Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
クシエルの使徒第一巻~真紅の衣:雑感
メモは取ってないので出てきた人の何人かは名前忘れてます。そして、
覚えた人もファーストネームをかろうじて覚えたかどうかですが、大体
の情勢は理解できてるはず。

ニコラが1発でフェードルを気に入ってるんでもうかなり初期から百合
がーーーって展開ですごかった。しかもニコラって緊縛師なんですよね。
だんながアレで、ひどい縁組だったから抜け出したいということもあった
けどそれを差し引いてもフェードルにラブラブっていいわねー。

ニコラのフルネーム忘れたー。と思ったら2巻の紹介に出てたw

アラゴンの人なんだけどアラゴンって言えばエドメの血縁だよね。ま、
ニコラ自身はランヴェールの血をひいてるだけかもしれないが。どうだ
っけ?

しかし、まさかの亀甲縛り。正確には菱形?どう縛られているのか頭で
想像してもなんかよくわからず絵に書いてみたら余計イミフになった。
股縄ってそこに当たるのふつうヒモ1本だよな…?(何の話

だとしたらひもが一本足りない気が。でもフェードルはかなり気に入っ
てるようだった……ほう。

あと、フェードルのテールダンジュにある別荘に雇われたメイド。

彼女も百合要員だと…!?おじさん2828しちゃうよ!ああ、それでドレス
縫うのにためらったのか。かあいいのぅかあいいのぅ。どんだけ惚れ込ん
でるんだうらやま(ry

げふんげふn

もちろん冬至祭のドレスを作ったファブリールも大好きです。ただ、お
針子なのでメイド同様登場回数が少ねぇーーー。裏表なくて好きなのに。
裏表ないけど毒は吐くけどな!

というわけでなぜかたった3日で読み終わった……えええ
スポンサーサイト
FF13独白プレイch.40


クシエルの矢を読み終えて使徒を読み始めたのはいいけど、最初の150ページくらい
はフェードルの下準備でした。その間は前作の復習と新たな敵勢力の見定めに身の回
りのキャラ紹介ってとこだったのでさっくさく。

いや、それはまあいいんだ。矢よりは読むテンポ速いと思う。矢の時はつてがなくて
なかなか確信にたどり着かなかったし知らないところで知っている人が死んだりとか
なんで?だれに?という状況だったのでかなり読みづらかった。

……え

これFF13の記事なんだが、一応。

ああ、FF13のですね、要するにシド戦に時間かけすぎたせいで内容がないよう(氏ね

という状態の動画です。今回。ただ、他の人の動画見ると俺のステータスそこまで極
端に低いわけじゃなさそうです。攻略PTが違いますが。ちなみに補足するとシドは
ライトニングのオーディン先生の手によって即死させることが可能。

だって、クリスタリウム&改造禁止プレイでもそれで倒せてるんだもんな。反則すぎるw
書き損ね
うん、29日の日記、書いたもんだと思ってたら書いてなかっt……
ごめんなさいwww

そして特に書くことない。

生放送ですげー暴走しました。クシエルの使徒宣伝しすぎというか
周りついてこれてねーよ!っていうなんというKY配信だ。個人的に
もっと広まればいいのになーと思います。

クシエルの使徒も1周目は普通に読んじゃってます。

面白すぎて学校の帰りは歩きながら読んでましたが危ないのでやめ
ましょうw←気づいたら家についてた人

でも、まず冒頭の地図が広くなってる時点でかなりびびった。

なんか国の数がまたぐっと増えたような。

そうそう、フェードルのイェシュト語の師匠が変わりまして、80代
のじいちゃんが担当するんですが、なんつーかもう、じじいって
雰囲気のじーさんで本当に笑う。

フェードルにとってはたまったもんじゃないが(意外にそうでもな
いみたいだけど)22歳にもなって体罰講義。いやー1回間違えて
同じとこ繰り返し間違えたからってあそこまで激昂するか普通?

ってレベルなのよ、このじーさん。そしてその体罰に甘美やら
何やらを感じ取るフェードルも自重w

さらに寝ぼけたジョスランが体罰の音を聞きつけてそのじーさ
んに剣を向けようとしてたりもうこれは笑うしかないwww

あと冬至祭の服を仕立てる白薔薇館の神娼もとい多忙お針子である
ファブリール。最後の一文字変えたらファブリーズw そばかすだ
らけでテールダンジュ人にしてはまったく美形の枠にもはまらない
女で、言葉づかいも態度もおおよそ優雅とはまったく言えない。

だから、ナーマー様のしもべとして声がかからない。それで仕事で
花上げする許可を特別に貰ってるんですよ!

出てきてそうそう面倒くさそうに今や貴族になったフェードルに
挨拶しにくるという。まあ裏表なくて好きだけどね、こういうの。
フェードルは気にいらないみたいだけどあとあといい友達くらいに
はなりそうだ。

腕はいいし、自分に正直で的を射た応答する…いわゆる毒キャラ
だけど憎めないキャラだわ……

クシエルの矢3巻:補完メモ
3巻のメモを全くブログに書いてないということに今さら気づいた。

相関図を書きたいけどかなり複雑で俺もよくわかってない部分も多くて
なんか微妙。感想以外にクシエルの矢について書いてるサイトおよびブ
ログが見つからないため参考できるものもあまりなく。

p16
・信頼できると呼んだ人
→テレジス,ガスパール,パーシィ,バルクィール,マルシリコスの貴婦人エザンドの
ロクサーヌ・ド・メレリオ,ショヴァール人学者ティボール・ド・トゥラール
(最後2名はフェードルが知らない人)

p24
・ここで初めてデローネイがモントレーヴ家の子息だと知る

p25
・デローネイの本名は、アナフィール・デローネイ・ド・モントレーヴ。ローラン
ド王子との約束を守り、一生をささげると誓う。この際、まだ存命である父から勘
当され、母の姓を名乗る。母親はエザンド出身のサラフィール・デローネイ。
サラフィールは息子のアナフィールを一時期王家に預けて養育させていた。

補足
・フェードルはクルイスネ語はあまり得意ではない。(2巻でテレジスにクルイス
ネ語で手紙を書いたときに白状している)どうやら発音がテールダンジュ人には
難しいらしい。

p36
・メルコンはドラスタンの従弟でタルバ・クロ(赤牡牛)氏族出身。力で無理や
りアルバを抑えていたためアルバの民からは信用されていなかった。父親(ただし
母系継承のため実の父かどうかは不明。要するに先王)を殺害してアルバの王にな
っていた。メルコンの母親のフォークレーアは、母系継承に難色を示していた。
タルバ・クロは赤毛が特徴なようだ。

p38
ドラスタンは全体的に浅黒く蛮族な風貌が特徴的なクラッハ・ゴルム(黒猪)氏族
出身。片足は生まれつき奇形であるが前線で戦えるほどの強さをもつ。正当なア
ルバ王位継承者。

p47
・春浅い時期(そろそろフェードルの誕生日?)
→誕生日が来ていたとしたら19歳

p56
・フェードル、イサンドルの計らいで花上げ完了

p65
・再び王都エルーアを旅立つフェードル、ジョスラン、そしてヒアシンス

p66
・一応、デローネイとローランドの出会いはティベリウム大学(←名門)

p67
・エドメ(イザベルの前に婚約していた女性)とデローネイは家ぐるみで
付き合いのあった幼馴染。彼女はアラゴン王家ゆかりの家柄だった

p73
・ヒアシンスの本業は貸し馬屋(今のレンタカー屋みたいなかんじらしい)

p77
・ツィンガン一家(ネチと妻ジゼラたち)と取引(クシェスに行くための手
伝いをしてもらう)

p85
・ブリオニア館は金回りがいい=お金大好き(そんな花館あったっけ?)
→強運で知られるツィンガンに賭けごとをふっかけても勝つことができるらしい。
ヒアシンスの母親は賭けの対象にされてテールダンジュ人男娼の子を身ごもって
しまった。

p112
・クィンセル・ド・モールバン(クシェス筆頭領主)に通行料としてフェードル
が自ら身売り。(クシェスはクシエルの矢に見初められたフェードルとすこぶる
相性がいい)

p116
・シグナルを「ペリンウォルド」に変更。ヒアシンスが彼の一家から追い出さ
れた点と一緒に来ているヒアシンスをシグナルにするとクィンセルの不信を
買うかもしれないという理由かと思われる

p124
・クシェス人には投げ矢が流行っているのか?w
(メリザンドも使っていた。ちなみに投げ矢を行為に使うには許可証が必要)

