Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
FF13-2:独白プレイ ch.113


207-210

最終回!!

シークレットエンディング編ですね。ライトニングがクリスタル
になっているときの想いの端ってところですかね。あとその後?

ライトの
「想いを失わずにいられるのだろうか?」
っていうのはLRのフラグです?

あ、いちおうスノウ編も入れました。おまけ扱いにしたかった
んだけどライト編が中途半端に長くて本編に見えます。でも、
おまけです!!

黒ユールについてちょっとだけ出てますがスノウ編じゃ
びみょー。サッズ編は……なんかもう、どうでもいいやって
スポンサーサイト
FF13-2:独白プレイ ch.112


207

だいぶ長時間ぎりぎりのHPを維持していたね。そういえばLRFFの戦闘
システムがこの、ライトニング編のDLCに近いものになるみたいだけど
どうなんだろ?

戦闘中の回復はアイテムのみ、ってわけじゃないみたいだけど回復
手段のほとんどないゲージか持ち込み数限定のアイテムしか使えない
し結構ベースにはなってるんだろうな。

まあ、よく考えたらKHもアイテム数制限合った気がするしなんとか
なるのかな。。。つらぁ


あ、まま。それはさておき

前半部は本編でも考察たれたから置いといて。俺の解釈をまとめるか

■ライトはセラたちの最終決戦直前までカイアスと戦ってた。
→このカイアスと戦う直前に、ライトニングはセラが死ぬところを視た

■黒ユールはセラを救う資格はライトニングにあるのかと問いた
■セラの死はライトニングが招いたのだという
■カイアスとの戦いは贖罪のひとつ?だと思っていたが、償うことに
 囚われすぎて自身の時間を自ら止めてしまっていた。

→それはつまり、セラやノエルたちがハマっていたのと同じく自分の
 理想の世界に閉じ込められていたということだろうか?自力では抜
 け出せない幽境(時の狭間)に。

しかし、空を見るとここそのものはヴァルハラである。ということから
ライトニングは時の狭間ではなくヴァルハラの中で自分の理想に閉じこ
もっているというややこしい状況に身を置いているということか?

■抜け出せなくなったため、ライトはセラに助けを求めた
 →これは13-2冒頭の話だと思われる。このせいでセラを巻き込んだと
  黒ユールは言っているのだろう。

■結果、セラは死んだ
 →そうなってみるまでライトニングは結果(=セラの死)は視えてな
  かった、ということになる。というか視えていたとしたらセラに助
  けを求めようなど考えないということもあるが

ちなみに女神の鎮魂歌冒頭で、黒ユールがセラとライトは皆とともに闇
に溶けると発言している。これは、本来であればユール以外の人間がヴァ
ルハラに来ると精神と魂は分離してそれぞれ闇に溶けてしまうことから
くる発言。

ただ、文脈としては

「時が死ぬときにセラとライトは、他の人と同じように闇に溶ける」

と取れる。ユールの魂の死については時の死とともに訪れるだろうと
予測は可能。セラとライトについては二人とも女神の眼を通せるように
なっている。しかし、ユールとはできかたがことなるため実際のところ
のセラとライトのヴァルハラにおける魂と精神の状態は不明である。

で、その「時の死」を訪れさせようとするカイアスを倒す必要がここで
出てきた?でもそれなら、今までカイアスと戦ってきた理由とは?
ということになって堂々巡りなんだよな。

とにかく、黒ユールはセラと、そしてライトニングとともにいたかった
のではないだろうか?カイアスは、まさに利用されただけのように思え
る。永遠の時間をもつカイアスに、時を殺させることでの心中。それが
黒ユールの目的なのか?

エトロがいなければ二度とユールが転生できないのだとしたら、闇に溶
けないユールの魂はひとりきりになる。ユールはそれを恐れた。個人的
にはこの展開でも矛盾はないように思うね。


■このEDで登場するセラ
→どうやら不可視世界で死んだ後のセラのようだ。黒ユールはライトに
 セラと会わせたくてここに連れてきたのかどうかについては不明。た
 だし、台詞からしてここの白い空間にいるセラは本人だろう。

 ライトニングと会話できているのだから精神が分離せずにいると考え
 るのが自然だろうか。黒ユールも精神はあるんだろうけど黒ユールの
 精神がどうなってるかも明記がないので不明。いつものユールであれ
 ば精神だけは闇に溶けて魂だけになっているからな。


■ライトはセラの魂を救う光となるべくクリスタル化を選んだ
→魂を救う?ってことは普通のユールと同じく精神だけ溶けて魂だけ
 迷子になっているのかな。あと、クリスタルになる際にライトが眼を
 瞑っているが、他のファルシや神々と同じく「眠っている」のか?

