Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
DDFF:プロログス感想とか
ストーリー編のほうは、クラウドと40分とか死闘しました。HP引き継ぎ
というのが地味に辛い。それ以外は特にピンとくるようなことはなかっ
たかな。

本編はアーケードモードで、ノーマルは現状表示されてるぶんは全部終
わりました。ハードがきついです。親指つります。10戦連続までが限度
ですね。それ以降は運とごり押しで無理矢理勝つ状態。最高25戦目完了
までいきました。

カインだけ。そしてバッツが敵になると高確率で負けますwww

まず、ライトニング。
彼女が一番使いづらい。私の中では、なんですが。ヒーラーにしてもブ
レイブ上昇量は微々たるものだし、他のロールではブレイブ攻撃の隙が
大きいため、近接でも遠距離でも攻撃しようとすると敵から袋叩きにあ
う寸法。特に遠距離使い陣を相手にすると非常にきついです。しかも、
攻撃時にボタンを押してから入るまでラグが結構あるので追撃のタイミ
ングがシビアでほとんど追撃できた試しがない。

EXモードは1回だけストーリーモードで見た以外お目にかかれてません。


次にカイン。
リーチも長めで出足も早いので個人的には使いやすい。体感ですがHP攻
撃も結構早く感じる。ただし、敵が遠くにいると攻撃を当てづらい。バ
ッツが苦手。近距離のHP攻撃は比較的出が早いので遠距離タイプ相手だ
と楽に感じる。

他は特に覚えてない。あんまりやってないからね。


Wolはそれなり。というか印象が薄い。それ以外は1回しか触ってないか
らっていうのもあるけど
スポンサーサイト
時の残滓 第30話
 洞穴の奥に進むにつれて、濡れた苔が足を捉える。人が通れる隙間がかろうじてあるだけで、特に研究対象であるようにも見えない。体を支える手すりやロープも見当たらず、無言のうちに進んでいく。

 イリーは分岐点で指示をするだけで淡々と後ろについてきていた。滑りやすい苔に悪戦苦闘しながらじりじりと進んでいくのは、精神力と体力を同時にすり減らしてくれる。

 足元に冷たいものを感じた。ペンライトの光が反射して、ゆらゆらと揺れている。水が溜まっていた。青い水は澄んでいて、そこが透けて見えるほどだ。こんな状況でなければ溜息が出るような景色だっただろう。しかし、その水たまりもやがて腰まで浸かるほどの深さに来ると、さすがにそんなことは言っていられない。

 「こんなところに何が?」遅々とした歩みと、冷たい水に体の半分を晒していることでイライラしながら愚痴る。「進めばわかるって。私だって好きでこんな……」イリーは言葉に詰まって「もういいでしょ。ここまで来て引き返せるなら勝手にしたらいいじゃない」そう返してきた。よくよく考えてみたらわかりそうなものだが、イリーの方が袖のないワンピース1枚などという寒そうな格好をしている割に全く震えが見えない。よほど体温が高いのだろうか。

 時計を見ると、もうかれこれ数時間は経っていた。濡れた服の重みと冷たさが、私の体力を奪っていく。ようやく水濡れのエリアを通過すると、ほんの少し光が差し込んでいるのが見えてくるようになっていた。

 「休憩しようか」イリーは水から上がり、近くの岩に座り込む。「そんな時間あるんですか」私としては、さっさとこんな暗くて寒い場所から抜け出したい一心だった。「私が疲れたの!」なんだその言い草は。「時間なら大丈夫。別に約束なんてしてないし、水から抜けたんだから服くらい乾かせてくれたっていいじゃない」また濡れる
心配はないのだろうか。だが、服を乾かしたいのは私も同じだ。「そうですね」しぶしぶ休憩に入ることにした。

 「約束してないってどういうことでしょう?」ふと、さきほど休憩時にひっかかったことについて質問してみる。「知りたいならついてきたらいいよ」望む答えが出ないことくらい予想はしていたが、こうもあっさりはねつけられるといい気分はしない。私にラギの話を振ったからには、ラギについて何かしら知っていることくらいは私にでもわかる。イリー相手にその話を聞き出す能力が、私にあるかどうかは別にして。それにしても寒い。洞窟の中が寒いのもあるが、水で濡れて火もなければなおさらだ。震えが止まらない。

