Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
T3B:3周目メモ
ネタバレ注意。カイル周りとか
続きを読む
スポンサーサイト
T3B:ED考察~アヤとイヴ
T3B:2周目メモ
気づいたこと
・2周目特典のVideoLogにある「EXTRA」は1周目では見られないイベントシーン
 を見るものだった
・ガブリエルの衣装評価
・オートトークもっと長かった(その場でつっ立てると結構量がある)
・3周目特典(2周目クリア後データ)でミュージックファイル始動

以下ネタバレ
T3B:小ネタ ガブリエルの衣装評価
まだ全部は出てないので。ネタバレ注意?

ブラックレザー:うん 似合う
ホワイトエイダー:あ 可愛い 

エイダーってダウンに使う鳥の種類らしいな

エプロンドレス:そのカッコで行くの?
ビジネススーツ:うん 似合う
チャイナドレス:セクシーよね
サンタソルジャー:あ、可愛い
ODスーツ:未来的ね

うーん。一部被ってるな。でもメイドにはさすがに突っ込むかw


続報(4周目時点)
スイムウェア:そのカッコで行くの?プロポーション変わらないわね
ライトニングカスタム:未来的ね
T3B:The 3rd Birthday 初見プレイ感想
ネタバレはプレイ日記の方で書いたのでいいとしよう。

ストーリー
・とりあえず最後は泣いた(実証)
・でもED見て個人的にこれで次回作作れるのか?と思った
→たぶんツイッターで文句言われてるのはその部分だろう。俺もあれは
 理解に苦しむところがあるが実際のところ2ちゃんねるの予想とかに
 はあった設定なんだよなぁ。それにそもそもの事件の発端が謎のまま
 だっていうのも気になる。
・ただし、俺はある程度受け入れている。というのは話に無理があった
 んじゃなくて彼女が原因だろうというのが最初からフラグ立ってたか
 ら。(見たい人はPCで「彼女」にカーソルを合わせてください)
・ゲームだけしか見てないとたぶんイミフ
・BPを消費すると見られるMAILという資料があるので周回して貯めて一
 気に使いたい。

<ストーリー総評>
総評としては、突飛と言えば突飛で、何もかも現実じゃないような、ど
こにもアヤが存在していないような感覚に陥るストーリーでした。期待
していた百合要素の方はEP1,2と資料のときにほんのりって程度ですね。

3度目の誕生日の本当の意味は、最後まで気づかなかったんですがカイル
にとどめを刺される感じで泣きました。俺はね。



システム
・ロード時間はインストールありで起動画面以外はほぼ皆無。なしでも
 起動画面はインストールなしでも5秒程度、ありなら3秒弱。マップ切
 り替えやデータ読み込みは1秒もなさそう。かなりサクサク。
・OEチップのソートができない
・R+△を押しているのにリバレーションしたり近所の人にODしたりする
・難易度は、ノーマルをやってる人がイージーをすごく楽に感じるレベル

<システム総評>
OEチップのソート以外は特に不満点がないのだが一部のイベントがスキップ
できないためゲームオーバーが重なるとめんどくさい場面も稀にある。イン
ストールなしでもロード時間が皆無と呼べるレベルなのがすごい。

セーブもロードもほとんど待ち時間なしです。

あとボタンの誤動作が多いのが気になる。俺が押し間違えてるだけにしても
ちょっとな。おかげで何度もODキルしようとして兵士にダイブ→死亡やって
ました。

難易度の方は、今回クリアにはノーマルを選択しました。戦闘に慣れてくる
とだれてくるかなぁと思ったからなんですがとんだ思い違いでしたね。後半
はハンドガンで対応できるような相手はほぼでてきませんし。

シャワーの時にイージーモードの模擬戦闘をやったんですがノーマルでクリ
アしたときよりは格段に楽でした。一度経験したせいもありますが。それで
もライフルないとカタイ連中はちょっときついです。



グラフィック
・腰がくねくねする
・シャワーシーンの力の入れようについて
・イベントでダウンを着てる時と着てない時の違いはなんなのかと
・イベントシーンでも服が破れていたり(しっかり下着まで)

<グラフィック総評>
CCFF7の時も綺麗さに感動したが格段によくなっているのが素人目に見ても分かる。
その分ハイポリゴンのイベントは少ないが。移動時の腰の動きに目がいきます。
あと、基本的に初期装備以外は防御が落ちるようですね。最大限にぼろぼろにな
ったものは修理しないでブリーフィング時に眺めるという用途に使ってますw


音楽←書き忘れてたw
・バベルの中(最初の時が特に)のBGMは必聴かっこよすぎる
・リーパー戦とラストあたりのBGMは怖いです
・ED曲の存在感

<評価>
あんまり音楽は得意でも興味があるでもないジャンルなので適当です。リーパー戦
はBGMが怖すぎて鳥肌立ちました。ただし、戦闘中はそれどころじゃないのでほと
んどBGM飛んでます。断末魔がBGMです。あえて言うなら。