補足
・このあとクシェスからアルバ沿岸経由でエーラへ赴くことになるのだが
フェードルはこのとき初めて海と船を見た

p176-177
・赤みかかった金髪の男の子→ブレナン。グレーンの息子
・ドラスタンの末妹モアレッド登場。黒髪、黒目。浅黒い肌に青い刺青の点。
→ヒアシンスと気が合う

p180
・エーラのダルリアダ双子王(エーラは領主を王と呼んでいるらしい。エーラ
全体を統括するのはクルアハ王)登場。女王グレーン、王イーモン。
グレーンが双子の姉、イーモンが双子の弟。

p181-182
・グレーン→赤みの金髪、灰色がかったグリーンの目、背が高い。
・イーモン→姉より薄い金髪、目は姉より一段階くすんだ地味な色。長身。

→この双子王は、20代半ばから後半に見える(フェードル談)
また、ダルリアダ人は女性戦士も多く、グレーンも剣を引っ提げていた。
それとこの双子の出身はファレア・バン(白雌馬)

p182
・ドラスタン、片眉を両断するように両頬に渦巻き紋様の刺青。

p188-208
・ドラスタンの血縁はモアレッドが末妹、上の妹がブリーデア、中の妹がシ
ーベル。母親はネクターナと呼ばれている(名前忘れたw
・ヒアシンス、ドラスタンの妹達にクルイスネ語を教わるついでにドロモンドを教える。
モアレッドといい仲になっていた。
→その後、なんだか知らないが流れでフェードルはエーラの義兄弟として
迎えられることになっていた(メモし忘れてた)

p227
・メルコン軍との戦闘中、モアレッドがタルバ・クロに殺される

p229
・戦車に乗るイーモンが「手綱」を握っている
→要するに、現在思い浮かべるタイプの戦車ではないということらしい

p237
・バーム館?そんなのあっ(ry

p238
・フェードル、慰めと元気づけのためにヒアシンスと…
(↑なんか個人的にこのシーンキツイというかツライ)

p241
・ドラスタン、黒髪(発覚したってだけのメモw

p243
・グレーン「かたきはとってあげますよ、妹(モアレッドorフェードル)よ。絶対に
百倍以上にしてね」
→怖いよ女王様www

p290
・(フェードルが)薄茶の巻き毛をねじってまとめ~
→やっぱりフェードルは黒髪ではなく薄茶らしい。どっちなのかよくわからんくなっ
てきた。

p326
・二度目のヒアシンストの逢瀬(ぇ
(ヒアシンスは海を渡るためのカギとして島に置き去りにすることになった)

p330
・ヒアシンスとの別れ

p357
・ジョスランが家を出てから12年(=ジョスラン22歳)

p364
・ジスラン(パーシィの息子)はマルクの娘でボードワンの妹ベルナドットと
婚約中。ちなみにジスランはデーグルモールの従兄

p467-469
・セリグ,デーグルモール相討ちで死亡。(デーグルモールのほうは暫く息が
あった)さらに、グレーンの弟イーモン死亡。かなり大惨事になったがなん
とか勝った

p482
・久しぶりのメリザンド。クィンセルに連行されてくる。従弟たちが告発し
たことにより捕まった。

p484
・メリザンドの罪の証拠を持つ人(デーグルモール&セリグ)は既に死亡し
ているのにどうするのか
→フェードルの証言とイサンドルの近衛兵からの証言からの状況証拠で告訴。
死刑宣告

p499
・メリザンド、独房から逃亡
→その直前にメリザンドはフェードルを呼び出して心理的にゆさぶりをかける
(メリザンドはフェードルをその価値から殺さなかったのにフェードルはメリ
ザンドを助けてくれないみたいなことを言っていた)

p508
・テレジスは王命を引き受け生涯にわたって大作叙事詩「日輪女王イサンドル」
を手がけ始める。内容は先のスカルディアvsクールセル王家

補足
・イサンドルとドラスタンの結婚式は夏(というか、テールダンジュに再び
帰ってきた時点で夏)

p514
・グレーン、妊娠3カ月(エーラを出る前にルッスと寝てたのでルッスの子かと
思われる)。→身重で戦場をかけていた。あとイーモンの遺体から首を持ち帰っ
ている。これは彼らのおまじないのようなものらしい。後者についてフェードル
やドラスタンは知っていたがイサンドルにはショックがでかすぎるので言わなか
った。
・イサンドルはグレーンのことを気に入ったらしい

p518
・デローネイと暮らした屋敷は罪状によって取り押さえられ知らない人に売ら
れていたが、結局そのままフェードルは受け取らないことにした(当たり前だ)

p519
・ショヴァールのモントレーヴの屋敷は、デローネイの母→彼の従弟と相続して
いたが、従弟も戦死したためフェードルがこれを受け継ぐことに。デローネイの
母親の遺言による。

p522
・フェードルの本名がフェードル・ノ・デローネイ・ド・モントレーヴに。

p532
・ペリンウォルドで世話になった夫婦パーネル・フリオートとリシェリーヌを
イサンドルの計らいでモントレーヴで雇うことに。

p533
・ヒアシンス解放のためにイェシュト語を学ぶことにするフェードル

p535
・モントレーヴ家に来てから1年の3/4が過ぎる。フェードル20歳。(9か月な
ので誕生日が来ている可能性が高い)この時点で春。

p538
・それからさらに秋口へ

補足
→その後、メリザンドからサンゴワールのマントを返され(ある意味個人的な)
宣戦布告を受ける

3巻終了。

な、長いwwwこれだけのメモを写すだけで2時間かかったとかwww
鳴らないシャッター音
なんかタイトルがホラーっぽい。

それはともかく、何故かここ最近携帯でカメラ撮影してもシャッター音が出ない。
消し方なんて知らないし、むしろシャッター音がないほうが違和感がある。ひと
昔前のデジカメみたいだ。

押してもシャッター音なってない=あれ?撮れてないの???

という感覚になるので個人的にはシャッター音が欲しいんですが。電源を切って
みるとかマナーモードを解除してみたけどやっぱり音が出ない。なぜだー???
機種名は覚えてないけど

AUのパナソニック系で去年発表の黒くて薄い携帯なんですが

うーーーん。

とか思ったらスピーカーごと死亡しているっぽい???ええええええ
FF13FNC:FF13とFFv13の共通性から見るFNCの全貌考察
カテゴリーにFF13FNCを追加しました。FF13はFNCシリーズの一部なので総合的な
考察というか共通点なんかを見いだせるかもしれないし、FNC全体で見えてくるも
のに関する記事を書きたいときにカテゴライズに困ったので。

まあ、要するにFF13FNCシリーズ総合って感じのカテゴリでよろしくお願いします。

また、ネット上の考察は簡易的なものであるため、wikipedia知識がメインです。
本格的に知りたい方はあまり参考にはなりませんが一つの意見的なところで折り
合いつけてくださるとありがたい。

今回の要件は

▼ラグナロクと主人公、そしてヒロインの関連

ということにしておきましょう。昨日、生放送でちらっと話しましたが、FF13小説
内でファングが神官から奪った武器がグングニルではないかという説を立てました。
ちなみにまだ「緋、黒、紫」の意味は分かっていません。

オーディンの槍であるグングニルでファングが神官を襲ったのなら、なんとなく
ライトニングとファングが気が合うように見える理由がわかる気がします、とい
うだけなんだけど。

神官については……

ギリシア神話であれば13の神官は13の天使を意味するんだろうとかあるんですが、
FF13ではキーワードがラグナロクになるので、どちらかというと北欧神話寄りで
すね。

北欧神話にも主要13女神というのがあるようですが現在調査中。

ヘカトンケイルも北欧神話の巨人の名前です。

バハムートは神というより妖獣であり、ベヒーモスと同じものを指すそうです。
そしてもともとは大魚の姿をしており、大地を支えたとされている。

まんまFF13のラストじゃねぇーかwww

という。でもバハムートは北欧神話じゃなくてイスラムの方の伝承で伝わってる
そうですが。

(参考:wikipedia-バハムート-

グラズヘイムにあるヴァルハラという宮殿に、戦死した勇者(エインヘリャル)
をワルキューレによって集め、世界の終わりの戦い(ラグナロク)に備えて大規
模な演習を毎日行わせるという。



また、オーディンにはこういった記述があるので、これがライトの仕事の元ネタ
……かもしれない。

(参考:wikipedia-オーディン-)


ファング死者説とステラ生贄説。ステラの立場がヴァニラに似ているとしたらノク
トを止めるために人柱になる可能性が出てきた。俺の中で



というツイートを飛ばしましたが。。。

あ、時間ないのでまた帰ったら追記するわ

これは何故かというと、ラグナロクの説明に

オーディンの子で光の神バルドルがロキの奸計で死に、

冬が7年続いて世界が寒気と飢えで苦しみ人間のモラルが乱れたのを機会に、

ロキの子の巨狼フェンリルと巨蛇ヨルムンガンド(ミズガルズ)、死の女神ヘルの配下、霜の巨人たち、

炎の神スルト(ロキ)の部下たちの魔物の連合軍が神々と人間の世界ミッドガルドに殺到、

神々と魔軍は相討ちになり、大樹ユグドラシルは海中に没し,世界は滅びる。



(参考:はてなキーワード-ラグナロクとは-


ということなので、このバルドルというのがファングかもしれない、と思った
次第です。なお、小説版でヴァニラはファングのために自らルシになることを
望みますが、実際のところ最初からヴァニラはファングと運命を共にすること
を望んでいたようなことが小説からわかります。

