Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
大学生活を振り返る
前の学校って教養以外は熱心になれてなかったと思う。今だから言えるけど。
いや、当初の記事見てもやっぱりやる気なかったんだな、とは思うけどね。
数的理論が苦手で公式の意味が全く理解できないまま進級し、そのまま……

という状態でここまで来てしまったわけです。最初は理解しようとはしてた
はずなんですけど、聞いても聞いても理解できない自分が嫌で2年目の専門
科目(物理偏向)で完全にダウンしてました。むしろ3年に進級できたのが奇
跡なんじゃないかと思うくらいです。

個人的には……

教養科目の、文化とか社会的影響とか歴史に文学の類はむしろ好きで調べて
読んでるうちにそこそこ理解できるものだったんですよね。とはいえ、きっ
かけは難しいんですが。

始めるきっかけさえあれば、そこから集中できるので数学と物理みたいな
公式を読み解くよりもずっと気が楽というか、自分を追い詰めすぎないで
進めれられたんですよね。

1問に5時間とかかかるんじゃ、いくら慣れようにも時間の無駄にしか思えて
こないうえに精神的な負担も半端じゃないのでやはり自分には合わなかった
としか思えませんが。



……という長い前置きはさておき。

文系大学の勉強ってしたことないんだけど何したらいいんだろう。大学、
勉強って検索すると受験生の勉強方法ばっかでてくるwww

いや、そのあとだって。問題は。

受験生なんていっぱいそれ向けの問題集あるから楽じゃない。勉強方法に
関しては。
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
こんばんは
お久しぶりのコメント失礼いたします。

勉強しているのは情報関係混じりですが一応文系大学生の身なので差し出がましいようですがちょっと話させていただこうかと・・・・・・

アドバイスというにはほど遠いものですので話し半分で聞いていただけるとありがたいです
何より勉強方法って人によって違いますし。

文系科目の勉強は基本的にビスタさんが記事の前半で述べられていた教養科目の勉強方法で大丈夫ではないかと思います。

文系の問題なんて基本は知識の暗記モノばかりですから
まずは
・教授が話した内容を理解する。
・そこから発展させる(要は調べ物などをして理解を深める)
・自分なりの意見を持てるようにする

ってことが出来れば十分ではないかと思います。
知識を蓄え活用するっていうのが文系科目の鉄則なのかなぁと思います。

なんか、一般論的な話で申し訳ありません。
何より説明が下手で長文すぎる(汗
失礼いたしましたm(__)m
2010/03/17(水) 23:30:24 | URL | しん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/18(木) 00:20:30 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
>しんさん
お久しぶりです。というか自分自身もと情報工学やってたんで情報とは
無関係ではなかったですよ。そもそもプログラミングは言語に近い数学
だと思ってます。

物理、数学、プログラミングではプログラミングが一番マシな成績でし
た……。(ギリギリ通過できる的な意味で)

教養科目を受講してたとき、毎授業小レポート提出厳守だったのですが
心理学の講義でものすごい穿った見方したら「その発想はなかった」み
たいなこと言われたのが印象に残ってますw

犯罪心理にからむ話題で、おそらく他の人は倫理的に偽善を語るかなん
かしてたんだろうなあくらいにしか私は思わなかったんですが。所詮倫
理なんてーのは多数決の原理で正しいと思い込んでるにすぎないってい
うのが持論です。

ちなみに私の行く予定の学校は国文学史&国文化寄りですが学校の特性
で情報と外国文学&文化も選択で取れます。

しんさんの話だと、今までの教養科目の勉強とはそれほどかわらないっ
てことなのでしょうかねー。まあ、古・近代文学にはあまり詳しくない
し、文法あたりも怪しいです。
2010/03/18(木) 12:13:30 | URL | ビスタ #.qanGQko[ 編集]
Re: タイトルなし
> 文系という情報だけではアドバイスしづらいですが、とりあえずその分野の入門書は読みましたか? 

入門書……と言われてぱっと思いつかないですねー。国文学、文化がらみなので文学史
とかその辺でしょうか?高校で使ってたその手の資料ならありますが。てか、母親の専
攻と比較的近いのに向こうに聞いてもアドバイスが特にないようなのが;;

シラバス見ても特定の著者の作品考察とか日本語の歴史とかそんな雰囲気でしたよ。
何気に実技もありますが(日本の魅せる文化の類。説明が難しい)。
2010/03/18(木) 12:24:04 | URL | ビスタ #.qanGQko[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.