁ。うーん、ここ
に書いておいてもいいのかな。メモ。


・フェードルの父は薄いブロンド髪の能なし商人貴族、母は黒髪黒目で白い肌のジャス
ミン館出身の実績ある人
・フェードルが生まれてすぐは、彼女の髪はブロンドで目のしみも
目立っていなかった。ちなみにしみの数は1点。瞳の色は濃褐色。
・2歳のころにはすでに黒髪になり、しみも完全に定着
・その後、2年に渡って両親と運だめしの放浪の旅に出るが失敗して大損
・↑このときに一度だけスカルディア人の男とフェードルが仲良くなっている
(2巻の伏線か?)
・フェードルの下の子が生まれた数カ月後、経済的に無理が生じてフェー
ドルが月下美人館へ(当時4歳)
・ちなみに両親はエルーアから追放&第二子を長子として扱うことを約束させられる
(こいつらどうなったのか気になるな)
・この時点ですでに肝は座っていた
・花館時代の時点ですでに相当な観察眼をもつフェードル
・7歳になったとき、アングィセットの証拠?を目撃されデローネイに花司が通達。
デローネイとの面会させられることになっていたが逃亡
(どうも最初からデローネイはアングィセットが欲しかったらしい?やはり彼女
を助けるため?)

こんなとこか

28日am00:34頃 微妙に加筆。今後、思い出したらまた追加するかも
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.