ただ、ファング死人説については、仮にファングが既に死んだ人間だったとし
た場合にファングだけがルシになった時の記憶が抜けている理由に説明がつく。
ヘカトンケイル戦で、ファングが自分がラグナロクになって云々と言ったとき
にヴァニラは否定してますがあれはどこまでが本当なのかよくわまりません。

04:天地の闘争 †巫女パドラ=ヌス・ユールはかくのごとく語れり。

飛翔したラグナロクは、天に浮かぶコクーンを滅ぼし、
グラン=パルスに永遠の安寧をもたらそうとした。
されど女神が破壊を阻んだ。
悪魔に従うコクーンの愚民を憐れんだ女神は、
ラグナロクとなったルシの力を奪い、クリスタルに
変えて、使命なかばで眠りにつかせた。



(参考:FF13およびFF13攻略&交流 EX-POTION)

という断章がありますが、ここに

ラグナロクになった「ルシの」 という点に着目してみますと、どうもラグナロクに
なったのがルシ1人に見えないこともないですね。じゃっかん無理やりですか?まあ
あくまで憶測ですのでそこはあまり深く考えません。

とりあえず、ファングの死でヴァニラが暴走するようにラグナロクになってコクーン
を攻撃してしまったけれども、女神によって強制的に止められたのではないでしょう
か。そうだとすると何故ファングもクリスタルになっていたのでしょうか。

いや、ファングがクリスタルになっていたのかはゲーム中描写がありません。

ファング自身はクリスタルから目覚めたと言っていますが、画面中には一切クリスタ
ル化したファングは出ていません。ファングはヴァニラより先に肉体を取り戻してい
ます。
これは動画編集時に気づいたもので、実況の説明文にも書きました。

コクーンのファルシの奸計なのにパルスのファルシがそれに協力する
形になっている
点も疑問が残ります。パルスはただコクーンと戦うためだ
けにルシにしたが、コクーン側のファルシがそれを再利用しようとした際、ヴァニ
ラのファングへの依存心が高すぎたがためにヴァニラ単体では利用できないと思っ
たのではないかという憶測が出てきました。

シドの例もありますので、ファルシにとって人を生き返らせる手立てはいくらでもあ
ったと考えていいのではないでしょうか。そうすると、ファングは既に死んでいて、
ヴァニラさえラグナロクになればいいので彼女(ファング)をわざわざシ骸になるよう
に細工する必要がなかったのではないかと考えられます。

しかし、コクーンはパルスサイドのルシを選べないので、コクーンはパルスのファル
シを利用したということになります。つまり、ファングはパルスのルシでありながら
コクーンのファルシのよって生き返らせられたのではないか?

ということです。

そのため、パルスのファルシはファングをルシとして認識せず、ただの死んだ人間
という人間としか見なかったためシ骸化することがなくなったのかと。それに、シ
骸やクリスタルにする条件を決めるのが各サイドのファルシだとしたらコクーンの
ファルシにはパルスのルシをシ骸やクリスタルにする能力が与えられてないのでは
ないかとも感じます。

女神はファルシの上位に位置する存在ですので、ファングとヴァニラをクリスタル
にしたままにすることもシ骸にすることも可能と考えられます。最後の展開は女神
の起こした奇跡だとしてそれまではずっとコクーンのファルシの奸計だった、とい
うのはどうでしょうか。

また、ここの予言がラグナロクを予言したヴェルスパーのものとなんとなく一致点が
あるようにも思います。

それともうひとつ

悪魔に従うコクーンの愚民を憐れんだ

と、あるんですが、ということは女神はファング達を憐れんだのではなくコクーンの
人間を憐れんだということになりますね。では、最後の最後でどうして女神はファン
グ達をクリスタルにしたうえでライト達のクリスタル化を解いたのでしょうか。
そしてあのあとファング達は復活することはあるのでしょうか。

最後の最後まで、女神はパルスに味方しなかった、ということなんでしょうか……。




長くなりましたが……

ステラがPVで光の柱を見ることがが死にかかわる伝承であるようなことをほのめか
していたかと思います。まだ調査不足ですが、ノクトと対峙するときの哀しい目か
ら察するに可能性として、ノクトを止めるため、もしくはクリスタルの力の暴走か
なにかを止めるため(要するにラグナロクを止めるため)に人柱になるつもりで
対峙したのではないか?と考えている次第ですね。
FF13独白プレイ ch.39


ま、そういうことです。

サムネを女性陣中心にしてるため、全然物語の位置がわからないこと
がありますがマイリスに進捗度は書いてあったりする。むしろブログ
読まないでブログから動画見に行けば動画のネタバレは最小限……

というわけにもいかにゃい。

理由か?理由を聞くのか?

だって、ブログで盛大にネタバr……ね?

ちなみのプレイ当初ここの部分がよくわからず、今においてもちゃん
と考察できてません。たぶん、レインズが言ってたことの解釈が重要。
覚えておくとのちのヘカトンケイル戦におけるファングの台詞の意味が
多少は正確に理解できるかも。

俺は…あとで見返しておかねば。

俺の(編集時の)記憶では確か、レインズは志半ばにしてコクーンのル
シにされ、もともとはコクーンのために戦っていたのにコクーンを滅ぼ
す手助けをすることになった。でも、やっぱりコクーンは壊したくなか
った。だから、ここでもってライトたちを食い止めてやる。
それがお前たちの救いになるように。

というような感じだったかなぁ。ちがった?
無題
冷たい雨に打たれては 見上げる空に 臨む雲
わたしはひとり 佇んで コトノハ紡ぐ その果てに
叶う願いは どこにある?
ぬぐえぬ痛みは どこへゆく?

つないだ架け橋 綻びて わたしはひとり 佇んだ
つかめぬ雲は 空を抜け やがては 沈む手のひらが
捉える前に 消えてゆく
わたしはひとり ただ眺め




なんとなく久しぶりに詩を作ってみた。昔は授業中に
しょっちゅう書いてた詩。小学校で文集に採用されたのは
俺の記憶では確か算数のノートだったはず。

なのにその詩を採用した当時の担任。

一体何を考えていたのだろう?
百合ネタ?
百合ネタになりそうなものって分家に書いてるものばかりなんで、わざわざ
生放送で言う必要ないのかなぁとか思っている。一騎当千はそういえば書い
てないなぁ。

でも、命張った百合の方が好きではあります。

ローゼンメイデンは最近読んでない。あれ、いちいちチェックするのが面倒
なんですよね。。。というわけでまあ、コミックスが出そろったらでいいか
とも思いつつ。

王女と侍女みたいな主従百合で、彼女たちが亡命する旅とかそういうのが好
きだけどあんまりないね。途中で普通に男好きになったりして。別にそれは
いいけど百合主軸にならないからなんとも寂しい。

せめてどっちかが片想いだと若干救われるのだが。

そして話を変える。

なんか、FF13で泣いてるの俺くらいなもんなんだろうか。歳かなぁ
あっつーーーーいっ
そろそろプールが恋しい時期。妹の高校にはプール自体なかったらしい。俺より
進学校だったはずだが。いや、むしろだからなのか?高校で計ったのを最後に
俺は自分の泳力判定というか自由形のタイム計ってないんだよね。

でも、水泳部もやめたし正しい型を忘れてるうえに、大学生活は体育もあってな
いようなものだったから体力が落ちてる。だから、当時よりはタイム落ちるん
じゃないかなぁ。

たまに市民プールの水深2mのコースにいくと、水泳競技に出るらしい小学生とか
が練習してるんだが、彼らのフォームは本当にきれいだ。もちろん世界選手にも
なればあたりまえのように奇麗なフォームになってるわけだが。

じゃないと無駄な動きになっちゃうしね。

今さらだけどもう一度水泳教室通いたいなぁとか思ったりもするけど時間もそも
そも近くにそれようのプールもない。ついでにいえば、泳ぐのは好きだが水着
は片づけるのが大変なのよねん。

中学の時は体育でも水泳があると生乾きの水着を着回すか2着水着持ってくかし
かなくてねぇ……。

俺個人は小さいころから水泳やってたから(夏休み限定で)深いプールに全く
違和感感じないしむしろ解放感たっぷりで気持ちいいと思うんだけど、一般的
にはあまり泳げない人とかは特に、深いプールはだめらしいね。

もったいないなぁ。
特に意味などない
もはやゲームブログの範疇を大いに超えている点に関しては弁護の余地もない。
最近、一応とはいえ毎日ブログ更新を目標にしているがことごとくゲーム無関
係、しかも何故か本の内容メモがメインとなっているわけでそれはまあ、酷い。