 つまり、眠ることでクリスタルになれる、ということなのかな。
FF13-2:独白プレイ ch.111


206-207

案の定終わんなかった……この戦闘も☆5を取るかなんかでEDだった
気がするけどどうだったかな。
FF13-2:独白プレイ ch.110


204-205

某バグで合体してますが何か?w
ちょっと戦闘時間長すぎて進まなかったけど……。次の戦闘どうしよ
FF13-2:独白プレイ ch.109


200-204

ん?場面の冒頭でカイアスがライトにトドメさそうとしたまさにその時に
黒ユール(てか混沌でもあるが)がライトをどっかに飛ばしたのか?この
時のライトはどういう状況なんだっけ?

あと混沌に持ってかれた先はヴァルハラっぽいね、空の色が白いから。
FF13-2:独白プレイ ch.108


198-199

パラドクスエンディング「混沌を継ぐもの」
ふと思ったけど、これカイアスを倒した場合のパラドクスエンディングだろ?
じゃあ普通にクリアした時のエンディングの時のノエルも混沌を継いでないと
変じゃね?

と思ったら案の定というか

LRFF13でもノエルいるんだよねー。

そして

シークレットエンディング「女神なき世界」
そもそもカイアスはどこにいるんだ?って話。死んだのかどうかもよくわか
らないところだがブーニベルゼが捕まったところ見ると生きてそうでもある。
フォロワーの話だと、空の色からしてカイアスがいるのはヴァルハラじゃな
くて時の狭間だろうと推測されている。

時の狭間は魂の持ち主が望む世界?って定義でいいのかな。

魂が死ぬと時の狭間を介してヴァルハラに送られ、精神が剥がれる。一般の
人間はその時点で魂もバラバラにどっかとんでっちゃうんだったな。

LRの世界は時の狭間に迷い込んだ魂が形成した世界、ってとこなのかも。
FF13-2:独白プレイ ch.107


196-198

パラドクスエンディング「償いの夢路」
ええと、、、いつヴァニラの声に変わったのか、編集してても気づか
ないっていうかわかんないんだけど。どういうことなの。あ、そうそ
う。このエンディングだけAFではなくBFなんだよね。なんでだろ?
FF13-2:独白プレイ ch.106


194-195

パラドクスエンディング「ふたりの門出」
13の時代をめぐって13のクリスタルを集める?このあたりの話は結局
なんだろ?これはこれで、続きますよって感じにはなってるよね。

あとは、、、あとのエンディングはまあネタってところか
FF13-2:独白プレイ ch.105


192-194

本編に絡みそうなとこだけちょいちょい集めた。ユールと、ライト
セラとノエルの周りね。ちなみにネオ・ボーダムには何もなかった。
FF13-2:独白プレイ ch.104


190-192

ライトニング周りのフラグメント回収がメインです。まあ、なんだ
グラビトンコアの説明も入ってるかも。
FF13-2:独白プレイ ch.103


189-190

AF13年の事故?の話については小説に載ってますね。あと動画中
AF200のヴァイルピークスで流れてる曲のタイトルなんだっけと
か言ってますが、「閃光」だよな……たぶん。
FF13-2:独白プレイ ch.102


187-188

怒ったセラの話。といっても正直全然怖くねえし説得力がないわ……
まあそれはさておき。一応ファングとヴァニラがフラグメントでちょ
いちょい出てきたね。

個人的にはそこだけご褒美に見えたよ_(:3 」∠ )_
FF13-2:独白プレイ ch.101


186

まずは普通にエンディング。え?え?っていうところはまあ、プレイ日記を
参考にしてくれ。。。

ああ、そうだ。忘れてたけど。

セラの死因については考察したんだっけ?いやいや、エトロのせいとかじゃ
なくて。そうじゃなくって。エトロの瞳のせいでどういうふうに体に影響し
て死ぬのかって話ね。

死ぬ前兆が直前までないから違和感あるし。徐々に侵食されるにせよ、一気
に影響が出るにせよ、外面的に死に向かう前兆のようなものが見られないから。
設定上は「時読みすることで魂が削られる」ということになってたかな。

魂が「五感で区別できるような人間の形を司るデータ」部分で、
精神が人間の性格とか趣味、考え方などの「五感以外で人間の性質を司る
データ」部分だと解釈しているのだが。

魂を削るっていうのは、物理的に中(正確にはデータ?)から壊していくの
かね?その辺の設定が気になるなーって話。急に老化するわけじゃないか
ら寿命を司るテロメアを無理やり潰したってわけじゃなさそうだし。

ねえ?
FF13-2:ユールの寿命と混沌の関係について考察
時詠と寿命の関係についてまた考えていた。FF13における魂は、「容姿と体質を司るもの」という仮説についてはほぼ正しいと考えている。人間は元々混沌を与えられたファルシの一部だが…魂が混沌に侵食されるとユールのように異常な魂が出来る、という発想はどうだろうか