 「ね、寒くない?」イリーが面白がって聞いてきた。「暖の取れる状況じゃないでしょう?……何を考えているんですか」イリーは表情を変えない。「ふふふ……温めてあげようか?」一瞬、びくりと体が反応する。「言ってることわかる?私も楽しめて、あなたも暖かくなるおまじないをね、してあげるっていうこと」そう言っておも
むろにワンピースの裾に手を突っ込んだ。反射的に私は攻撃態勢になる。そんなことにはおかまいなしに、イリーは太腿から何か光るものを外して手に取っていた。

 「ナイフ?」疑問が口に出る。「そう、ナイフ。何?期待してたことと違ったの?」イリーはナイフの刃先を軽く指でなぞりながら私に問いかける。答えないでいると、彼女は肯定の意味だと解釈したらしい。「それは残念。私はね、あなたの悲鳴が大好きなの。それだけ」勝手にそう思っていたらいい。実際には口にしなかったが。おそらく否定を口にしたところで、嘘だとばれるのが関の山だ。

 そして、私に向けてナイフを突き付ける。私は私で、持っていたナイフを抜き身で突き出した。「ちょっと!危ないじゃない。そんなに怒らなくってもいいのに」ふてくされてナイフを持たない方の手で、私の手ごと突き付けられたナイフを掴む。

 「それに、これも契約のうちでしょ?従わないなら、私にも考えがあるんだから」経験上、諜報部の連中には逆らえないことくらい、自分でもわかっている。たとえこの言葉が彼女のハッタリだったとしても、それを確認するすべがない以上余計なことはしないことだ。でも。「それが何だって言うんですか。急にナイフ向けられて、はいそうですか、で済むはずがないでしょう?」そう言ってやった。

 少なくとも、イリーがエニアやゼプトほどの切れ者には思えなかったから。それでも、イリーは何もなかったかのようにナイフをむしり取るように私の手から抜き去る。「いい?言っておくけど私がいなければあなたはここから戻ることもできないんだからね。仮に私に何かあれば、確実にあなたは殺される。契約は契約だからね!口約束だと思っているなら証拠だってちゃんと持ってるんだから。破るようなことがあったら是が非でも私はあなたを殺しに行くよ?死ぬより怖い地獄を味わいたいの?」

 眉を吊り上げ、冷たい視線を私に向ける。「舐めて貰っちゃ困るよ?私が簡単に諜報部に入れたと思っているようだけど、見くびるのもいいかげんにしてよ。情報収集が命懸けなことくらい、どんな下っ端でも心得ているものなんだから」彼女の言葉が重く突き刺さる。わかっているのに。現にエニアは、今もまだ命の危機にさらされている。軍を裏切り、私を助けようとしたのだから。仮にまだ、イリーやゼプトが知らなくても、判明したら命の保証などないに決まっている。

 「わかったでしょ?大人しく言うことを聞きなさい」イリーが私の手からナイフを引き剥がして床に放る。彼女の手に握られていたナイフは、見る間に真赤に染まり、音を立てていた。それを無防備な私の首にあてがう。

 一瞬だった。肉の焼ける音が、洞穴の音に交る。熱さで短い悲鳴が漏れた。「何を……」触ってみると、水ぶくれで腫れているのがわかった。「こっからもう1時間くらいかかるから休憩くらいさせてよ。ほら、治してあげるから、おいで」

 こんなことになりながら、仕方なく洞穴の中で小休止を取ることになった。治療方法についてはあえて言う必要もない。ただ、イリーは首尾よくやけどを治して、嬉々として私の体にうっすら残した傷跡を眺めていた。
悩み事
ゲームが欲しかったんですが、結局戦ヴァル3は発売日購入を断念しました。しかも
クレカ使いたくないのにPSNのプリカがどこにも売ってないので仕方なくクレカ登録
という残念なことに。

まあ、とりあえずDDFFのプロログスを購入してプレイしてみました。さっそくストー
リーモードを「標準モード」でやったらセフィロスで3回、クラウドで40分死闘す
るはめになったw 初期位置が標準モードだったので、それがイージーだと思ってた
らもう一つ低いモードがあったんですね。クリアしてから気づきました。

無論、RPGモードです。敵を探しながらコマンドを考える余裕がなさすぎてRPGモード
でも厳しいくらいなのでアクションモードじゃ絶対無理だと思いますw

んでもってゲームまたいでるのでカテゴリ分類が適当で申し訳。

あとはアーカイブ購入に充てたいと思います。一応今日でテストも区切りがついたし。
それと、明日はようやく小説うpします。加筆修正はしたけど完成品を見直してない
ので誤字脱字もろもろはありますけどね。

