Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
前の大学と今の大学
ゲームしようと思ったけど……。うん、しばらく動画見てなかったし
動画ついでにブログ更新。今回は編入の話。前の学校と違うところと
か編入生の苦労話みたいな。


<違う点>

・校舎の数が多い

・教室がせまい(最大120人程度までの収容らしい。前の学校だと学部
合同講義教棟とかは1教室300人弱は入る)

・ランチが量り売りブッフェスタイル
(昼は基本的に小食なんでうれしいね。俺の食う量だと300円-400円でも
十分満腹。ごはんはなぜかSサイズでも多い。欲を言えばもっと焼き系
のおかずが欲しいな。揚げ物は唐揚げ以外基本苦手だし。デザートまで
量り売りなのは笑ったがw)

・車通学可能
ただし、免許取得1年未満不可。一応一番近い駅からも徒歩10分ほど

・学部別個人用ロッカーあり
地味にうれしい。雨降ったときとかバイクで来てる人にはいいね。あと
体育?俺はとらなくていいけど。図書館で本を借りておいてロッカーに
入れておくっていうのもアリだな。前の学校だと重い本を持ち歩かない
といけなかったし。


<その他分かったことなど>
・時間割が前期も後期も21コマ。かなりカツカツ
・カリキュラムと時間割がみづらい
・教職を取ろうとするとやりたい講義がほとんどできない
(でも教職は別に俺は欲しくないんだけどね)

ちなみに文学部の編入生は俺含め3人でうち二人は高校の同級生だった
らしく、すでにハミっているような。1人は学科違うんだけどね。もう
一人転学部の子もいるけど。


追記。

そういえば、こっちの学校の図書館の分類の一つに「文庫」てあった。
さすが文系。前の学校は専門書以外はTOEICしかなかった。そういえば
親父に

「大学に一般書が置いてあるといいのにね。専門書しかないし。」

って言ったら

「は?大学は専門書を借りるとこだろ」

ってケンカになった。


俺「だって、欲しい本は借りた方が場所取らないし金もかからんくていいじゃん」

父「欲しいなら買えよ」

俺「どうしても欲しい本は買うよ。そうじゃなくってどんな本があるか見たいし」

父「ネットで探せばいいだろ」

俺「論点ずれてない?」

父「何が?大学は勉強するところなんだから娯楽用の本が置いてあるわけないだろ」

俺「いや、そうじゃなくってさ。あったらいいなって話じゃん」

父「だから欲しい本があるなら買えばいいだろ」

俺「それについては買うって言ってる」

父「じゃあそれでいいだろ」

俺「意味がわからん。単にあったらいいなって言ってるだけなのに」

父「それこそ意味が分からないだろ。大学に必要ないんだから置いておく
意味がない」

俺「いや、じゃなくって」

父「じゃあなんなんだ!」

俺「怒鳴るようなことじゃないし。欲しい本はもちろん買うけど、買うかどうか
迷ってる本は借りた方が賢明じゃん」

父「大学じゃなくてもいいだろ」

俺「大学にあるほうがついでに借りられる」

父「遊びに行ってるんじゃないんだからないのが当たり前だ」

俺「そうじゃないって!!!」


とこんな感じで1時間くらい口論してました。

俺としては、単純に一般書の貸し出しもあったら便利なのにね
って思っただけなのになんでこんなことになったんだ?

便利だよね?そう思わない? みたいなノリで話を振ったのに

なぜか

大学の図書館に一般書があるわけがないし必要もない

って話になってたっていう。

俺の言い方が変だったのかね?

必要があるかどうかじゃなくて便利かどうかだったのになー。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/03(土) 13:36:59 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.