人間は混沌を「こころ」として与えられている。「魂=容姿、体質など基本的な、五感で区別できる要素」とすると「こころ=精神=性格や考え方など五感以外で区別できるもの」だと考える。つまり、人間とは心(精神)は混沌でできているが、魂は混沌とは別モノではないかということだ。

こころ=混沌は人間の魂ができた後に、エトロが付け足したものでもある。となれば、「魂=ファルシ(リンゼ)の一部」という可能性が出てくる。リンゼは神の領域に存在するが、混沌との関わりについては何も明らかになっていない。

だが、エトロの用いる混沌の力がなければカイアスは不死身にならなかったし、ユールも時詠みと転生をし続けることはなかったはずである。これは、後付けでエトロが付与したものであることが明らかになっていることから言えることだ。ということは、混沌の力は人を何らかの形で変質させる力があるのだ。この影響は、一般的には精神に出てくるのだろうと予想している。心が混沌でできているのだから、影響するのは精神になる。しかし、エトロはユールなどの体質を変質させた。これはおそらく魂を変質させてしまった。

変質させられた魂は、元来の人間が持つ魂とは性質が異なるためにどうしても通常の人間に比べて異常な状態となる。その結果が「短命」やら「不老不死」だということだ。精神についてはいくら混沌に侵されても人間としての魂は失われないため、生態系に問題は出ないはずだ。ユールやセラは、本来ならば「通常の人間が混沌に侵食されないはずの魂」側に混沌の力がかかってしまっている。その負荷に魂が耐えられなくなり徐々に「人間としての性質(寿命)」を失うことで短命になった。そう考えれば合点がいく。

ちなみにカイアスの場合はどちらかというと精神側を混沌に喰われているが、俺の仮説上では、不老不死は魂の変質にあたる。まあ、魂の変質によって精神がおかしくなった、と考えたほうが自然か。

なお、同様の理由でルシやシ骸も精神側ではなく魂の変質をさせていると考えていい。
FF13-2:独白プレイ ch.100


185-186

やっと!!やっと!!!!
頑張った俺。いやーすごい疲れたはあの時は。
てかふと思ったけど、カイアスが死んだのって本当にノエルのことを
信じたのか?自分が原因でユールが転生し続けたなんて?

どうなんだろうな……なんか、違う気がするけど。カイアスは全部
知ってるとか言ってたとはいえ。もともとはただの人間で、ただの
ルシなわけだから。

神以上のことを知っているようにも思えないしなあ。

てなわけで、エンディングはもう少し続くのじゃ!!
FF13-2:独白プレイ ch.99


183-184

戦闘が長引いてきたから、収録切るたびに状況忘れてしまったり
して結構ビビる。アイテムもそうそう使いまくれないのでね。
まあ、ケアルラ覚えたからそこまで回復に手を回す必要もなくな
って入ると思いますが。

リジェネガードかライズガードはどっちかないとツライな。
FF13-2:独白プレイ ch.98


182-183

やっと中盤ですかね
FF13-2:独白プレイ ch.97


181-182

大丈夫です。編集する方も見飽きてます←
FF13-2:独白プレイ ch.96


180

なんでこうなった
FF13-2:独白プレイ ch.95


175-179

JAM、最初は入れてたんですがね。デスペル入れても入れても付け直される
から無駄と判断して途中から入れなくなったんですよね……。意味ねえ。
FF13-2:独白プレイ ch.94


あ、画質めっさ悪いけど多分これ無印のレインズ戦と同じです…、早すぎて画質悪いw

174-175

イージーだっていいじゃない、人間なんだもの。

じゃなくって……それでもまるっと1本使うくらい時間かかったって
どういうことなんですかねええええ

ちなみに赤ふんカイアスとかツイッターで言ってますが。ほら、
頭にネクタイ巻いてるし、似合いそうじゃない?ま、それだけですが。

ところで

ユールは果たして自分の意志で転生していたのだろうか?小説を見る
と、ユールの魂はエトロの寵愛を受けていたそうです。で、いまエトロ
は力尽きようとしている。

転生は、魂を維持したまま精神だけ取り替える。要するにアンパンマン
の顔だけ取り替える的な(だいぶ違うきがする)。エトロの寵愛は
時を視る能力だけなのだろうか。エラーで転生しているのか、それとも
転生部分もエトロのせいなのか?