ED曲は……どうだろう。盛り上げていたのかどうかはよくわからないがすくなくと
も映像の邪魔ではなかったな。ちなみにイベントシーンはクリア後特典で見られる
ので結構止めたりしてメモしてました。おかげで一部話が飛んでます←



<その他>
敵の種類はかなり少ないと思います。ただし、いっぺんに何体も出てきて乱戦必至
状態の中、固くて攻撃力のある機動性の高いワニちゃんとか、頭をしまっている間
スナイプしないと攻撃が当たらないぞうさんを何体も相手にするのは骨が折れまし
た。

エピソード5の頭までは自力でしたが、入ってすぐ詰み状態に陥り後半は攻略サイト
に頼ってしまいました。その中で、どうしてもスナイプが必要な時は詰むかとw
仕方なく

右!つぎ左!左上!とかいいながら敵の出ないところで練習してから挑みました。
功を奏したのか少しは当てられるようになったかと。

あと、武器の使いやすさは

アサルトライフル>ハンドガン>ライフル>そのほか>ショットガン

でしたよ。ショットガンは近距離用なのにエイミングが必要なのでめんどくさいの
です。しかもエイミング遅いし。ライフルはエイミング速度早めて対応してます。

こんな感じかな。


【追記】
クリアタイム 約28時間
ゲームオーバー 113回
巻き添え 単純計算で大体1000人弱
難易度 ノーマル

でのクリアです。

正直、死にすぎです。SEMのプレイデータでもノーマルクリアしてる人でゲームオ
ーバーは2ケタ前半しか見当たりません。俺が難易度選択を間違ったとしかw

↓ちょっとネタバレな疑問
T3B:プレイ日記 その2
ネタバレ注意。エピソード5の続きからです
T3B:プレイ日記 その1
T3B:到着なう

よし まずは説明書をば
T3B:プレイ予定
さすがにハードは詰みそうなのでやめとく。イージーは序盤で慣れて後半だれる
可能性も考えた。ので、俺はノーマルモードであえてやる。ちなみにKH2はスタン
ダードで始めたのよ。これでも。ちゃんとクリアしたし。

という言い訳。まあ、シューティングがメインのアクションじゃないからノーマ
ルで行けないってこともないだろう。イージーで12時間くらいが目標らしいから
ノーマルで20時間くらいでのクリアを目指したいね。

シャワーは1周目だと見れないのかな。

ちなみに動画収録はしないがメモ程度にブログに進捗書いていく予定。戦ヴァル
と同じような感じだと思っていただければいいです。ツイッターに残すとJFみた
いにツイート間違って消しちゃったりするから←ごめんなさいorz

章仕立てになってるらしいけどミッションごととかイベントごとに一言ずつ何か
書くかなぁ。CCFF7みたいに一つの章が長いと話忘れちゃうし。戦ヴァルのように
イベント10分戦闘8時間とかなら別だが←

普通のアクションゲームで戦闘8時間とか絶対集中力もたねえよwww

うん、こんな感じでやろう。たぶん、ミッションごとにセーブできるぽいから。
8GBメモステ用意したからセーブには困らない!!
時の残滓 第29話
 甲高い風の音が響く。穴のあいた岩の隙間から抜ける音だ。今回は夢も見ることなく
深い眠りについていた。次第に視界が晴れて、意識がはっきりしてくる。目に入ったの
は例の建物ではなかった。

 「起きたの?」背後からイリーが優しく声をかけてきた。「はい……ここは?」ごつ
ごつした固い岩の上に、申し訳程度に広げた毛布が私に被さっている。手首にかかって
いた重みも消えていた。手足は自由に動かせる。ただし、それ以上の状況はわからない。

 「説明すると面倒なことになるの、今は聞かない方が身のためね。ただ、あなたは私
の提案に乗ったんだから、ちゃんと利用させてもらう。あのとき、もし断っていたとし
ても私はあなたをただゼプトに返していただけだけど、きっとあなたは後悔してたはず」
実際、その通りだったかもしれない。とはいえ、ゼプトに私の身が渡ったところでどう
なっていたかなんて、その時の私に予想ができてただろうか。

 「わかりません。ゼプトは話そうとしませんでしたので」彼に聞いてはいないが、エ
ニアと同じく諜報部だ。そうそう簡単に口を割る真似はしないだろう。「そうでしょう
ね」間を置かずに頷き、私のそばでかがむ。

 「彼はよくわからない」肩をすくませてみせる。ゼプトの部下だと思っていたが、彼
女がよくわからないと評する理由など知るすべもない。「大丈夫なんですか」とにかく
状況を知りたかったのもあって、そんな質問をした。彼女の先ほどの発言からしてもど
こかしらから監視があっておかしくないと思ったからだ。一瞬、イリーはきょとんとし
ていたが、すぐに表情を戻す。

 「ああ、大丈夫。盗聴器も盗撮カメラもここにはないから。ここは……秘密の場所、
ってところかなぁ。はっきり言って、それでも長時間いられる場所じゃないけど」どう
やって女一人で私をここまで連れてきたのかは知らないが、それなりに長時間経過して
いるようだ。

