Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
FF13:プラウド2回目考察メモ
昨日からFF25周年記念RTA見てるんだけど、FF13でプラウド2回目を女PTで抜け
ているチャートでのやり方を見てきました。いやぁ今までこんな終盤に女PT使う
の見たことなかったんです。

というわけで、覚えてる範囲、分かる範囲でメモ

リーダー:ライトニング
→火力を上げた上でブレイクしては、〆に召喚斬鉄でフィニッシュ。なんかずっ
 とBLAやってた気がする
ヴァニラ:HLR担当、ときどきATK?
ファング:DEFとATK?JAMは使えないからな、この戦闘は

あとは使えるように練り直す。4分台目指すならTA。低ステータスだとどこまで
かわからないけど。改造しないとキツイことはわかる。
スポンサーサイト
FF13:パルスとコクーンの形状考察
ごめんなさい、考察というより以前ツイートしたネタで見つからなかった
ので覚書です

考察って言うか、すくなくとも今から半年以内の過去のツイートで

「コクーンが球体ならパルスは平面の可能性がある」

という旨の発言をしていた記憶がガッツリあるのだが、肝心のツイート
まとめ記事を誤って削除していたらしい。こうなるとググっても出ない
のでもはやあとづけの言い訳になるのだが。

球体はいくら回っても終わらないのに対し、円。つまり平面の形であれば
見る位置を変えると終わりである【フチ】ができますね。
つまり、世界の先端には何もない状態。

仮にそうだったとしても、コクーンはファルシの能力の一部と思われる
浮遊能力がなければ浮かび続けることができなかった。
何とも皮肉。

あくまで可能性の話としてツイートしていたのですが

まさかLRFF13で平面な世界がでてくるとは

その設定はパルスやコクーンのものではありませんがなんとなくシンパシー
を感じるのでした。

あ、LRFF13のカテゴリは作ってませんがFF13無印総合ということで今回の
カテゴリはFF13にしてあります。今回は覚書なのでこのへんで。
動画は来週頭には上げたいです(´・ω・`)
小ネタ
 「んっ……」ライトが体をもぞもぞさせている。「どうした、ライト?」テントの中に
緩衝材を敷いていたファングが手を止めて尋ねた。テントは、この平原に不時着してから
データ通信端末で購入したものだ。中古テントで、ところどころ色が禿げていた。

 「いや、……背中が痒いんだ」言うそばから身震いをさせている。「脱げばいいじゃね
ーか」もっともだ。ニット地のノースリーブの上に平織りの固めのジャケットが背中を覆
っていては、なかなか掻けるものではない。

 「それはそうだが」それでもライトは渋る。「なんだ?届かないんなら私が掻いてやる
ぞ」敷き詰めた緩衝材をぽんぽんと叩いてなだらかにする。「そうじゃなくってだな」申
し出を断るライトを無視して、ファングは後ろからライトの肩を掴む。次の瞬間、ライト
の口から洩れたのは、いつもよりワントーン高い小さな悲鳴だった。背中に何か入り込ん
だのだ。振り向くとファングが腰から右手を突っ込んでいる。

 「や、やめ……」ライトの制止も聞かず、ファングは入れた腕で背中をまさぐる。「こ
こか?」ごそごそ動かしていると何かに指先が触れた。「い、痛っ」その声でファングは
驚き、背中から手を抜いた。

 「……血?触っただけ、だよな?」指先がうっすら赤黒く染まっている。ファングは自
分が力を入れて引っ掻いたのかと気が気ではなかった。ライトの方は、うつむいて座り込
んでいる。「ライト、やっぱり脱ぎな」ライトは答えようと口を動かしたがパクパクさせ
るだけで声にはならない。背中から半ば強引に抑えつけられ、上着のホックやらなんやら、
とにかく上半身を覆っているものを引きはがされた。

 「どったのー?」男性陣が全く役に立たず、そちらのテントの手伝いをしていたヴァニ
ラがライトたちのいるテントを覗き込んだ。騒ぎを聞きつけて気になって来てみたのだと
言う。

 「うわ、ひどいね……それ」ライトの背中を見て、ヴァニラは感想を漏らした。「そん
なにひどいか?」当のライトはトーンダウンした声を出してうなだれている。背中の上半
分には十か所ほどの小さな赤い点が咲いていた。「そりゃ、痒いはずだわ。なんでこんな
になるまで放置してたんだ」ファングは呆れながらそれを眺めている。

 「水浴びの時に蚊に食われただけだ。すぐ治る」そう答えながらファングの放った服に
手を伸ばす。「そうじゃねえだろ。こんだけ血とか膿とか出てるのに、普通の蚊だとでも
思ってんのか?」ライトの手が止まる。「は?血?」素っ頓狂な返答をするライトに、フ
ァングとヴァニラは説明してやった。

 なんでも、ライトを刺したのは水棲の蚊で人の皮下に卵を産みつける種類らしい。刺さ
れた直後は痒みがあるだけだが、数日経つと卵が皮膚を溶かして養分にし始める。ところ
どころ膿が出ている部分は、小さな幼虫が生まれている証だ。水深のやや深い所に住み、
ファングとヴァニラに投げ入れられた時に刺されたのだろうという意見が一致した。

 「とりあえず、月花の種があるからそれで軟膏作るね」ヴァニラの提案でそうなった。
ライトの方は、数日前に刺された時の状態が割と気味が悪かったようで治るまで放置し
ているつもりだったようだ。「ほら、動くなよ」ファングはライトをうつぶせに寝かせ
て上から肩を両膝で押さえつけた。