一つのことに集中し続けるのは意外と苦手だったりするのです。

動きがないものを追うのが苦手、ともいいます。

FF13だって、最初は騒いでいたけど結局欲しい情報というか他の人の考察な
んかが全くと言っていいほど見当たらなくて、調査と言うか考察ネタに動き
がなくなったから記事として書くのに飽きたわけですから。

そういう意味では悪いタイミングでツイッターが流行ったものです。

ツイッターだと流れてしまいやすいのでブログよりもさらに吐き出しやすい
分、残らないために当時の状況がわかりづらいという難点もあるわけです。
一過性の情報ではいざネタにしようとしても資料にならないしこちらも覚え
てないという事体になるので自分のつぶやき以外はそうそう考察ネタには
できないんですよねぇ。

もちろん得意分野とかなら別ですが。

このまま、ブログはツイッターにのまれてしまうのでしょうか。
FF13独白プレイ ch.38+コミュ


つーわけで、続き。説明文にも書いたけど前回の動画から4日目の収録でした。
でも、この後の動画メモにはもう何日目かとか書いてなかったりもしてあまり
意味ない情報だったりしなくもない。

それとですね、アップロードする動画の内容と現在編集中の動画の内容がごっ
ちゃになっているらしくたまにブログによる動画解説内容がおかしい気がする。
アップロード前にも動画確認しないといけないかなぁ?

一応マイリスに書く方の進行メモでなんとなくあたりをつけてはいるんだが。

それと、ここのエリアは暗めなのであんまりしっかり探索してないですね。い
つものことですけど。そういえばFF9のラストダンジョンのセーブって最後の
一つ以外一度も見つけたことがないんですがそれだけ俺の視野が狭いってこ
となんだろうか。

とはいえラスボスまでやったのって通算2回くらいなんですが、FF9は。

お?今日ってDL版のFF9の発売日じゃなかったっけ?

まあ俺はもうパッケージ版持ってるし、データだけのゲームを管理するのはパッ
ケージでの管理より失くしやすいので買いませんが。もちろん場所取るっていう
のはあるんですが、やはりパッケージがあると「持ってる」ってわかりやすくて
俺は好きです。

アメリカみたいにカード社会だったら日本もパッケージよりDL派が多くなるんだ
ろうか?

ああ、それとですね



ツイッターでは何度も書いてたけど、コミュ作っちゃいました。ただし、活動は
不定期ですしPCの問題でニコニコ以外からのBGMを音声の裏で流せません。コミュ
メンバーで何かすることがあれば内輪と言うことでコミュ動画にしようかとは
思っています。

ちなみにコミュ名の由来はブログの小説タイトルと女神エトロのイメージです。
あ、まあ小説タイトルもあるけどなかなかどうしてファンヴァニのイメージにも
合うかなぁということもあったので「時の残滓」を使いました。

なんで女神エトロが「月の狂気」なのかは、FF13で起こした奇跡の源と言う意味
とヴェルサスでは死兆星のような意味でステラから語られていため、「闇(絶望)
の中の光」という独自解釈からきているものです。

まだ確定じゃないですが、本日21時くらいから、やれたら生放送やる予定です。
内容はアップ動画についてとやってたゲームについてにするけどあくまで予定。
クシエルの矢2巻:補完メモ2
そういえばアルクィンの言ってた「信用できる人物」が一部間違ってたので
訂正しておきました。バルクィールはドミニク(王弟の義理息子)をデローネ
イ経由で殺害した点についても今、補足しておく。

正確にはバルクィール×→ガスパール○です。信用できる人は。

バルクィールはローランド王子の前の妻候補だったエドメ殺害を妹が示唆し
たという疑いをつけられたということでデローネイとは長年仲違いしていた。
というわけなので、デローネイ殺害を彼が示唆したのではないかという噂が
流れる羽目に。(っていってもこれは2巻の終わりに出てくる話だが)

ま、実際にイザベラはエドメ殺害を企ててベルナドット達をそそのかしたん
だけどね!

というわけで、もはやネタバレ全く自重してないけど……今さらながらこれ
って記事を隠した方がいいの?まあ、3巻まで書いたら分家に移しておきます。

p246
・フェードルの髪が金茶であるような書かれ方がされている。1巻で黒と書
いてあったはずだが単純に髪色が濃くなったということなのだろうか?

p247
・中国がシナと呼ばれている。(絹の入手先ということでおそらく本書でも
中国を指していると思われる)そういう時代らしい。

p255
・まだジョスランが来てから1年はたってない。

p257
・ジョスランの短剣は10インチ(凡そ35cm)

p268-270
・フェードルがレイプされかけてジョスランが相手を思わず殺してしまう。
(キャシリーヌが剣を抜くときは必殺。つまり、誓願を立てた相手を守る
ために殺すつもりがなければ剣を抜くことは許されない)

p294
・キャシリーヌは10歳から剣の手ほどきが始まる。
前にも書いたけど、文章ではっきり書かれたのはこれが最初。

p296
・クシエル様の紋→絡み合った3本の鍵が凝った文様をつくる。ちなみに
クシエル様は地獄のカギをもつと言われている。
(どうもハデスのあたりが元ネタの様子)

p315
・スカルディア脱出の旅へ

p324
・なんという告白タイム(しかもフェードル→ジョスラン)

p326~
・出発から2晩経過。3日目にて崖からジョスラン落下
→4日目は雪。フェードルによくしてくれていたハラルド含めたスカル
ディア人の一群に見つかる。やむなくフェードルはハラルドへ短剣で
心臓を貫き殺害。その他はジョスランが殺害するもジョスランは深手
を負う。

p347
・そして同日の晩は洞窟でくぁせdrftgyふじこlpする二人。
↑しかし、あの傷でよくそんな元気に動けるなぁとか思ったのはきっと
俺だけじゃないと思うw

p360
・さらに数日後、カムラクの同盟軍に見つかり、とっさの偽名が次期
花司候補のスーリアと、花司ジャレトw 
(カムラクはデーグルモールが所属しているが、今回の同盟軍はデー
グルモールの配下ではなかった。ちなみにデーグルモールはバルクィ
ールの配下だったきがするが…)
→結果、失敗したので逃げる羽目に。

p368
・イェシュト人(迫害人種らしい。疫病をもたらしたのが明らかにテ
ールダンジュ人なのにイェシュア人のせいにされてた。とはいえテー
ルダンジュで目に見える差別はないが)にかくまわれる。

p376
・エルーアを追い出されて数カ月が過ぎた時点で、エルーアまであと
数マイル。

p388
・うえにも書いたが、帰ってイサンドルにスカルディアの侵攻とデー
グルモールの裏切りを報告すると死刑宣告をされていたことが判明する。
デローネイ殺害がバルクィール(イサンドルの伯父)に命令よってフェー
ドルが主犯としてやったという疑いだった。これがあって、イサンドル
は最初、フェードルを2重の意味で憎んでいた。

デローネイの出身はショヴァールとされている。そのため、ジョスラン
と同じく王家に保護奉仕を誓った身だった。そして、デローネイはイサ
ンドルの護衛のようなものであった。彼の殺害に伯父がかかわっていた
ら言うまでもなく怒りの矛先は直接手を下したとされるフェードルに向
くのもいたしかたあるまい。

てか、このメモ。ヒアシンスに報告した時のだったかもw

p402
・紺青地に銀の紋=クールセル王家のお仕着せ。彼らは小指に共通の銀
の指輪をしており、これは近衛騎士を意味する。クールセル王家の旗は
白鳥。

p405
・フェードルとジョスランは2カ月以上スカルディアにいた

p413
・ヒアシンス、王の余命があと3日であることをドロモンドで占う。

その後
・死刑宣告を受けているフェードルとジョスランは帰国を悟られないた
めに王宮に保護という形で監禁されることに


そして2巻終了ですな。
コメントについて
今日はこっそり生放送のテストやってましたが何故かフラッシュプレイヤーが
バグりにバグりまくって予定から1時間半もかかってようやく本放送ができた
っていう。時間無駄すぎる。

それでも今日は昨日よりは勉強したと思うけど。英語の予習完璧じゃないけど
単語見ても文章にならなかったし8割は埋めたんだからもういいと思う。勝手
だけどw

資料のコピーを張ると、調べないといけない個所が増える気がするのでせっか
くコピーしたけどもしかしたら一部抜粋でこっちで適当に書きなおすかも。
別にコピーを張らないといけないとは誰も言ってないし、コピーした資料に
あった施設とか人物名が探しても見つからないのでつっこまれても困る。

というわけでやっと本題。

ちょっとコメントのほうについてなんですが。

管理人のみっていうのは結構返信し忘れます。個別で返信する方が面倒なので
記事から直接返信書くことが多いからです。管理モードで入らないとコメン
トの有無事体に気づかなかったりするしね。もうひとつ。