だいたい伝わればいいんですよ。だいたい伝わればw

しかも、よく読んでるとかなり色んなゲームやら小説の設定が入り混じってます。
しょうがないね!
現状報告
すみません。毎日更新するとかいいつつ超絶サボってますね。動画投稿は
ブログ更新の活力になってたんだな、と今更ながら思う次第です。なお、
ブログの現状としては小説を1つ書きました。

が、最初は本編にするつもりがなくサブストーリーのつもりで書いていた
ために文体が不安定で、しかもほとんど推敲がなく、同じ言い回しの繰り
返しが目立つという酷いものなのでどう修正しようか悩んでるとこです。

量的にはいつもより若干多い印象ですが。そのうえ、登場人物のイリーの
設定が、最初の設定から大きく外れているような気がする内容になってし
まったので困ったものです。かといって、彼女の言動を削除するとなると
作った話をまるっと内容変更余儀なくされます。

考え直す時間が今はないのですぐに公開するのが難しい状況ですね。

あと、一応水曜日のテストが山場なので明日は多少ラクになるかと思いま
す。だからって別に何かする予定があるわけじゃないのですが。27日に戦
場のヴァルキュリア3が発売ということでものすごく楽しみではあります。

ただし、プレイ日記をご覧になっている方は予想できると思いますが1戦
1戦に非常に悪戦苦闘する可能性が高いので、時間の取れない現状で買う
のは――あまつさえプレイするなど――無謀もいいところなので手出し
できませんね。

あれはストーリーの台詞選択による分岐じゃなく戦場選択によるルート
分岐もあるということなので余計に気になります。というか、プレイし
たいです。

2月の大半は教職がらみで潰れてしまうし、3月も半分くらいは教職、終盤
は旅行により1週間ほど日本にいません。なので、プレイできたとしても
来年度の4月以降になりそうです。

他にもたくさん(私の基準ですが)プレイしたいゲームがあるというのも
あって時間を取るのが非常に難しいですね。職探しもしないといけないし。
ほんとう、予定が未定状態で済みません。

また何か見えてきたときにでも細かいことは説明します。。。

それまでは日記だったり、新しいソフトが欲しい欲しいと叫ぶ記事が増える
と思いますがなにとぞご容赦ください;;
病気
クシエルの啓示を読み終わってからこっち、どうやら放心モードに入っているよう。
フェードル三部作が終わったということで、まあ次の話もフェードル達が出ないわ
けじゃないけど主役降板なんですよね。

訳本の続きが出るかどうか不明なので不安です。しかもフェードルが自分の手から
離れたみたいに感じてすごく寂しい。2周目も読む気が起きないし、使徒3周目も。
それに加えて来週のテストが復習必須だったり、今日も教職のテストあるし土曜日
は補講で午後まである。

気が休まらない不満とフェードルが遠い不安がないまぜになっている……。

フェードル、フェードル。

遠いよ……
FF13FNC:変わったのは何?
スクエニプレミアのニコ生見てきました。FFしか見てないのでまとめて。
DDFFに関しては個人的にあまり書くことないので割愛。

★FNC神話(ファミ通で確認して終盤あたりに修正と加筆あり)
ここのPVは公表されないんでしょうか?神話の解説PVが流れました。
大まかに説明すると主神ブーニベルゼが母なる神ムニンを殺して世
界を手にいれた。ムニンは不可視世界へ消える。しかし、ブーニベ
ルゼが手に入れたのは有限の可視世界。そして不可視世界へ渡るた
めに手始めにファルシ=パルスを作り、パルスには世界の創造と不
可視世界への橋渡しを命ずる。続いてファルシ=エトロを作ったが
エトロは母ムニンにそっくりに作り何も力を与えなかった。
その代わりにファルシ=リンゼを作って世界の守護と不可視世界へ
の橋渡し出来上たら起こせと命じた。

そしてブーニベルゼはクリスタルになり眠りに就く。というような内容。

さらに、何もできないエトロは母を求めて自害しようとするが、そ
の血から人間が生まれる。ここでエトロにはムニンから世界の均衡
の命が下るもエトロには理解できなかったという。そしてエトロは
人に心を与えた、とある。

あとで聖書のようなものができるとこちらとしても考察しやすいの
だが。なんとなくクシエルのテールダンジュの神話―というかまあ、
あれもキリスト教がモデルなんだけど―に近いような。

ただ、どうもこの内容から察するにエトロ自身に力はなくともその
体には力があるらしい。
不可視世界を行き来したり、血を人間に変
えることができるから。

ちなみに補足するとイェシュアの血と大地マグダレーヌの涙から生まれたの
が天使エルーアと呼ばれる大天使の末子というのがクシエルの設定。なので
ムニンは地母神でエトロは……そもそもイェシュアは主なる神の子なので
すよね。なんでイェシュアは神に殺されたんだっけ?

