Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
学校ネタばかり
まあ、学校行くくらいしかしてないし時間的にもいっぱいいっぱいだもんね。
ただ、よく考えたら小学生時代と拘束時間がそんなに変わらないっていう。
小学生のころだって土曜日普通に授業あったし、むしろ朝は小学生の方が早
かったりしたので拘束時間については文句も言えない気がしてきた。

とはいえ抱えさせられるレポートの数がかなり多いように感じます。

まだガイダンスなのではっきりとした題目はないのですが毎月レポートのあ
あるものと、中間レポートと期末レポートのある科目が全部で10科目くらい
あるってところでしょうか。

ゼミのが一番大変ですねー。書籍指定もなく片っ端から拾って来いって感じ
ですので。テーマは選べますが。

数人1グループなのに協力もくそもっていう完全アウェー状態です。

実際1人で調べても別にいいよってスタンスなのですよねん。

小学生のころの自由研究思い出すわー。誘ったけど結局予定が合わなくて1人
で無理やりやったっていう。あんな感じ。ちと違うか。理系の実験でもない
ので1人でできないこともないけど。

文学史は苦手です。。。というか嫌いです←

覚えても1日で忘れることができるのでこれはレポート書くの苦労しそう。
資料集とかは好きなので意外と時間を忘れて読めるんですがどうも漢字と
人名が多いとなかなか進みませんね。これは普通の書籍にも言えることで
すが。

高校までしか真面目に文系科目の勉強しなかったけど当時でさえ範囲内の
資料を歩きながら音読するという強硬策でしたので大学の勉強には役に
立たないですねw

持ち込み可なうえに、問題になっているのはレポートなのでいかに理解速
度を早めるかがカギになりそうな感じ。お母さんはある程度の速読ができ
るらしいけど私はやったことないからなー。

そして意見文を書かないといけない講義が早速あるんだが

どうもひねくれた意見にしかならないんだがこれでいいのかなー。

前の学校で心理学まがいの科目の時に

「大勢の目の前で人が殺されているのに誰も助けない状況についてどう思うか」

っていう課題があって大抵の人は

「他の人が助けると思ったから助けようとしなかったんじゃないか?」

と答えているのに

「少人数、ましてや1人で目撃したとしても面倒だから自分だったら助けてない。
仮に助けたとしても自分がやったら偽善にしかなりそうにない。きっと見返りを
求める。そもそも殺人現場を目撃して冷静に犯人を押えられる自信もないし、
警察呼んだとして、犯人に見つかって火の粉をかぶるのもごめんだ」

って書いている自分。

いや、あくまで1例だしはっきり何書いたまでは覚えてないんですが。

あれだよね

子「なんで勉強するの?」
親「将来のためだよ」
子「これを実生活で何に使うの?使ってるとこ見たことないよ」
親「使う人は使うんだよ」
子「じゃあ使わない予定だからやらなくていい?」
親「そうじゃなくてなぁー」
子「使い方も知らないのになんで勉強する必要があるの」
親「それは屁理屈っていうんだ」

こんな感じだね。

屁理屈なのはわかってるけど納得できる説明もできないじゃないのさー
ってとこで毎度終わるわけだが。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.