リクエストと、つっこめばいいのかそれとも単なる荒らしなのかよくわから
ない発言があるんですが対応しかねます。

>PCぶっこすれば集中できるお
→マジレス:それはそれで仕事(=課題)にならないw

という回答でいいですか?w

リクエストで歌えーってのがあった。あれはどうしろと?w

もう1人暮らしじゃないので歌うのは厳しいです。口笛で勘弁してくれー。
ってとこだよねぇ。あとやはり普通に考えても文学部の学生にしては忙しい
時間割なのであまり時間に融通が利きません。

少なくとも私の器量では簡単には時間が作れません。その証拠に動画編集も
ままならないです。ニコニコ以外のBGMと声をいっぺんに流すことができな
いPCなので、生放送するのはやる気がない時とひと段落ついたときになるか
と思います。

生活時間の問題で、夜20時-23時以外はたぶんやらないと思いますよ。

土曜日まで学校あるので土曜日にオールナイトしちゃうと日曜日に取り返せ
ないので徹夜は絶対なしです。
うああああ
え?タイトルイミフ?いやぁなんかいろいろまた変なソフトいじってたら10時過ぎ
てたんだって。ばっかじゃないの!?つーわけで今日は何にも……最近いつも勉強
さぼってるな。

一応、教職の感想文用の本を読んではいるんだが。それだけじゃ、なー。

演習用の本をチラ読みくらいはしないといけないのに本腰が入らない。PCつけてる
からいけないのかな。ツイッターとかばっか見ちゃってるしやり始めても集中が続
かない。

調査が必要なレポートが

いや、もういい。演習の課題もあるけど他のレポートもあるし正直どっからどうし
たらいいのかわけわかめ。就職活動関係も動き始めてしまって土曜日すらまともに
動けないためバイトもままならないくらいです。

とはいえ4限で終わる日もあるし金は3コマ分しか学校ないんだから勉強する時間が
ないわけじゃないのに。俺何してるんだろう?どういう環境なら集中できるんだ
ろう?

4月の勢いはどうした?
FF13独白プレイ ch.37


というわけで約束通りうp。でも学校の勉強してない!!マズイ!!!
今日はでも早めに練るもん。いや寝るもん。そういえば、なぜかサムネ
がヴァニラ祭りになってますね。

というのもヴァニラがCGになったときは結構単体があるんですが、
どういうわけかファングがCGのときは男性陣が入っちゃってるんです。
ヴァニラもファングも同じくらい好きなキャラだけどなんかこれじゃあ
ヴァニラ溺愛みたいに見えるなぁ。

次のサムネは百合サムネかファング単品にすると思うけど。

そういえば何気にライトとヴァニラのツーショットがない…。

ヴァニラはセ……いや、彼女のこともあってライトを苦手にしてたみ
たいだけど。一度もライトのこと二人称で呼んでないしね……。個人的
にはヴァニラにも「ライト」って呼んでほしいけど。

独白部分では「ライトニング」って言ってたけどね
クシエルの矢2巻:補完メモ1
1巻のメモが短めかと思ったので、前回のメモの方に追記しました。興味ある方は
こちらへ→1巻メモその6

p11
・アルクィン花上げ完了
(ヴィターレ・ブヴァールはベネディクト夫妻を後ろ盾にイザベル王太妃殺害に
手を貸してストレガッツァの領土を貰っていた。そのことについてアルクィンが
交渉しに行った――正確には脅しに――ときに花上げの残り代金全額貰ったため
時期が早まった。確か。はっきり覚えてない……)

p20
・久々の仕事相手はデソム(このメモいらないな)

p44
・ジョスランは家を出て11年になる
(カシエル様の子孫はナーマー様のと同じく10歳までは鄭重に育てられ、そこか
ら本格的に仕上げられるので、この時点でジョスランは21歳ということになる)

p47
・客としてメリザンド来訪

p49
・クィンセル・ド・モールバン初出。でも確か3巻までそんなに出番ないけど。
クシェス代表で冬至祭に登場する。ちなみにメリザンドはシャーリゼ代表

p88
・そういえばジョスランはいわゆるキリストの修道士のようなものだから禁酒
していたために酒には慣れてない

ページメモ忘れ
・アルクィン曰く、信頼できるのはテレジス、ルッス、ド・トレヴァリオン
(ガスパール)

補足?
・俺の記憶だが、確かデローネイ殺害から半年でテールダンジュに戻り、それから
1年ほどかけてイサンドルとスカルディア人を追い出す。その後、フェードルは貴族
になってって感じだったともうから3巻終了時点でフェードルは20歳ってとこか?

p119
・引用:こうして寒さと~、けだるい快感の余韻に~
その前々のページくらいにメリザンドが「どうせ訊くならあなた(フェードル)に
するわ」と言っている

p129
・メリザンド、フェードルをチェルディッカに送り際
「何もかも済んで、もしもあなたがまだ生きていたら、見つけてあげる」

見つけて、どうするつもりだったんだろう

p133
・キルバーハー(銀髪)→イシドール・デーグルモールのこと
チェルディッカと裏で手を組んでいた

p134
・ギュンター初出。

p139
・ヘドウィグ初出。若くてスカルディア人にしては美人。明るい金髪に大きめの青い目。

補足
・フェードルの身長について。
フェードルの背が低いことは作中何度も出てくるが、大体わかる。デローネイの図書室
の棚の一番上にあったものを取り出す際、一番大きな椅子をもってしてもフェードルの手
は1フィート、およそ35cmほど足りなかったらしい。そこから類推すると、椅子の座面
高さは西洋人向けならせいぜい60cmほどだろうからそれと手から棚の高さおよそ30cmを
引くと

X-90cm=フェードルの身長

となる。ここで、デローネイがものを隠すのにわざわざ脚立を使っていたとしたら予測
が外れるが、ハシゴがあるなら図書室に置かないわけがないので、おそらく本棚はデロ
ーネイにはすべて手が届く範囲の高さしかなかったと考えるのが妥当だろう。

そうすると棚の高さが3mを越えることはまずない。

身長が190cmほどあったとしても肘から手首までの長さは30cm前後だ。そうすると、手の
長さ分が大体20cmくらいなのだから棚の高さはおよそ2.4m。仮に何らかの台座があったと
しても2.7mほどだろう。

むしろそれくらいないと逆にフェードルの身長が小さすぎる(130cm前半になってしまう)
ので、妥当ではないだろうか。

ちなみにこれくらいの棚の高さなら、フェードルの身長はおおよそ150前後ということに
なり結構小柄なのがわかる。


p143
・フェードル、今さら初めて自力で風呂を焚く

p188
・テールダンジュ人を殺しに行くギュンター達を見送り、ジョスランと残るフェードル。
この時点で二人の関係が変わった、書かれている

p207
・ジョスラン、フェードルのためだが初めて人を殺してしまう

p211
・小ネタ。
猛ブルンヒルドが長槍ホバートと組みうちで対決し、女の発言権を勝ち取った。という
スカルディアの故事がある。
→その他オーディンを主神としていることからもスカルディア人にとっては北欧神話
が基本になっているらしい。

時の残滓 第12話
私が東棟へ来てから入り口前に辿り着いたときには、すでにかなりの時間が
経過していたようにも思ったが、実際はわからない。月下並みの薄明りの中
で、煌々と明りをつけようものなら怪しまれかねないからだ。

そうは言うものの、待ち合わせに相手が来ないのは精神的によろしくない。
焦りばかりが私を追い立ててくれた。理由はわからないが、エニアは場所
を提示しただけであって、集合時間を伝えてきたわけではない。

ということは、エニアもすぐに来ると踏んでいいということだろう。彼女
なら。エニアだから。あの人はそういう人だ。いつもそう。きっと、何か
知っている。教えないことには理由がある。いつだってそうだった。

エニアを待つ間、暇を持て余した私を無音と暗闇の空間が包み込んでいた。
懐かしい気がするのはなんとなく寮の自室に雰囲気が似ているからだろうか。
夜の寮はいつもこんな感じだったように思う。

それからしばらく、ただただ目をつむってエニアが来るのを待つ。涼やかな
風がそっと頬を掠めていく。それがとても気持ちよくて。


「あぶないっ!!」


突然、頭上から叫び声が降ってきた。同時に足元に浮遊感を覚える。見上げ
ると、そこにいたのは――


「こっち!!早く!!」


エニアだった。必死にこちらへ右手を伸ばして金切り声をあげている。何が
起きているのかを把握できないまま私は唖然としていた。一瞬の無音が辺り
の空間をごっそりと暗闇から引き抜いたかのように。