★FF13-2(読みはサーティーンツー)
FF13の続編?ということで発売は2011年夏~秋を予定しているそう。今
のところPS3,XBOX360の同時発売を考えているらしいです。映像には白
金色の甲冑を纏い、両刃の剣を掲げるライトニングが登場していました。

こちらの映像は20日に公式サイトで公開される模様。エトロを鎮める
のが目的のような描かれ方をしていたがどうだろう。それと個人的に
はライトニングとともに登場していた黒い甲冑の登場人物。新キャラ
の男性だそうですが……対戦相手としてだけならいいけれどそれが恋
愛に発展するのだけは避けてほしい。

いや、あってもいいのかもしれないけど今のところは想像もつかない。
クシエルみたいに極限状態に陥れられるとかくらいじゃないと許せる
気がしないから。


★FFag13→FF零式
タイトルが変更された模様。というのはFF13とのつながりがない、新
説(というか別説)だからとのこと。ただし、FNCの神話については同
じものを用いているそうで解釈の違いを見てほしいそう。

映像を見た限り、相変わらず戦記物には違いないようですが加えてか
なり血生臭い映像が飛び交っていました。声付きの映像でもあり、迫
力は折り紙つき、といったところ。私個人としてはそういう話は大歓
迎ですね。もちろん限度はありますが。身近すぎると怖すぎて見てら
れないし縁遠すぎれば死という恐怖が嘘に感じてしまう。

その辺が難しい。自分の好き嫌いが分かれる点。さらにPSPで2枚組と
いうFF初の試み。主人公が14人もいるから?内容のせい?どうも初め
から2枚組でそれでもどうにか押し込んでいる状態のようです。


★FFvs13
こちらは一部音声付動画です。ノクトが思ったより青臭い。また、こ
ちらもFF13-2と同じく黒い甲冑姿の人物が登場しています。が、あち
らが男性なのに対し、こちらの甲冑は女性のようです。

髪色がプラチナブロンド~シルバーなのでどうもステラのようにも見
えますが真相の方はいかに。また、動画中の背景に日本語表記がある
のも見て取れました。

さらに、ノクトの父親らしき人物が「私が最後の王だ」という旨の発
言をしています。
クシエルの啓示1巻、2巻、3巻:初読感想
いちいち感想書くと話を忘れるので一気読みで4日かけて読了してきました。
かなりハイスピードで読んできましたし、1巻から3巻まで一体何カ国うろつ
いたのってくらい移動しているため情報整理が困難な状態です。

★全体的な感想
今回は百合要素が1巻に多少あるくらいであとの恋愛要素と言えばフェードル
とジョスランのみです。というか、全体的に「愛」がテーマでしたけど。最
初、フェードルが子供のいる家庭にあこがれている描写があったのでそういう
オチかと思っていました。

実際はそれに近い状態に収まりましたが。それに今回はメリザンドがほとんど
動けない状態ということで宮廷陰謀はなりを潜め、国際問題や国際犯罪に偶発
的に首を突っ込んだ形になっている様子。


★第一巻
夢から始まりメリザンドの手紙を皮切りに国際事件に巻き込まれていく布石の
部分。あれだけ強気に出ていたメリザンドが憔悴している状態というのも見も
のですが、あれから10年経って増えた仕事や立場、周りの環境も様変わりした
ところでフェードル達の考え方の変化を見ることができます。

さらに、いきなりラ・セレニッシマへの往復に加えてショヴァールやアラゴニ
アにもでかけてます。これだけ動いていて目的が果たせずさらに南下してアフ
リカ大陸にまで行くわけですがヨーロッパを出てしまうと名前さえ異質で私と
してはほとんど覚えていられませんでした。