 周りは薄暗く、時間はよくわからない。明りも乏しい岩の中にいるらしいとしか、見
当もつかない状態だ「ここがどこか、教えられないんですか」姿勢を正してイリーに向
き合う。穏やかな表情に髪の毛が纏わりついていた。「教えたりしたら、私が消される
から。あなた……本当に知らないのねぇ」彼女の言い分が正しいとしたら、ここは軍に
も知られていないような場所なのか。そんな場所がすぐそばにあるとは考えにくいが。

 「これから、どうするんですか」肌寒さに身震いがする。「ここを下りる」イリーが
指差したのは、岩場の奥だ。ここよりさらに暗い。「私も知りたいの。あなたが先導し
なさい。どうせ一本道だから」私を立ち上がらせると、背中を押した。「あと、これも」
回収されてしまっていた服やら身の回り品だ。ナイフまで渡された。それも、ゼプトに回
収されていたものだ。

 「どうやってこれを?」ゼプトとイリーは、おそらく同部隊に所属しているはずだ。
ゼプトがイリーをどう評価しているか知らないが、これをイリーに最初から持たせて
いたとは考えにくい。「ん?ちょっとくすねただけ」軽く流した。「ほら、先に行っ
てよ。私は戦闘苦手だし、あなた戦闘部隊でしょ」

 それもそうだ。服を掴みあげると、中から身につけていた時計が落ちた。捕まって、
外に出てから1日は経っていない。だが、もう昼に近い時間ではあった。袖広のTシャツ
にカーゴパンツ、ブーツを身につけ、ナイフを腰に引っかける。それはいまだに手に馴
染んでないものだが他に持っていないのだからこの際仕方がない。この上からポンチョ
を被る。この格好をすると、嫌でもラギを思い出さずにはいられない。

 小銃の方は弾切れだったそうだ。そんなに使った覚えはないが、彼女が私を警戒し
ていないなんて、誰が断言できる?
FF13FNC:スクエニプレミア応募完了
SQUARE ENIX 1st Production Department Premiere
カテゴリに悩むけど気にしたら負けです。でもまあ、俺のメインで見た
いのはFNCなので一応こっちに分類。

応募したのは 
1回目 2011年1月18日(火) 17:00(受付) 17:45(開場) 18:00~19:30
早めの時間なので競争率高そうだけど2回目にすると俺が帰れない可能
性が出てくるので都合上1回目しか無理そうだった。

まあ、当たってもないのに心配しても仕方ないけど予定を組む関係上
メモってことで。さすがに今回の倍率はやばいってもんじゃないな。
生放送?

俺は大画面で見たいんだよ。できればね。
JF2011:T3BとDDFFのみ
というわけで日曜日だけでしたがJFに参加してまいりました。戦利品はクリスマス
カード×2だけですね。たぶん、最初にシアターに行ってなかったらおまけも1つ
くらいは貰えたのでしょうがいつもの癖で。

まあ、おまけと言ってもほとんど持ってるものみたいだったので今回は気にしない
でいますか。ところで18日、つまり昨日からT3BのCMが始まっていたようです。よう
つべで見てきたけどやっぱりゾクゾクする。

ちらちらとツイートしてたのでそっちはまた明日編集してうpします。こっちは覚
えてる限り感想書いていきますね。一応、DDFFが2回、T3Bが3回の試遊になりました。

★メガシアター
T3Bは店頭PVだそうですが、Eyes On Meがフルでバックに流れてた以外は内容に違
いはなかったと思います。正直、曲自体がなんとなく全体的に浮いている気がする。
でももうサビは覚えちゃったけどね!

曲風が下村さんと違いすぎるんだろうなぁ……とかね。Whyみたいに途中でアレンジ
した挿入歌とか流してるなら多少マシになるかもしれない。あくまで個人的に浮いて
る感じがするだけでアーティストを叩きたいわけではないのでご了承をば。
(もっと言うと、アヤの中の人のアヤ声が比較的声高いため、歌声の低めなSuperfly
だと違和感がある。曲自体もFFよりは低めの音に聞こえるし)

とにかくイヴが鍵なんでしょうね。「タイムゼロを覚えてる?」という台詞が印象的。
確か、グランドゼロが爆心地って意味だったと思う。だとすると、イヴに何かがあっ
た時間のことを指しているという予想は立ちますけどね。

ただ、それでなんでアヤが記憶喪失になったのかは謎に包まれたままなので(といっ
てもある程度冒頭でわかる可能性も高いですが)まだはっきりしませんけども。ツイ
ステッドよりもODシステムによるアヤへの影響の方が問題ありという可能性もありま
すし。

遺伝子いじったり、過去や未来に精神送ってるわけだからアヤの存在がずっとODシス
テムの中だけになってしまいそうとかね。そうなるとアヤの存在がどの時間軸にもな
い状態だって可能性としてはありえますし。

仮にそうだとしたら、これがFF8の時間圧縮と同じような現象に陥る可能性を指摘して
いるわけですが。あれも確か現在過去未来が圧縮されて人は存在が希薄化してしまう
ってことで4枚目はPTメンバー以外誰もいない状態になってますしね。



そしてもうひとつ気にして見ていたのはDDFF。ユウナが脚だけ出てましたね。まあ、
他のブログとかでも書かれてると思いますが。ユウナがあんな激戦できるようには
到底思えないのですがw

あの格好で必死に走ってるとか想像できんw

浄罪の路であの格好で走らせることができるけど、ロッドで殴って99999出せるけ
ど見た目的には派手な戦闘向きじゃないもんなぁ。




★DDFF
<1回目>
ライトニングのRPG・イントロモードでの参加。RPGモードだと自分で走る必要がな
い分多少は余裕が出ます。なんでライトを選んだかっていうのはTGSに参加してなか
ったからだよ!

