Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
ニーアの規制:ゲーム規制の考察?


ところで、アクションゲーは苦手なので多分プレイしないと思うけどニーア興味
あります。小説版とか出ないかな。なんかゲームは規制入りまくりみたいだし。

ビジュアルがエロイとかグロいのは規制されるのは仕方ないとして、文章という
か台詞が規制される理由がわからない。日本は無宗教もしくは多神教なのに当事
者たちにとっての差別表現以外がなんで問題なの?




自分のツイートから引用してます。

ちなみにビジュアルが規制される理由はわかるんです。何といっても分かりやす
いから。それが一番騒がれる理由だと思うし。ただし、あくまで対象年齢向けの
ビジュアルとして規制される理由が「わかりやすい」っていうだけで、あの
ビジュアルだからだめとかいうのは違うと思う。

うーん、なんて書いたらいいのか分からないけど、少なくとも話を楽しみたいけ
ど見たくないようなシーンが多いっていうのは問題じゃないかと思うわけですよ。
たとえば、いくら好きな話でも苦手な絵だったら見たくなくなるとかそういう次
元なんですよね。

ビジュアルは、即物的で具体的に「見える」ものなので特に好き嫌いが分かれる
んじゃないかと個人的には思っています。

逆に文章で「この表現は苦手」って言っても、知識がなければ想像することもで
きないし、「この表現はなんだ?」と思って知ることも大切だと思うんです。
ビジュアルは「知らなくてもそういうものだと認識してしまう」「ステレオタイ
プを沁みつける」可能性が高いかなーっていう怖い面がありますね。

まあ、確証はないんですが、何しろビジュアルとは「分かりやすさ」を重視する
のに最も適した形態であるというようなことはどっかしらで叫ばれているような
話です。

子供が文字だけの本より絵本やアニメの方を好きになるのと同じです。
文字よりビジュアルのほうがインパクトが大きいんじゃないかと。
だからゲームは規制されやすいんだと思ってました。

漫画でも一応18禁漫画とかありますもんねー。あれは自主規制ですが。
(確か公的機関やそういうのを判定する会社や組織はなかったと認識してます)

でも小説とかで18禁とかってあまりないなーとか思いませんか。ないことはない
ですが。結構きわどい表現多いですよ?小説は。四肢切断とか普通に肉片や骨の
描写まで細かいのとかざらにありますし。

たぶん実写やアニメだったら俺見てませんw

そこは小説のいいところで、文章で書かれたものを想像して脳内で映像化する
場合は、好きなとこだけ映し出して苦手な部分は隠すなり好きな部分だけ拡大
して嫌な部分を見えなくするとかいうことを簡単にできるわけです。

ちなみに私の場合は顔を想像するのが苦手なので小説を読む場合、キャラクター
はの顔は黒いシルエットです。たまーに、唇と肌だけカラーですが。

そして話をツイートの話題に戻しますが。


ニーアレプリカントの台詞一部がどうも字幕まで合わせて規制されている


という話について。

差別用語すべてがダメって言っているわけじゃないですよ?もちろんそういう
キャラクターとしての表現として彼/彼女が差別発言をすることはキャラを立
てる意味では重要だと思っています。

作者のステレオタイプな偏向した知識を常識として書くのは差別ではないかと
は思いますが。その辺は難しいところで、結局のところ当事者本人たちの考え
方によるんだろうなとも思いますけれども。

調べる方も大変ですしね。テーマがその手の差別認識とかだと調べてないとか
何様だよ?ってことにはなりますけども。メインのテーマが差別がらみでもな
いのにこれは差別だあーだこーだっていうのは論議に終止符が打てないですよ。


何が言いたいかって、結局なんでそこまでして対象年齢を下げたいのかわから
んって話。FF12だって全年齢対象だけど小学生があのテーマを理解できたら相
当のもんだろうよ。

あんな感じで全年齢や対象年齢を下げた結果、表現が希薄になるとか無意味に
なるとかいうのは作品としてどうなのっていうのが俺の意見です。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
ニーア人気ありますね~
近くのゲームショップでは売り切れでしたorz
2010/04/26(月) 19:31:43 | URL | ななしカナ #-[ 編集]
>ななしカナさん
そうみたいですねー。
プレイしてはみたいけどクリアする自信と時間がないのがなんとも^^
2010/04/27(火) 08:02:27 | URL | ビスタ #.qanGQko[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.