ついでにニコラやファブリールなど懐かしい面々も出てくる一方で1巻からフェ
ードルと付き合いがあるのはイサンドル、ジョスラン、ティ-フィリップくらい
しかない。

メリザンドはもちろんフェードルを釣るための餌をぶら下げますが彼女の目的
は一つだし、精神的には相変わらずの関係です。まあ……多少はキスとかくら
いはあるけど見ていて痛々しい。

それに、メリザンドが「まさかクシエル様が無辜の人に罰を与えるなんて」と
いう旨の発言をすることに対して「あなたがしてきたことでどれだけ無辜の人
を犠牲にしているの」と返すフェードル。このシーンが1巻では非常に印象に
残ります。

さしものメリザンドもこれは痛恨だったようですし。

ニコラの所属しているアラゴニアでは想像するだけでもぞっとする拷問を見る
必要が出てきたりして恐怖の片鱗が見え隠れしています。ニコラに関しては
フェードルがかなり入れ込んでいるようで唯一自分から彼女へ贈り物をして
います。アラゴニアに関しては多少百合要素があるのかもしれません。

それでもまだ安穏とした旅行気分な内容です。


★第二巻
ここからイムリールを本格的に追っていくことに。ヒアシンスのことも心配だ
があちらはすぐに命の危機があるわけではないとやむなく先延ばしになります。
しかし、行った先ではイムリールはすでにおらず、戦士の国であるケベル-イム
-アッカドさえ恐れて行かない国に行く羽目に。

アッカドはバルクィールの娘、ヴァラールが王妃ですが助力は無理と却下され、
そこで王に相談したところイムリールが連れ去られた理由を耳にすることに。
まあ、その瞬間に私でもフェードルがどうしないといけないかははっきりとわ
かったんですが。

そこから興奮醒めやまぬ……と行くかと思ったが、フェードルもさすがに嫌が
るというのが少し意外でした。何も知らない国に死にに行くのと、知っている
国に呼ばれていくのではまったく違うってことなんでしょうかね。

いずれにせよ、ヴァラール王妃が個人的にすごく怪しく見えたことは言い添え
ておきます。なんせ、別れ際にフェードルにやったのが貰いもののサイズが合
わないマントですから。確かに上等なものでしょうが自分宛てに貰ったものを?
というところ。

また、2巻は本当に衝撃でしておそらくはこれがトラウマで暫く2周目する気に
なれません。それくらい陰惨です。何しろスカルディアの奴隷以上に過酷なう
え、それを経験するのがフェードルだけではないのですね。

おかげでクシエルの矢を持たない女子供が苦しんでいる描写を事細かに見るこ
とになり一人称で進んでいくこの話では「辛い」の一言に尽きるか、言い表せ
ない恐怖と絶望におとしいれられます。

もちろん脱出するわけですが、今まで親身に手伝ってくれた人たちの死の描写
も、虐待と同じく細かく書かれて泣かずに読んでいくのが難しいと感じました。
というか、2巻はダルシャンガの印象が強すぎて他を覚えていられないくらい
です。


★第三巻
こちらもほとんど旅行記です。なぜか三人旅になりますがイムリールがいい子
ですね。ただ、三人旅に入る頃にはイムリール救助開始から1年経っていたと
いうことに驚きを隠せません。

ほとんど家族旅行状態です。イムリールもジョスランもフェードルも楽しそう。
蜃気楼にだまされるフェードルとか、砂漠に行くのに釣りざおセット買ってく
るジョスランとかまあ笑いも少々。

とはいえサバではあわやというところまで行ったし、5時間以上も3人で手漕ぎ
ボートこぎ続けるとか並大抵なことじゃないですね。しかも、イムリールをサ
バまで連れてきてしまったことでイサンドルとちょっとしか喧嘩状態になった
り。助けたヒアスも……あ、そういえばフェードルがヒアシンスを「ヒアス」
って呼んだの、これが初めてでしかも1回しか言ってない気がする。

ヒアスもまあ、、、ね。

ただ、イムリールは命を狙われるだろうし、因子は排除できてない。その辺に
不安を残したまま話は幕を閉じているので次の話が気になるところ。それに、
何度かフェードルが「これを書いているときは云々」と書いているのも少し
気になる。

ダルシャンガの一件は陰惨すぎるから詩には適さないが、残したいという意
向もあるようだが、何をきっかけにいつ書いているのだろう??