ただ触りたかったんだ。EXモードは頭から抜けててすっかり忘れてたけどブレイブ
回復がそれなりに役立ってたと思う。ただ、個人的にオプティマチェンジする時に
コマンドミスしちゃうのが痛い。

LだけとかRだけとか押しちゃって、コマンド一覧が変わっちゃうんだよね。。。

また、前作をやってない(試遊はしたけど)のもあってリアルタイム表示される方
のコマンドに目が追いつかない。いつのまにかブレイク状態になってて焦って常設
コマンドも見誤ったり。

<2回目>
この試遊の直前に、並んでるときにディスプレイに流れているプレイをしていた人
がティファを使っていたんですが、用意されてた相手全員倒してフィニッシュして
ました。そのとき、ティファが吹っ飛ばされた時にぱんつがちら~っとしててつい
つぶやいたが反省はしていない。

で、2回目の試遊はティファです。なんか公式サイトではフェイントとかどうとか
書いてあったけど忘れてたし、説明書見てもよくわからなくてというか、正確には
見る余裕がなかっただけだが……ので、フェイントなしぼろくそ戦闘してました。

最終的にゲームオーバーで2回目は終了……。


★The 3rd birthday
こっちは3回試遊。

<1回目>
ムービーイベント付きだったんですが、アヤがODしていた女性が目の前で喰われて
いくシーンは、怖くて泣くかと思った……。自分のせいでってなるわ、あれは。

まず、銃の撃ち方がわからず開始早々手榴弾をすってんてんにするというアホ展開
に。とりあえず動きまわって避けてたら遮蔽物がいつのまにか全部壊されててゲー
ムオーバー。

立ち直ってようやくRを長押ししながら□を押し続けるだけでおkと気づくも敵の
動きについて行けずにODで避けまくるという非人道的な戦闘を繰り返した結果、
OD先がいなくなりゲームオーバー。そして終了w

これはひどいwww ちなみにこっちはイージーモードでした。


<2回目>
今度はノーマルモードです。こっちはムービーなし。何気にサクサクすすみ、
ガブリエルの体を「傷物」にしないように気をつけながら狙撃することに。
なったとたんに終了しましたw

エイミングが難しいです。

<3回目>
またノーマルモード。何故か序盤で大苦戦し、HPが心もとない状態で中ボス
戦?、3回くらいゲームオーバーして結局ガブリエルに会えず。。。

2回目のあれはただのビギナーズラックだったのだろうか。




こんなとこか。あとはライトのネックレス買いました。
JF参戦とかなんとか
明日の予定としては、学校から帰ったらほとんどすぐに出発する予定です。
携帯の電池の持ちが悪くなってきているので、明後日は自分の行動しかメ
インで呟いたりしないかもしれない。

長文で書くことはないかもしれないけど、仮にあったらそれはブログに投
稿する予定。まあ、、、今回はスクエニ関係ではそこまで見るものないの
でね。

うーん

他に何か書くことあったかな。服の方はなるべく薄着で温かい格好を目指
して用意してるんですが、ほとんど黒装束ですね。典型的オタかよwww
って感じに仕上がりつつある。

が、本当は白系のダウン欲しかったんだけどあいにく薄手のダウンは軒並
み売り切れで手に入らなかったのよ。買う時間もないしね。服の半分はヒ
ートテック系というまあ、ある意味酷い感じに。

建物の中は暑いかなぁと思ってるのでそんなに着て行きたくないのです。

が、待ち時間が寒すぎるので困る。。。予定では5時半過ぎには列に並べ
るはずです。TGSより開場時間が早いのがせめてもの救いか……。明日出
かけるときに飲み物買い忘れないようにせねば。。。

千葉に入るのが22時前後なので晩飯どうしようか悩む。早めに着ければ
近所のコンビニとかで適当に済ませようと思うけど23時過ぎてからご飯
食べると眠れなくなるからな。

バスで夕食でもいいけど正直食べづらいし、バスの中は爆睡タイムなの
でそんなことで中断したくない。という無駄な言い訳。
FF13:Episode i 感想
というわけで帰宅直後にやってきたアフターストーリーの感想とか書いてみる。
何気に久々のFF13記事です。おまけでついてきた箱FF13の処分は未定。とにか
く幅取ってかなわん。ポイントは来年度に回しましょうかね。

今回、ドラマCDとは違って完全に未公開だった話でしたが正直言って

なんでこれを一般販売しない?