「何してるの!!急いで!!」


エニアの声が一際大きくなる。その声にようやく私の体が反応し、私は彼女
の白い細腕に手を伸ばした。下を見ると、今までそこに足場としてあったは
ずの黒い床がすっかり抜け落ちてしまっているのが分かる。

床だったものがあった場所は床よりももっと黒々としていて吸い込まれてし
まいそうなほど。


「っ……もうちょっと、早く反応してよ……ね」


苦悶に満ちた表情で私を見据える。


戦闘職種ではなくとも、一通りの訓練はしているとはいえエニアが乗ってい
る足場も安定していない。この状況で彼女よりも重いはずの私をエニアが支
えていられる時間はそうないはずだ。そしてこの状況を生み出したのはどう
取り繕っても私のせい。


「……ごめん」


エニアを見上げた状態で、私は彼女に謝っていた。謝ってどうにかなるわけ
ではないことなどわかっている。それどころではない。何をしているのか自
分でもわけがわからず、混乱していた。


「あのね。謝ってる状況じゃないでしょー。ほら、自分でもどっか足載せら
 れるとこ探して。あたしひとりであなたを持ち上げられるとでも思ってる
 の?」


私の謝罪が彼女にどう映ったのかはわからないものの、エニアは、半ば呆れ
れたような笑っているような表情と口調だった。ただ、それでもなんとか私
を引き上げようとしてくれている。

足がかりになるような場所を探さないと。すでにエニアの半身まで崖から乗
り出した状態のまま、私は彼女にきつく掴まれていた。こんな状態で彼女が
私を引き上げるのは無理な話だ。


「エニア、手を離して」


悪いことに、目の届く範囲では足場になれそうなとっかかりは見当たらなか
った。そもそも暗くてよく見えない。手元にライトがあったはずなのに、二
人してその存在を頭の中からすっかりと捨て去ってしまっていたらしい。


「絶対イヤ」


エニアの強く意思を持った瞳はぶれることなく私を捉えて離さない。彼女が
私の手を握る力もそれにならった。それでも、彼女に力はそれほど残されて
いないことは、震える腕先から伝播してくる。

僅かだが私の身体が見通しの効かない暗闇の中へ引き込まれていく。エニア
はずり落ちかけた私の手首を掴み直した。だが、徐々に私を繋ぐ頼りない力
は減衰していく。

これ以上は――


「足場になりそうな場所がない。エニア、手を離して。でないとあなたまで
 落ちてしまう」


私がエニアを巻き込まないように力を抜いても、彼女は首を大きく横に振っ
て頑なに私の手を握りしめている。私は、私の瞳に映り込む彼女の蒼白な表
情を捉えてしまう。

綺麗で透き通っていた瞳は見開かれ、私の足元に広がる暗闇を恐れるような
そんな表情。私は、彼女を傷つけているのだろうか……。絶望と恐怖を宿し
たエニアを私は初めて見たような気がした。

それこそ私の勝手な思い込みなのかもしれない。私が心の内でそう信じたか
っただけなのかもしれない。でも――その濡れた瞳は何?どうして泣くの?


「離さないからねっ!……絶対、絶対にっ!!」


エニアの瞳から零れた涙が私の頬に当たる。胸に突き刺さる震えた声が私の
中で木霊する――私は、この手を放してはいけないんだ。

でも――

私がもう一度彼女の手に力を入れ直そうとした時。エニアを支える黒い床が
大きく振動し始めた。その衝撃で、エニアの力は一瞬にしてバランスを取る
ことに集中させられたらしい。


「ぁ……っ、ぃやっ……いやっ……」
FF13独白プレイ ch.36


昨日ブログ更新するの忘れてました。動画編集してたら1時になってたよ!!
学校は遠くないので8時過ぎに出ればいいんだけど。というわけで詰みか所
に入りました。

ここからしばらく詰み戦闘が続きます。

でも、他の人の動画見るとこの戦闘2,3回で撃破できてるんだよね。やっ
ぱり人選とゲーム慣れのせいなんだろうか。俺はあくまで女3人PTにこだ
わっているので……特にデフォルトでは誰もヘイストが使えないのが微妙
に痛い。

ちなみにちょっとだけ別PTにしたことはあるけどクリア後まで勝つこと
はありませんでした←

スモークも現時点では貴重品だしねー。本来は下手な戦闘ならスモーク
を落とすはずなんだがあまり数もないしそもそも戦闘してないしw
一応、この後ミッションこなしてたらスモーク売ってるショップもあった
けど、「高い」しね。

数百万貯めるのに20時間くらいかかったはずだし。

ま、とりあえず今回はあまり見どころもないので次回は……

日曜日辺りにアップロードできたらいいんですが。
さむいんです
写ルンです。風なタイトルにとくには意味はない。

動画の編集ですがまたしばらくおあづけになりそうです。というのも、1回目の
ゼミの補足と、英語&教職の課題、ゼミの感想レポートのまとめだけでも今週中
にやっておかないといけないわけでして。

あと一応教職の問題集もやらなきゃいけないけど。

今週はほとんどレポート書いてないので少しでも巻き返さないといけない点も
あってあまりまとまった時間がとれません。あと、習字というか書道のせいで
両手の親指の付け根が痛い。

右に倒して書くと多少マシに書ける、ということで実践したはいいもののこの
体勢で90分なんぞもつはずもなく、ものの15分で左手が死亡しました。仕方なく
右手で書いても力の調節ができないために逆にきたないっていう。

左利きのハンデください。まじで。これで点数でなかったら泣く。

一応、動画の方は次回戦闘のみになってしまうので次次回(37本目)は多少早め
にアップロードする予定ですが次回については5日以内にならないかもしれませ
ん。そのときは投稿動画の説明も修正しますね。

残数が10点と残り少ないのですが……5日で1本ペースだとあと50日分というこ
とで一番忙しい時期(=7月)に入る前に動画が切れてしまう……。これは避け
たいとは思いつつも6月は祝日もないうえにさらにゼミのレポートが2つも被っ
てしまっているために余計に時間がないというね。

5月はそこまで忙しくない予定だったんだが……。

ヘカトン様のせいでいろいろと時間を食いました。

あ、何気に7月よりレポートの数は6月の方が多いのか。7月はテストがある。
うーん、レポートがひと段落ついたらじゃ遅いんだよな。じゃあここはひとつ、

時間がある日(月、水、金、日)は図書館行って。あまりない日(火木土)は編
集に回そう。火曜と木曜は5限まであるし土曜日はバイトがあるので図書館に行
っても時間がなさすぎるので。

それでも家に帰ってから寝るまでに使える自由時間は2時間程度なんですが。

朝くらいしか動画見る時間が……orz
書き直したい衝動
FF13のSSもどきを今さら書き直したいとか思っていたりする。まあ、あれから
たぶん2カ月以上放置してるしね。確認してないけど。何に影響されたかはい
わずもがなってことで完全にクシエルの矢に影響されているってことです。

レポートの文章がどうもクシエルの矢の地の文に似ている。。。

影響されやすいんだなぁと常々思う今日この頃でした。ちなみにハルヒ読んで
た時の考察記事なんかもキョン口調みたいな風体になってましたけども。そう
いえばフェードルって相手によって全然口調違うし、表裏激しい(思ってること
と実際の言動が結構違うw)のでキャラクターとしても面白いんですよね。

ポーカーフェイスで内心罵倒しまくってるみたいなノリ。

そして読んでて思ったけどクシエルの矢は2周目の方が面白いかも。

ああ、そういえば「姫神の巫女」がいつのまにか更新されてましたね。全然気
付いてなかった。あと、漫画の方でどうも神無月の作者がスピンオフというレ
ベルを超越した千歌音と姫子の話を書いているようです。ただ、感想を見ると
どうも千歌音が大暴走しているっぽいのであんまり見たくないようなw

あれですよね、京四郎のDVD特典部分だけにしてみた、って感じですよね。た
ぶん。神無月の原作の方もアニメはドシリアスだったけど漫画は同人誌っぽい
ので期待はしない方がいいかもしれない。

感想しか見てないけど、なんか千歌音がドMで迷惑で目立つ美人って感じのキャ
ラになっているらしい。ドM設定いらねぇwwwあ、ただしドMは姫子に限るら
しいけど。


そして姫神の方は、アニメの監督も参加している方なのでこっちはアニメに近
い雰囲気かな。若干、ホモフォビアな感じの表現になっているような気がしな
いでもないけど。

だって、当人同士はどう見てもお互い好きなのわかってるような書き方されて
いるのに

「女の子同士は男女でやるようなことはしないものだ」的発言するし。第三者
がそれを言うのはまあキャラクターとして許容するとしても、当事者が言っち
ゃうの、それを?ってところだね。

ただの考えすぎかもしれないけど気になった点ってことでね。
メモはおあづけ
クシエルの矢は、読了までメモが少なそうなのでブログへの転写はのちほど
ってことにします。もう2,3日で読めそうだけど次の課題分の本も読んで
おかないといけないので微妙なところ。