フェードルは34歳でイムリールは12歳、ジョスランは36?になるあたりで終
わるんですが、あと3年でイムリールは15歳と書いているので次の話は3年後
くらいなんでしょうかね。。。
クシエルの啓示:メモ2
昨日までに2巻222ページまで読んだ
01-17 08:43

P297 あいつら…これ一人で読んでたら泣いてたな
01-17 10:45

P300 何でこの後に及んでこんなに死の描写細かいの 泣いてしまう… #ksels
01-17 10:51

P342 嫌な臭いプンプンなう #ksels
01-17 13:23

キツすぎる話が落ち着いて放心状態だ フェードルじゃないが #ksels
01-17 13:25

しかしダルシャンガの怖さがハンパなかった あれは泣く
01-17 13:28

P363 ヴァラールたちが何か噛んでるのは初対面で俺も気づいてたんだがなぁ #ksels
01-17 14:06

P392 イムリwww 気づかなかった てっきりメリザンドが逃亡するかと思ったんだがあてはずれか? #ksels
01-17 14:59

そういえばクシエルの第四部の発行はしないのかな
01-17 16:55

クシエル啓示2巻読了。泣きシーン多いから学校で読むべきじゃない巻だ #ksels
01-17 19:02

しかしフェードルって不妊症なのか?あれだけやっててできないし、そもそも医者の手を借りてまで云々って・・・そういうことなのか?
01-17 23:53

メリザンドが可哀そうになってきたと同時にイムリがどこに収まるのかとかいい加減予測がつきそうだ。そうやって第4部に繋げていくのか?
01-17 23:55
クシエルの啓示:メモ1
しかしまだ啓示の1巻も読み終わってないのにジョスランと何回やるんだwww とか突っ込んでいいのか謎だ。あとこのままいくとラストで「妊娠したお」的な終わりを迎えそうな悪寒がする。これは予感じゃなくマジ悪寒。俺は好きなキャラが妊娠するとか子供できたとか結構ショック受ける性質。
01-16 00:04

一体10年の間に何が起きたのか。フェードル仕事増やしすぎだろw さすがにもう30超えるとあれ以上言語を覚える気になれないのかフェードルが通訳使うとか。これには違和感があるの。 #3rd_birthday
01-16 00:42

しかしやり込めた!と、思ったらやっぱりメリザンドの方が一枚上手っていうのはお約束。フェードル釣りは一番うまいよな←
01-16 00:44

おやすみー ああ、フェードル!歳なんて関係ないわっ萌え殺されてしまう←
01-16 01:15

不覚にも鍋を抱えて給仕するシーンに爆笑してしまったww
01-16 01:15

クシエルってジョスランとフェードルの命がけな夫婦漫才だったのかしら
01-16 01:16

P328 俺何故泣いたし シーベルとの今生の別れでもないのに
01-16 02:26

P366 まさかメリザンドに泣かされるなどっ いや まだ泣いては…ヤバいが #ksels
01-16 10:44

柴崎がイタズラ小僧を捕まえさせたら その子は虐待受けてた ぐらいキツい ちなみにあれ読んだとき柴崎と一緒に泣いてたw
01-16 10:47


クシエルの啓示1巻読了 2日がかりか #ksels
01-16 18:32

2巻P59 やべー。フェードルが次何をしようとするかわかるからwkskするw 生贄とか垂涎ものだ #ksels
01-16 22:50

2828とまらなーいwww ああ、次どうなるの?不安じゃないわ!これは……っ!!危険と興味の洪水にうずもれた血潮の湧き立ちという名の、胸の高鳴りだ!
01-16 22:55

人身御供とかの人間の生贄って、聞くだけで高揚感がする。甲高い断末魔が甘美なささやきのように体を駆け巡っていく。なぜなのかわからないけど、体が勝手にそうなるのがわかる。
01-16 22:59

ふふふふ・・・・
01-16 23:02
近状報告
現在、クシエルの啓示2巻読書中につき、ツイッターおよびゲームは休止中。
まあ、ツイッターでときおり感想めいたものを呟いてはいる。とはいえ、
クシエルシリーズは登場人物や国情が難解で一気読みしないと逆に頭に入ら
ない。

というわけで3巻まで読んでからまた改めて3周目の使徒と2周目の啓示を読
みなおそうかと。どうしようかな。啓示はなんというか、今回は陰謀の影は
うすい印象だけどあまりに多くの国を行き来していて1巻の時点で5カ国は
回ってる。