と、思いました。俺としてはエンディングの後、ライトはスノウとセラの結婚
式でドレス姿で出てきて、そこにカメちゃんたちが乱入して大騒ぎって展開を
予想と言うかギャグ的な展開で書いているのかと思ってたんです。

どうも読んでみると、ライトニングに深くかかわるような内容でした。一応、
各キャラの独白をメインにオムニバスみたいな形で話が組まれているのですが。
心配してた家族はみんな無事だったけどボーダム周辺がほぼ壊滅したとか、
その辺はまあネタバレにも値しないんで良かれと思って書いてしまいます。

このアスターストーリーは本気でライトニングが主人公だったと思いますね。
それにしても彼女は一体どこに迷い込んだのだろうか。いや、本人は迷って
なんていなくて決意のもとで進み続けているんですけど。

でも、場所が。最後の方で泣きそうになったくらいには不安になりましたよ。
まあ、それはセラの独白にもよるんですけども。

それと、ヴァニラが女神エトロの名前を少しだけ出している様子。

ライトニングのあの行動は、どうも全部が全部自分の意思じゃなくて何かの
力が関わっているようなのですよね。今後のFNCの神話に関わる行動なのか
どうか非常に気になる終わり方でした。

ファングとヴァニラを助けに行くにしても一体どこをどう探す?ただ旅に出
ただけであんなところ行かないだろうし。とか思うとまた疑問が増えました。
次のFNCが楽しみです。

一瞬、ライトが(生贄的な意味でエトロに)殺されに連れてかれたのではな
いかとか勘ぐりました。ううーん。ただ、このシーンをこんな特別な形以外
で全く書かずにFNCで関連したイベントを書かれるのは不満ですね。

つまり、FF10インターのあの短い動画なしでFF10-2やるみたいなものになっ
てしまうと思うんです。おそらく、今回のアフターストーリーをFNCに利用
するのであれば何らかの形でまた出てくるんじゃないかとは思います。

これって感想なのかしら…?
T3B:最新PVから妄想まで
T3Bの最新PV見てきたのでちょっと感想と妄想をば。まずは感想。ええとまあ
予想の範疇な展開だったというかやっぱり、みたいな感じ。てか記憶喪失のま
ま結婚式とかありえないしな!でも終盤テレポしてきたカイルが偽物臭い。。。

顎をつかむシーンの表情がなんとなくね。それ以外は多分本物?でも偽物だと
したらなんだってんだ。ミトコンドリアは関係ないんだったらジャンクションマ
シーンエルオーネで意識だけ飛ばしてきたとか←

ジャンクションマシーンエルオーネっていうと、FF8の全ての元凶の元凶だよなw
おじゃるが余計な発明してなければFF8のストーリーは成立しなかったわけだが。
でも、アヤ自身も自分を化け物とか言ってたから、アヤが第三者に魔女扱いされ
てる可能性は大いにあり得そうだ。妄想が止まらないw

ちょっと今日のツイートを加筆修正したけど大体こんな感じ。

他に妄想できそうなのって何だろうね。確かPE2のときにはFF7のネタとか入って
たんだったな。そういえば書いたかどうか忘れたけど、私自身はPEシリーズプレ
イしてません。

しかもPE2に至ってはエンディングを1回しか見てない。たぶんカイルルートだっ
たことまでは覚えてるが内容はほぼ終え覚えてないですね。もちろん某動画サイ
トで見ただけです。

やっぱり一度プレイしたほうがいいなぁ。元ネタわからないとせっかく小ネタ入
っても楽しめないし。まああくまであった方がいいってだけですが。それにPEは
移動が遅すぎるのが見てても分かるくらいなのが気になる。

ついでにミトコンドリアの説明部分、あれ動画では読んでたら30分黙読でも理解
しようとしたらそれくらいかかる長い説明があったのを記憶してるのでPE無印は
ちょいと食指が動かぬ。。。

ただ、PE無印冒頭の黒ドレスは個人的にお気に入りなのです。無印の方は3,4回
はエンディングまで見てるので5割くらいは知ってる感じかなぁ。細かい部分は
ほとんど覚えてませんが。

やはりPE2の(私の)記憶障害が一番ネックだなwカイル嫌われてるけど明確に
裏切りがあったりとかしてたっけ?百合的にはもちろん微妙な人間ですが。ただ、
私としてはガブリエルとアヤの百合展開に期待しているのもあって大した障害と
は見なしてませんけどね。

そうそう、話を戻して妄想話ね。まあ、結婚式で襲われて記憶喪失までは脳内
シナリオでもありえる展開だろう。PV見てもそれ以外にないみたいだし。まさ
記憶喪失になって、目が覚めたら血だらけのウエディングドレスに着替えさ
せられていた
というのはさすがに無理がある。

つーか、それなら誰が着換えさせたんだw

ジャンクションマシーンエルオーネで悪の権化がカイルをのっとってアヤと
邂逅を果たしたとかいうのは完全に妄想。でも、今回のオーバーダイブシス
テムってそれに近いイメージがあるのは確か。