そしてクシエルの矢は放置で使徒を読み始めるか、はたまたフェードルとメ
リザンドの初夜を読むために2巻も読むのかとかはううーーむ。悩むところ
ですね。

今日は4コマしかなかったのに宿題すらやってないとかどういうことなの?w

英語の訳もちらっとやっておかないといけないんだが……。

明日雨なら英訳やろう。晴れたら風俗文化(民俗伝説も含む)関係の本で気に
なったページのコピーだけ取っておくくらいはしておくことにする。東京
しか載ってないものじゃないといけないとかいう制約がなかったことに今さ
ら気づく俺はバカだ。

東京が発祥じゃなくてもいいからどういう経緯で東京に入ったとかを説明
できればいいんだろう。レポートはどうまとめるのかよくわからないけど
全部の班の発表を1つのレポートにまとめるということなので資料を明示
できてれば及第点ってことみたいだし。

今日はこんなことしか書くことなかったw

ただの日記だよ。

誰が見るのこれ。

なんという誰得
クシエルの矢1巻:補完メモ6
p195~200あたり
・パーシィ→フェードルはド・サマヴィーユと呼んでいる
・フォルケー伯→ガスパールのこと
・テレジスは以前、歌で往復各1回、早瀬の主に通してもらったことがある
・クルアハ王=ピクト王。ピクト王は学者間での呼び方でクルイスネ人の間では
クルアハ王と呼ばれる。
・クルアハ王の妹の息子はドラスタン。ドラスタンは生まれつき脚が悪い

p187
・クルイスネはピクト継承法により、母系制をとるためドラスタンの妹たちのほ
うが王位継承権を持つ。らしい←あってるのか理解できてないw


時系列メモ
・アルクィン16歳の誕生日に入札される。(当時フェードルは15歳)
・数週間にわたってクルアハ王ドラスタンがテールダンジュへ
・それから半年ちかく経過すると年の瀬(ということはアルクィンは
どうも夏生まれらしい)
・さらにフェードルの誕生日から数週間たって初仕事。この時点で
フェードルが16歳ということなので、アルクィンはフェードルの1コ上
ということになる。


p235
・事件の一年目(事件?が何かよくわからないが、おそらくフェード
ルにとっての事件ということであればデソムとの初仕事かと思われる)
→デローネイが「フェードル=アングィセット」と公開した年

補足
・フェードルは本番よりも痛い方が好きらしい(好きな相手のぞく)

p241-243
・王妹リヨネットと玉璽のソレーヌが敵対。リヨネットがソレーヌを出し抜こうとしたため

p244
・ボードワン率いる求勝者部隊がテールダンジュの若い娘と食糧を虐奪
していた

p249
・スカルディア王、ヴァルデマール・セリグの名前初出

p251
・それから数カ月経過。クルアハ王殺害の噂が流れる。

p260
・ストーブが必要な時期らしい(西欧だから寒いの?)
・ヒアシンスよりアルクィンの方が年上(あんまり変わらん気がするが)

p281
・フェードルはボードワンへの餞別兼誕生日プレゼント
(メリザンド主催の誕生日パーティーを抜け出した腹いせも兼ねる)

p284
・デローネイはガスパールと疎遠になったまま仲違い状態。(詳細は
p252あたり。仲違いの原因はガスパールの従兄マルクによる王命への
反目)

p286
・さらに一週間経過。デーグルモールがトレヴァリオン家を謀反の罪
で告発。


5/15追記
p311
・ボードワンの妹→ベルナドット・ド・トレヴァリオン
容姿は兄そっくりだが臆病。初出は忘れたが3巻にも出てきてたような。

p158
・書き忘れ。イサンドルはうんと薄いブロンドの髪と色白な肌

p319
・冬至祭から9年経過の時点でメリザンドによってフェードルがお餞別に。
(↑ということでこの時点でフェードルは18歳。なんか計算間違ってたの
かな……俺の計算ではまだ17だったんだが)

p334
・ぺリンウォルド屋敷初出。ちなみのこれはのちにシグナルとして使われる。
ここはセシリーの執事が管理しており、フェードルとアルクィンが泊まりがけ
で乗馬を習った。

p342
・アルクィンの馬車がベネディクト王子(王の弟)の二女テレーズの部隊に
襲われ、ギイ死亡。どうも旦那と共謀してやったらしい。関係ないけど長女は
マリー・セレスト。この名前って沈没船になかったっけ?w
(補足すると夫婦の旦那側はのちに追いかけられた末に死亡。たしかルッス
かバルクィール(イサンドルの兄)の部隊にデローネイがかけあったという
話があったはず)

p364
・もう秋。ちなみにボードワンの誕生日は夏。一応1年はまだ経ってないよう
なのでフェードルは18のままか?

p373
・ジョスラン初出。意外と遅かったか。明るいブルーの瞳と赤めのブロンド



とりあえず1巻のメモはここまでです。

FF13独白プレイ ch.35


百合ヲタもどきによる、百合スキーのための、ガチ百合動画が始まr(ry
いや、そこ石投げないで~っ

つーわけで、説明コメにも入れたようにこっからずっと百合のターンな
わけですよっ。2828してくださいとばかりに百合、百合、百合!俺程度
の百合フィルターでさえ感度ビンビンにキャッチできます。

って言ってることイミフ。

ファンヴァニ









そして今回のサムネ候補。なんという百合祭りwwwこれは酷い


まあ、だまされたと思って見てみなって。どう見ても告白シーンです。
本当にありがとうございました。ファングが押せ押せに見えるけど個
人的にファングは受けでいいと思うんだ。

ん?なんかデジャヴ。

前にも書いた気がするというよりほかに書くことないのか?ってとこ
ろだけど気にしたら負けだと思う。さて…クシエルの矢をさっさと2周
目読んでしまわないと。

1周目よりサクッと読めるはずがメモのせいでなかなか進まないってい
うね。気づいたら明日ってゼミの日じゃん。明日はゼミの感想も課題
の一つだからちゃんと聞いてないといけないな!

いや、課題になってなくてもちゃんと聞かないといけないけど。

俺聞いたことを覚えてるのって苦手なんだよ。だからアニメや音声で
進むゲームよりも漫画や小説の方が理解度が高いんだよね。注意力な
いから動くものを注視できないというのが正しいのかもしれないけど。

いずれにせよ会話から内容を理解するのがすごく苦手なのです。

そのせいで説明も下手です。

どうやって訓練したらいいんだろうなぁ。
夢?
夢日記 携帯からなので手身近に



俺は、どうもバスで学校の宿泊学習から帰ってきたらしい。場所は今住んでいるところだがそれは地名だけで見た目のそれは見覚えがない。よくある緑の鉄線フェンスに囲われたグランドが目の前に広がる。フェンスと道路の間にある歩道に降ろされることになった。そして、降りる直前になって

『降りたらTVからインタビューがあるから』

とあっさり教師らしい男が言った。ここで降りるのは俺以外には女1人だ。理由はわからない。だが、俺は逃げるようにグランドの中に駆け込んだ。グランドの中央にはところどころ黒く汚れた白い壁の校舎が佇む。そこへ飛び込むさいに両親が怒鳴りつけて俺を追うのが目の端に映った。

観音開きの扉の向こうにはキャットウォークがあり梯子で床と繋がっている。俺は迷わず梯子を掴み、登った。息が切れて胸が痛い。キャットウォークに上がるとまた梯子だ。下の方から父とTVスタッフの怒声が聞こえる。俺は目の前にぶら下がる梯子に手をかけさらに上へと登った。登った先には扉があり、躊躇うことなく俺はそこへ吸い込まれに行った。

少し廊下を歩くと階段で女が座り込んでいるのが見えた。どうやら学校の生徒らしく体操服に身を包んでいる。座り込む女は溜め息をつき、遠い目をしていたが俺に気付いて顔を上げた。どこか彼女と俺に共通点があるように思えて、しばらくは見つめ返していた。

しばらくして彼女はつい、と顔を背けて何か呟いていたがあいにく俺には聞き取れないほどの小声だった。忠告のようだったが。


<補足 pm16時ごろ>
校舎は白い壁で床は緑のビニールという体育館のような建物だった。覚えている限りではさらにそのあと校舎がスプリンクラーかなにかで水没し始め、そして俺は脱出を試みる。脱出先で見たものは茶色の髪の長い女と少年2人だった。彼らは何かに襲われて逃げている途中だったらしい。荒野となり果てたグランドを俺とそいつらはともに走る。そして目が覚めた。

うん、夢だからイミフ。

茶髪の女はどうも戦ヴァルのアリシアに似ていたような気がする。廊下で座り込んでいたのは小学生時代の知り合いに似ていたような違うような。ぽっちゃりしていたと思うが顔が見えなかった。
あぁ・・・
久々に寝落ちしてたらこんな時間になってしまった。。。ゴメンヌ。ちょいとクシエル
の矢のメモが大分たまってきたのではき出そうけと思ったわけだがこりゃちぃっと先延
ばしにしないといかんわー。