名前も異国情緒あふれすぎておぼえきれ・・・いや、覚えきれないのは毎度
のことか。国背景と登場人物メモだけでよさそうか?正直、メモを取りなが
ら読むのはめんどくさいことこの上ない。

あとはテストとかいろいろあるけど正直そっちのけwww

18日のスクエニのニコ生が当選したのでそっちを忘れないようにせねば。。。
多分、明日には読み終われ……るかな?今日徹夜してでも読みたいし……。
昨日は徹夜しようとして3時過ぎくらいに寝落ちてたけど。
帰れない
ガチで怖い夢見たのでめもる。と、いいつつ長い。
10分で紡ぐ物語
 道をふさぐ小さな石。靴の先に当たる感触が、どこか遠くへいざなうように。
あの頃の記憶が見えてくる。忘れてきた思い出、思い出したくない夢。どれが
求めているものなのか、今はまだわからない。

 どこへいくの。聞こえた声は、後ろから。振り向いたけど、誰もいない。も
う一度、小石をつつく。つま先に固さが広がっていく。どこへいくの。思い出
せない、誰だろう。

 聞き覚えはあるのに。どんなにあたりを見回しても、たどりつけないもどか
しい。こっちだよ。懐かしさに浮かぶその顔は、白くてもやがかかってる。手
が伸びる。届かない。

 小石を忘れて走り出す。それでも絶対追いつけない。

 赤く染まった手のひらに、落ちる雫は透明で。冷たい体は動かない。足元に
あるその石は、大きく重くて柔らかい。突き立つ鋼は反射して、ただただ石を
濡らしてく。

 逃げ出したあの日を忘れない。失くした石はもう見えない。
次回作とかもろもろ
ツイッターでPE2やりてーとか言ってますが実況でやるかどうかは微妙。
ニーアと二択かな。ただ、PE2はクリアできる気がしない。といいつつ
T3Bも終盤クリアできる気がしないとか言ってたのになんとかクリアし
ましたが。

ただ、それも結局他のT3Bプレイヤーに助けられてようやくってとこな
のでむずかしいところですよね。特にPEシリーズは移動の操作性が悪い
ことに定評があるので。

あと、散策したいのでFF8バリに長くなるだろうなって言うものある。

あれノー編集だとあの倍くらいになるからね。実際。特にAP稼ぎとか
は3時間くらいやるのが普通だし。PE2にはレベル概念ないし敵が湧く
数も制限付きだから稼ぎはあまりないだろうけど。

なんか刺激の少ない感じだなー。

さっさとクシエルの矢3周目読み終わってクシエルの啓示を読めば回復
するかもしらん。あと250ページくらいで読み終わる。クシエルの使徒
も3周目読みたいところだが。。。。

先に啓示読んでもいいよね?
T3B:補完の夢見3
T3B:補完の夢見2
T3B:補完の夢見
たんなる小ネタ的なノリで。

内容:2010年12月24日、アヤ・ブレア発見。
ゲームのシナリオって何だろう?
考察と言うかなんだろうね。未だにT3Bをプレイしている割にはだんだんと
プレイする気もなくなりかけ、かといって勉強する気も他のゲームする気も
なくなってきている。

まあ、代わりにT3Bの生放送を頻繁に見ていますが。

で、今回は何でT3Bに飽き始めているのか自分なりに考えてみたことをつら
つら考えてみることにした。要するに頭の中をまとめようかと。個人的には
ずばり……

ゲームのシナリオ考察

だと思う。いつもはかなり楽しんでやっているゲームのシナリオ考察が、今
回は苦痛にさえ感じる。なんだか荒らしの対処をしているかのような感覚が
あって、正直つらい。

FF13の時も相当叩かれていたけどシナリオには百合的な意味でもかなり満足
していたため、そんなことはなかった。

ところで、ゲームのシナリオと映画のシナリオってどう違うのかな。映画を
目指すゲームはあるけど、ゲームを目指す映画っていうものはないような気
がする。

たぶん、なんとなくその辺の線引きとかがゲームと映画の軋轢みたいなもの
を生んでいると思う。映画は数時間という限られた時間の中で話を組み立て
ているが……。

なんだろう?

やっぱり違和感が取れない。

何か引っかかるし、とてもつかれる。
T3B:4周目メモ
3周目ハードに引き続き4周目はイージーで。実績のおかげでEP2開始時のシャワーが
見れたのでアヤのコメントのメモ
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。