エルオーネはあくまで意識しか飛ばせないし、体を支配するとこまでは言及
されてないけどね。一応過去にも未来にも行けるようだが(意識だけ)。た
だ、PV中に気になる点が。

というのは、アヤの記憶が戻る時の異常です。どうもさっき書いたように記
憶を取り戻したらしい時の描写が気にかかる。カイルは偽物のようにも見え
るし、もしかしてアヤの存在が時間を行き来することで希薄化しているとか。

それかアヤの記憶に混乱が生じてそれが機械の不具合を招いているとかいろ
いろ考えられそうだ。もしかして、アヤがしていることはFF8のアルティミ
シアがしたかったことの一つの例なのかもしれない。

と、そこまで妄想した。
スクエニのイベント?
カテゴリが微妙なとこだが。あ、昨日は普通にブログ書くの忘れてました。そこ
まで切羽詰まってなかったはずなのに。えと、話を戻しましてスクエニのプレミ
アムイベント的なものが1月18日に開催されることになったんですよね。

当初、11日ということだったのでこりゃ参加は絶望的だと思っていたんですが、
18日は補講日なんです。1限は補講が入ってしまっていますが、それ以外は今の
とこない。

他に休講になった授業も水曜日の授業だし、翌日の19日(水曜日)も補講日なの
で水曜日の休講代替授業が火曜日になることはまずないと思います。それだった
ら無理矢理JF行こうとしなかったんじゃないだろうか……。

とか思った。うん。

FNCの方が正直興味強いしなぁ。話題性も高いし(自分の中で)。でもバスも宿
泊先も予約したし、プレミアは確実に行けるものでもないので結局行くんです
けどね。プレミアはかなり当選確率低くなりそうなので望み薄です。

万一当たったら行きたいけどさ。とりあえず心おきなく抽選には応募できそう
な感じなのはたぶん、よかったんじゃないかと。外れてもツイッターとか追え
るしね。

皮算用な計画じゃカテゴリ分類するのもおこがましいので今回は日記と言うこ
とにしておきます。日記ついでにちょっとだけ。

時の残滓の続き書いてます。だんだん前の話を忘れていたり表記のゆれがでて
来てしまっているのですが表記のゆれはどうしよう……。ブログ上で訂正する
のはめんどくさいのです。

前の話はさすがにさらっと読んでおさらいしてるんですけどね。それでもちょ
っと設定上無理が出てきてしまいそうで恐い。今のところ、場合によっては
主人公が別人、つまりアイリスではなくなってしまいそうな設定になりつつ
あります。

それはそれで面白いのかもしれないけど一応地の文がアイリス目線なのに最後
の最後で主人公が実は違うって個人的に違和感が。。。もうちょっと練り直し
ていかねば。

納得できる背景が設計できれば主人公変わってもいいと思ってるんですけどね。
T3B:目標クリア時間とガブリエル
ちらっとファミ通読んできたけどこっちのほうが読み応えあるなぁ。でも電撃プレ
イステーションは表紙効果か売り切れていた。来週のファミ通は買おう。。。

ところで、ガブリエルってちょっと調べてみたけど四大天使の一人?よくわからん。
まあ、向こうだと女神や天使の名前使うのが普通で日本みたいに個別に意味がある
わけじゃないみたいだけどね。(日本だってAV女優とかアニメやゲームキャラの名
前つける親がいるのと似たようなもんだろうか)

で、ガブリエルは男天使みたいです。男女ともに使う名前らしい。が、女性と男性
でスペルが違うということみたい。極端に書くと男は「ガブ・リエル」女は「ガブ
リ・エル」みたいな発音になるようだけど日本人には区別ができないとかいう話
っぽい。

とはいえ、他のサイトでは宗教としてはガブリエルを男性だとしているらしいけど、
歴史的に女性として見られていることも多いそう。まあ、懐妊の知らせとかを男が
するっていうのは言われてみれば違和感があるからそういう見方もあるということ
だろう。俺も女じゃないかなあーと思うくらいだし。

苗字はたいがいの国で所属を意味するだけだからもっと意味が、、、うんどうでも
いいネタだ。そうそう、インタビューによると、T3Bの標準的な1周目のクリアに要
するプレイ時間は12~15時間
だそうです。難易度は知らないけど、プレイする時の
目標にしよう。



今日の予定。

・JF用会場マップ、駅周辺地図のプリントアウト
・教職指導案の教材決定
・PlayStationHOMEのログイン
・バスの集合場所プリントアウト

予定
今日の予定。

・JF用会場マップ、駅周辺地図のプリントアウト
・教職指導案の教材決定
・持ち物リストの作成+マスクとのど飴の追加
・PlayStationHOMEのテストログイン2回目
・バスの集合場所プリントアウト


12/17までの予定

・課題の旅行計画?
・指導案作成
・必要金額引き出し
・新幹線の乗車券購入


その他
ちょっと日記になるようなことでいいからとりあえず毎日更新を目指す。
T3B:く、りすますー♪ く、りすますー♪
タイトルはジングルベルの曲冒頭の母アレンジです。というどうでもいい話は
さておき――実は幼いころからこの替え歌を母が歌っていたせいで洗脳されて
いる――PlayStation HOMEでクリスマスイベントやるおーってことでさっそく
PS3の電源を入れたんですがメンテ中ですとか言って繋がりませんでした。