いや、たぶん転生そのものはエラーっぽいけども。個人的にはエトロの
力の影響で転生時になんらかの初期不良以外のエラーが溜まっていって
いるとかそんなところにも見えなくもない。

深く追求しようとすると面倒だから気が向いたらするか。
FF13-2:独白プレイ ch.93


170-174

インフェルノに即死効果はありませんが……セラHP1406と
ノエルHP2141ではですね……速さが足りないのだよ!!!
これでも必死にやってるよwww

ケアルラすらない貧弱HLRの存在意義について…………。

泣いても、いいのよ。

フェニ尾がないない騒いでるときの戦闘では残り3まで行きました。
たぶんその状態で彼を倒せたとしても次絶対生き残れぬ。
FF13-2:独白プレイ ch.92


166-169

なんやかんやであのステータスでパコパコ倒せたし普通になんとか
なるべー、と思ってたんですよ。カオスさんはまだマシなのです。
技名の出る直前にDEFってれば助かります。

毎回そんなことができればな!!

大抵集中切れてミスるんだけど。そしてセラは当たると死ぬ。

ちなみに戦闘開始から40分くらい経過したあたりからかなり疲弊
してきて、眠い眠い言ってるんですがそのへんだいぶカットして
ます。

つか実際の話、戦闘中ですら一瞬寝てたりしたからな。
FF13-2:独白プレイ ch.91


165

165本目の収録は、まさかの2回めです…。というか収録しなお
しになるほどの収録ミスは初めてじゃないか?いや、、、収録
し直しというか、サンレスで迷子になってただけの部分で収録
ミスしたことはあったけど実際なくても良かった部分だからね。

まあでも、戦闘準備くらいですね。今回は。

オーファンズ・クレイドルに似てる?あー似てる、か……
FF13-2:独白プレイ ch.90


161-164

本編が進んだ。パコパコ戦では黒ユール?が野次ってるので倍速
かけないかどうか悩んだんですが、戦闘時間が長すぎたのでいつ
もよりは遅めの倍速にしました。にしてもアカデミアってどの時
代にいても移動が面倒だね…。

女神を殺してはいけないとかそのへんはたぶん黒ユールの性格
というか目的?のような気がするし、今ここで考えても答え出
ないんだよな。
FF13-2:独白プレイ ch.89


160-161

ちりがみ10年分の話があるくらいですかね。一応フラグメント
とかはやってますが。
FF13-2:独白プレイ ch.88


158-159

やっべ、書くことがないwww
FF13-2:独白プレイ ch.87


154-158

もうゴールまで寄り道しない。とか言ったような気がしたがそんなこ
とはなかった。あと、金チョコボ手に入れましたん。事前情報で
死にゆく世界にあることそのものは知っていたけどなかなか広くて
見つからなかったんですよね。

あとワイルドオーパーツもここにあることそのものは知ってるみたい。
細かい場所を覚えてないだけで
FF13-2:独白プレイ ch.86


153-154

ラプラシアン方陣の

そこ(時空の狭間)で死を望んだ魂は、自身の望みを移す鏡像
世界で永遠の夢を見る

って……気になるな。でも魂だろ?精神じゃないんだよな?
つまりセラやノエルが頭で「死にたい」って思ったわけじゃないよね?
「自分は死んだ」と感じたから?かな?ん?

そしてEP5から結構飛ばしてラストエピソード突入。たぶんクリア
まで大して寄り道してないはず。クリア後の寄り道はまた後の話で。

そして考察2段階目。

オートクリップ「不可視の混沌」の話を要約すると

不可視の混沌はライトニングいわく「この世にあってはならない闇」。
正体不明の巨大な力で、ありえない事象を引き起こす。なおかつ、
時折「混沌」と親和性が高い者に親愛の情を示す。

やっぱりユール?でもユールが出来る前から不可視の混沌そのものは
存在したはずだよな?ムインが消えるのとユールが生まれるのはどっ
ちが先か、にもよるけど。

だとすると闇の一部がユールなのか、それとも最初は本当に力もなん
もない闇だったのが、だんだん闇がユールの魂にまんべんなく触れる
ことによってユールの魂が闇全体と同化してしまったか。

でも少なからず関係あるんじゃないかなー?
なんかエトロの力とは別な気がする。
FF13-2:独白プレイ ch.85


152-153

電車とか建物とか、なんとなくヲルバっぽいよねー。というわけで
物語も核心に近づき。久々にサムネ祭りでどれを使うか迷うところ。

鎧ライトもいいし、黒ユール?つーか、もやに捕まったライトの苦悶
の表情も美味しいなーつって。そういえば、あの黒いもやはユールな
のかもしれないとか、編集してて思いました。

ちなみに編集しているのは2013年3月11日ですが。

黒ユールが何かの目的のためにライトを引きずり込んだのかなー。
なんか今となってはそのほうがしっくり来るんだけど。事故で女神
の開門に巻き込まれたというよりは、ね。

それにライトが説明してる時に一瞬だけユール登場してたし。
でも、時が遡ったせいで闇が存在を否定された???ふーむ。

あとどうでもいいけど

落ちる時ごそごそしてるライトニングがとてもシュールです

ええ、どうでもいいですね(゜_゜)<カサカサカサカサ
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。