つー、ふざけた記事はさておき。

クシエルの矢に関してはメモはあるものの、今回あまりページ数とかをメモってなかっ
たりするので別途まとめる必要が若干あったりするわけ。だからこの記事ではなくて
次回以降におあづけ?ってことにさせてくれ。

とりあえず、今はフェードルが16歳の夏っぽいです。5月くらいの西欧って寒いんだろ
うか。夏にエアコンいらないくらいの気候だからなー。なんかフェードルが春生まれで
その数カ月後って書いてあるのにストーブ出てくるし。

あれがただの調理器具なら別に年がら年中機能してても問題ないわけだけど。

戦車が出てくる時点って何年くらいなんだ?今度調べてみようかなぁ。少なくとも中
世以降だよな。出てくるとして。ファンタジーだからそこはご都合主義でって言われ
るかもしれないけど。

クシエルの矢シリーズは「歴史ファンタジー」って分類なんですよね。別に中世を
舞台にしたとかは全然書いてない。とはいえ近代なのに銃器があまり出てこなくて
未だに剣術と弓術がメインってのも違和感があr

うーーーん。

と、思ってちらっと調べたけどエンジン駆動ではなく戦闘用馬車が戦車って呼ばれ
ていたようです。あれ?でも馬なんかついてきてたかなぁ。文の中に。覚えがない。
でもそれっぽいけども。とはいえクシエルの原作の中では戦車に乗って移動してい
るから安全みたいな描写があったような気がしないでもない。

馬車じゃその辺の歩兵でも壊せそうな気がするんですけど……。

ううーむ。軍がらみの知識はほぼないからなぁ。軍オタってわけでもないし。兵器
を調べるのはあんまり興味ないのよねー。

それと、こんなの発見↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%88%A6%E8%A8%98

ガリア戦記。

えええ。学校の講義中(ちなみに教職がらみの科目)にプリントでガリアが実在する
みたいなのを見つけたのですが、戦車調べてたら偶然こんな記事を発見。戦ヴァル
に関係あるのかなぁ。

ガリアとはフランスのルーツらしいとかローマ帝国のことだとかよくわからない記
述になってるけどとりあえず西欧の一部らしいね。ガリア人の定義の中にケルト人
とも書かれてたけどケルトは北欧じゃなかったっけ?

調べ出すと止まらないのでこのへんにしておく
編集とレポートとその他
ごめんなさい。今日もただの現状報告です。そういえば、いくら長く続けていても
ブログでは―特に日記―評価されないというのをどこかで見ました。私がほぼ毎日
ブログを書くようになったのはニコニコで活動を開始してからですから、実際にブ
ログを続けているのはほんの2年ほどにすぎません。

確かに感情の吐露であることが大半であることについては否定しません。が、生き
ている証拠としての価値は今日のニュース等でもわかるように、ないわけではない
と思います。

それが社会通念として価値があるかについては私からはよくわからないのですが
続けたから何かが上達するということはなかなかないですね、ブログの場合。そ
の意味では確かに続けていても評価されないというのはわからなくはないのです。

何か一つでも誰かに評価されるようなことって私はしてるんだろうか。

ええと。

動画編集をしようとも思いつつ、レポートもやらなきゃ、本も読みたいし動画も
見たい。ってやっているためどれも中途半端になっています。レポートを最優先
にすべきではあるのですが進退窮まってしまうことが多く懸案事項を残したまま
別の行動を始めることになります。この状態だと何をしていても気になってしま
うので何をやるにしても集中しきれなかったりだらだらと同じことを繰り返すと
いう無生産なことになってしまうんですよね。

現在は、完成したレポートは3点で、うち提出済みが2点。調査のみしたものが3点
ほどあり、どれもデータの整理ができていません。関連文献の探し方が悪いのか
収穫がほとんどないからです。

データは存在するだけでは無価値なので、データの意味を探る必要があるので
すがどうもピンと来るタイトルの本がなかったり、そもそもあっても図書館に
はなかったりという。

現在、一番悩んでいるのが

東京論

です。

大きなテーマとしては風俗・文化なのですが6月下旬締め切りなのに全くテーマ
が決まっていません。いくつか事象や生活用品、遊びなどのテーマに絞っては
見たものの発祥が東京でなかったり、資料がなかったりなのでどこから引用し
たものかと……。あとは調査結果が完全に出てしまっているものしかないと
かもありますね。

参考資料が載っているのであればそれを調べることもできるのですが、当該書
籍(調査結果をかいた本)に対する独自解釈というか、評論のようなものになっ
てしまうので……それでもいいのかなぁ。

それだと読書感想文とか小論文みたいなものになってしまうのでゼミとして出
すのはなーんか違う気がするんですが。
やる気の出ない日
うーむ、昨日は寝るのが遅かったのか午前中から集中できず、せっかくの空きコマ
の大半を寝て過ごすという暴挙に至ってしまった。次のコマではそれなりに頭も冴
えたしちゃんと起きていたけど。

本当は2科目くらい調べる予定の科目があったんですが、PCで関連書籍があるかど
うかの検索とレポート用の本を読むだけで終わった。本来は一番時間のかかる研究
系レポートをちょっとずつでもやらないといけないわけなのでこれはゆゆしき事態。

なので今日は目標12時までにベッドに入る。1時までに消灯する。

ということにします。勉強できなかっただけならまだしも講義に集中できないのは
さすがにアウトだ。とはいえ2コマ目は好きな科目だったから普通に起きてたけどね。
あの先生無駄にテンション高いから釣られてテンションあがるんだ。

知ってるだけでも週に3コマ持ってて、一つはゼミなのにすげーバイタリティある人
だなぁと個人的に思ったりするんだが。いや、それくらいだと普通なのか?小中の
時間で換算したら週に6時限だけど教科書ないから資料作成からしないといけない分
大学の教師の方が大変だと思う。

4年の卒論もあるし。いや、卒論で講師がやるのって基本発表の評価とかじゃないの
か……?知らないけどさ。

えーと、課題の方ですが……家でできるものでは、教職の課題でのアンケートのま
とめと読書感想&要約の2点です。ただ、あまりやる気が起きない。エッセイを要約
ってどうしろって言うんだろう……。

まあ、大体は箇条書き→文章化って感じでやってんだけどね。選んだ本は比較的軽
めの文章だったから2時間ほどで読めた。問題は下世話なネタが多いことくらいで
これをレポートに書くのはなんとなく憚られるような気がしてならない。

そこだけ省いてもいいんだけど。んんん。





すっかり忘れてたけど5月はブログ創設月なのです。きっかけはまあ大学の人間関係
だったりもします。というわけで、ブログ創設から4周年の月ということになります
ので、今年もよろしくお願いします。
あーつーいー
今日は大量に写真を撮ってきました。御神輿とかいろいろ。レポート用なんです
けど今日は暑くて大変でした。という小学生ばりの日記を書いてどうするよ、俺。
そうでなくて。

先週とは打って変わって夏と言ってもいいほどの暑さですね。

昨日は下着+毛布で寝てました。これくらいの気温だとパジャマに何着るか悩む。
先週はフリースに起毛のルームパンツだったけど。さすがに全裸だと布団が汚れ
そうなので下着だけは脱がないけどね。

今はとりあえず薄手のジャージ上下だけどこれでも暑いな。Tシャツ+短パンの
寝間着の方がいいかもしれん。これ以上暑いと下着で寝た方がいいっす。俺個
人は体質的にあまり汗をかかないので気温で意識が飛ぶなんてザラなんだ。

夜中の2時とか3時に目が覚めて水を飲みに行ったりします。

早起きなのはいいけど全く疲れが取れないよなぁ。

あ、意識は飛んでも一瞬なので大したことはないです。あれ?これ何度も書い
てない?wキニスンナ
FF13独白プレイ ch.34


むう。大分編集に追いついてきたな。ストックはmp4になってるのがあと5本。
なってないの含めたらあと10本くらいだったかな。13章までは安定してるの
であと5本分くらいはサクッと編集できそうだけどね。

それはともかく百合回。というか前回の動画もコメント指定ピンクでよかっ
たはずだがしてあったかな。ファングはともかくライトたちってなんで一緒
に来たんだっけ?(笑)みたいな感じになっているような←

あ、セラを助ける手がかりを探しに来たんだっけ。

その他は単純に逃げるため?

あれ?wそんな理由だったかな……えええ。そういえばコメントに過疎動画
乙みたいなのがあった。実際そうだけど何か?wそれはそうとこのシリーズ
が終わったらやりたいゲームも時間もないので少なくとも半年は休止すると
思うよ。

あ、昨日は寝るの遅かったから結局クシエル読んでないw
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。