9日からだったはずだが、、、まあイベント自体は10日からってことなのでい
いんですけどね!!!そしてメンテ情報も白紙でいつ復旧するのか不明。ち
なみに戦ヴァル3とT3Bのイベントに参加したいんですが時間割がクリスマス
イブまでガチガチに埋まっているため

実質12日のたった1回しかイベント参加チャンスがありません(´・ω・`)

平日の深夜2時とかやめろwww行けるかwww というわけなのでね。無理
もできないのでしかたない。代わりにPSPのT3BカスタムテーマをDLしてきた。
もう大体PCがらみはアヤにオーバーダイブされてる気がする。

なんというか、もう浸食状態だね。

デスクトップ壁紙もアヤ、ツイッター壁紙とアイコンもアヤ。ついでに電撃プ
レイステーションも購入してきた。日系ハーフって書いてあるけどあれだけ綺
麗なブロンドと明るい青色の瞳になるものなのか?というちょっとした疑問が。

いとこが日英ハーフですが片方はライトブラウンで肌色は白、もう片方はかな
り暗いダークブラウンで肌色は浅黒い感じ(割と日本人ぽい)ですけどねー。
目の色は父親は緑と青の中間くらいだけどいとこはブラウン系だし。

生物取ってないから遺伝には詳しくないが、名前以外日本人的要素が見当たら
ぬwまだカイルの方が日本人に見える罠。そういえば、スクエニ制作ゲームで
日本人として公式に出ててるの前田くらいじゃ……?

まあ、実在の世界を舞台にしてるから国籍があるだけだろうけどね。

ところでピアースとかいうのがいたはずだが存在感ゼロすぎて可哀そうになっ
てきた。アヤは、カイルとイヴと一緒に同居してたらしいが結婚してるとかは
あるのか……?

結婚式にツイステッド侵入→アヤ応戦→巻き込まれて記憶喪失&カイルたちと
はぐれる という流れがエスパーできるんだが、まさかそこまでありきたりな
展開じゃないわよねえぇ?

まあ仮にそうだとしてもガブリエルといちゃいちゃしてくれればそれでいいわ!
大分前に読んだ猟犬って本でも刑事が人妻と恋仲になったとかいう話もあったし
(↑俺の記憶と解釈が確かなら)なんでも受け入れられそうなのが怖い。

でもいいや。

アヤイヴは微妙。年齢差がありすぎるのもあるしある意味血が繋がってるから
姉妹百合に近いとかいうイメージがあってあんまり萌えない。
いろいろ思うこと
久しぶりの記事の癖に日記に近い形ですみません。正直一つのテーマでまとまった
記事が書けるほどのネタがないのですが書きたいことが山ほどあります。たぶん。
実況休止期間に入ってから本当にブログ頻度が落ちていますが実況を始める前より
はなんとか書いてるかなって程度ですね。

まあちょっと愚痴りたいこともたくさんあるけどそれはうちのブログの主旨じゃな
いのでせいぜいツイートするにとどめます。


★ニーアレプリカント
双子の姉妹が気になる。なんか裏切りとかそういうキーワードに弱いのだが、ツイ
ートでそれっぽい雰囲気の内容をちらっと目にしたのですごく気になります。ただ、
まだちょっと高い。まだ安売りで切るほどには売れていないのかな。

それにしてはドラマCDが出るとか言う話ですが。設定資料集も出ているので両方と
も欲しいです。ああいうのはレア度が上がりやすく、入手時期を逃すとFF8の時の
ようにボロボロの中古品に手を出さざるを得ない可能性が出てきますので。

ちなみにゲームでなければ本編持ってないのに設定資料だけあるとかありますよ。
「ああっ女神さまっ」とか、「ブラックキャット」は漫画ですが本編持たずに資料
集だけ持ってます。


★DDFF
ラグナとワールドマップが公開されるようです。ラグナはいいキャラしてますが
中の人誰になるんだろう?ぴったり合うような人が思い浮かばない。まあ、ラグナ
は正直どうでもいいんですがワールドマップが気になる。

どうやらそのワールドを歩けるようなのですが、シングルプレイが今までのFFの
ように歩き回れるということになるんでしょうか。たしかDFFの時はすごろくみた
いなスタイルだったと聞いているのでそっちの方が気になるんですよね。

やっぱり歩きまわるの楽しいじゃないですか。むしろそれこそRPGの醍醐味であっ
てある意味原点ですし、仮に本当に歩き回れるのならいいことだと思います。


★T3B
そういえば正式名でブログ記事にしたことあったかな。The 3rd birthdayですが
衣裳が10種類以上あるようですね。まさかウエディングドレスもその一つなの?
絶対動きづらそうですが。個人的な希望では前も書いたかもしれないがPE無印冒
頭の黒ドレス。

武器改造みたいなものがあるようですが、PEシリーズみたいに名前つけられたり
するのでしょうか。マイナーですがこの部分も気になる点です。


★その他
戦ヴァルのPS3カスタムテーマをインストールしたのですが背景が白っぽいのに
文字色が白のみなので非常に見づらいです。せめてもう少し水色足すなり、文字
色含めたテーマにしてほしかったですね。あとは壁紙のみのインストールにする
とか。2種類DLしましたが使えなさ過ぎて微妙でした。

あとはクシエルの矢の読書を2週間ほどぶりに再開して、バリバリに小説に影響
が出てるってくらいですね。早く啓示が読みたいがために現在は大筋以外メモら
ないように結構駆け足で読んでます、3周目。

使徒はもうメモなしで3周目しよう……。時系列のまとめがめんどくさ過ぎる。
時の残滓 第28話
 痛みが、全身を支配していく。ピリッと走る電気信号。イリーは、痛みと同じくらい私を支配している。イリーが私の腹からナイフを抜き去る。傷口を離れたナイフにはほとんど血が残っていない。そして――「あつっ」肉の焼ける音がした。熱いナイフの側面が傷口に当たっている。

 「あはは!いい顔するねぇ。私専属のペットになればいいのになぁ」喜びと恍惚の表情を浮かべて、私の傷口に触れる。やけどの跡が綺麗に消えた。「ど、どうして……わざわざ傷を消す必要が?」傷は消えたものの痛みは残っている。「そりゃ、まあ」考え込むそぶりをする。そして、私に背を向けて「……企業秘密ってことで」面白そうに答えた。

 「質問を変えようか?」振り返って再び冷たい笑みを私に向ける。「あの子、あなたとどういう関係なの?私に教えてくれない?最初の質問は、なかったことにしてあげるから」また、ラギか。「わかりません」ある意味真実だ。それについては私も知りたい。私はエニアの無事を知りかっただけで、ラギには何の利益もないはず。「ふーん。それが本当なら、あなたを取っておく理由はないってことでいいわけ?」これには黙って頷いた。

 そして、焼けたナイフで私の首筋からヘソにかけてなぞる。やけどの跡は一輪の薔薇を私の体に刻み込んでいく。苦痛で時折上げる私の小さな悲鳴。それを面白そうに眺めるイリーの笑い声。焼けた金属のにおいが、部屋に充満している。

 ここで今できることは考えることだけだった。手も足も出ないし、何より助けが来る見込みも今はない。私に手を出してくるということはラギに危害を加えることができない状態だということだろう。「お味はいかが?」彼女の足元では鉄板が白煙を上げていた。心なしか、部屋の中が暑い。少しずつだが白い寝間着の背中からお尻にかかるあたりに湿り気を感じるようになってきた。

 「そんなにあの子のことが大事?それとも、本当に知らないの?」しばらく私の体で遊んでいた彼女が、耳元でささやく。「知りませんね」私がイリーに対して、恐れの感情と何か別のものを感じているということを、彼女は悟っているように思えた。私は、知らなかった。それだけは、そのとき唯一の汚点だったと言える。

 「本当に知らないの?」覗きこんで眉をひそめる。「はい」私が答えると、無言のうちに彼女は短くうなづいて納得していた。「ね、取引しよっか?」唐突だった。「ラギが私たちにとって、どういう人間なのか。知りたいんでしょう?」図星だ。顔に出さない訓練はしているものの、諜報員ではない私にその手の完璧を求めないでもらいたい。

 「ほら、やっぱりね。交換条件は、あなたの体。私にだって私の意志があるの。いつまでもおこぼれ頂戴役じゃつまらないからね」交換条件については、察しがついていた。「そんなことをしたら、あなたもただでは済まないはずですが。何故そこまで?」大体予想はできるだろうが、一応確認のためだ。

 「ふふん。あなたが気にするこっちゃないの。そうねえ、あえて言うなら私のため。それ以上でも以下でもないわけ。どうするの?断るなら断るであなたの体は私のものだけど。ただし、私に乗るのなら話は別」この部屋に何の集音装置も録画装置もないなど誰が思う?もちろん、それを想定しての発言のはずだ。それにもかかわらず、イリーは裏切りの意志を見せている。これも彼女の演技だというのか。それとも、ここの映像を見ている相手への挑戦か。

 「乗りましょう」これは賭けだ。うまくいけば、ラギのことを知ることができる。エニアのことも。失敗したら、それまでだ。今思えば、興味本位で軽率だったかもしれない。それでも、この選択が分岐点だったことは確かだ。

 イリーは静かに笑って、私の唇を塞いだ。天井が、壁が、世界が、全部が縦横に回る。いろいろな衝撃が私を揺する。体が沸騰していく。視界が白に覆われていく。両腕の痛みも、やけどの痛みも、穏やかな熱に癒される。この部屋の最後の記憶は、彼女の真紅のドレスと白い肌色だけだった。イリーがそうした理由は、私にもわからない。最初で最後の、感触だった。苦いような、甘いようなそれは、確実に私を縛っている。

 そして私の意識はふつりと切れて、そのまま落ちた。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。