 長針と小刀で幼虫や卵を抜き出すのは、ひと仕事だった。ライトは背中を切り開かれ
る痛みに耐えなければならなかったし、ファングはそんなライトを抑えつけつつ慎重に
作業しなければならなかったからだ。特に幼虫は尻尾の先ほど残しただけでも再生して
しまう。

 ようやくその作業を終えた頃、ヴァニラも軟膏を持って現れたがその薬も結構なもの
だった。いい匂いはするものの錯乱作用を持ち、よくしみる。慣れないライトには刺激
が強すぎたのかもしれない。痛みと錯乱で気絶に追い込まれ、そのまま日が暮れた。
考察メモ的何か(ニーア&FF13)
最近、更新してもSSだったり日記だったりしてあれなのでたまには考察ネタ。
といいつつ、ネタだけです。本腰入れて考察したいネタがないんですよね。
ツイートレベルのどーでもいいネタばっかですが。

☆カイネの事実
主に過去について。ドラマCDでは遺伝子操作とかで強化されたって説明だった
が、本編中のカイネの過去を見るとそれほど肉体的な強化をうかがわせる描写
はない。レギオンの力の発現に時間がかかるとか、何かしらのトリガーが必要?
ドラマCDでも本編と同じようなショックで力の発現があったが。


☆ライトとファングの関係
個人的にはファンヴァニも好きですけどファンライの方が楽しい。考察という
よりただの妄想だが。ラブラブなカップルが独り身をいじるような関係が勝手
に浮かぶ。

しかし、セラの一件でいろいろあって、結局ファングとライトが仲良くなった
わけで。あれはファングがライトに生きる希望を見せたからっていうのが理由
だろうけど。だがファング側はライトをどう思ってたのかあんまり書いてない
気がする。


☆ライトとヴァニラ
なぜかファンライよりはライヴァニのほうが需要がありそうな検索結果が出た
ことが気になる。この二人、本編も小説も含めほとんど絡まないから。あと、
ライトはヴァニラを名前で呼ぶが、ヴァニラは回想で「ライトニング」と呼ん
だことがあるだけで、本人を目の前にして呼んだことがない。

再会後のヴァニラはファングとずっと一緒だったし、ライトはそれを見てただけ。
なんだけど!そうそう、思い返せばライトはヴァニラにだけ怒ったことがない
ような。

おそらくセラと重ねてたところは少なからずあるだろうね。ホープには昔の自分
を重ねてたが。とすると、ファングに対してライトは現在の自分自身を投影して
いた可能性も無きにしも非ず……なのか。


☆FF13-2でFF13のキャラとか
エトロがどういう形で関わるかが真っ先に気になる。シモネタ的な意味で儀式と
かそういうので関わらないかなぁと思ったけどさすがにないよね。CEROもどうな
るやら。正直、FFは基本的に重さの中に笑える話がスパイスとして入ってるイメ
ージなのだが、結構複雑なのでこの際CERO「C」とかでも全然構わない気がする。

ライトニングが不可視世界に迷い込んだとして、そのライトはどういう状態なの
か。可能性としては記憶喪失あたりがベタか。そもそも不可視世界で人間はどう
なるんだ。神話の解説アニメ?だと死の世界に近いイメージ。

ブックレット見た当初から言ってることだけどエトロの代替わり?

っていうのが個人的な希望。まあ、そうなるとライトは永遠に帰れないことにな
るし、バッドエンドって捉える人が多いだろうなってことで可能性は低いかな、
と今は思う。

だとしたら、不可視世界での「死」が可視世界での「誕生」とイコールになる、、
とかいう考え方はどうかなあ。輪廻転生じゃないけど。仮に、行方不明になった
時の姿のまま、行方不明になった時代に戻るんだとしたら、それは個人的に納得
いかない。

何の犠牲もなく幸せになるっていうのが嫌なだけなんだけどね。

記憶、姿、力(物理的なものだけでなく、権利を含め)あたりのどれかは犠牲
になってほしい。。。

不可視世界の時間軸や時間の経過方法が、現実と違うのならライトが帰ってき
ても数百年、数千年後とかね。そういう意味ではファングとヴァニラはまだ出
しやすいと思う。

むしろそれ以外の連中が難しい。姿を変えて出すとしたら子孫とか、魂だけの
存在として不可視世界に存在し、ライトニングの存在は忘れられている、とか
そんな感じかなぁ。
初夏
 「くそぅ、暑い!」広々とした大平原で、イラついた声がこだまする。
声の主は上着を脱いで肩に担いだ。「やめろ、おまえが暑い暑いって騒ぐ
から余計に暑苦しくなるんだろうが」愚痴る大男にあきれた視線を送りつ
つ、こちらも声音からイラつきが垣間見える。かいた汗で武器の携帯袋が
太股にべたべた貼りつくのを、ライトニングは不快に感じていた。

 「ライトさん、暑くないんですか」少年も手袋を外して軽装になってい
た。「こういうのは慣れだ」二人を無視して先へと進む。涼が取れそうな
場所は見当たらない。「おっさんのことも気遣ってくれや」半裸のサッズ
がぼやく。
 
 「私でも暑いのになー」後から歩くファングはライトニングの言葉を受
けてひとりごちる。「それ以上脱げないもんね」パタパタと手で扇ぎなが
らヴァニラがその後ろについていた。

 「なあ、ファング、ヴァニラ」ライトニングが歩みを止める。「なんだ?」
それに合わせて全員が足を止めた。「そろそろ水筒の中身も心許ないし愚痴
も増えてきたからな。近くに休めそうなところはないか?」それを聞いて、
ファングとヴァニラは顔を見合わせる。「うーん。地形が変わってなければ
ちょとした水浴びができる程度のなら近くにあると思う」口を開いたのはヴ
ァニラだった。

 数百メートルほど歩いたところにそれはあった。十分な深さと広さのある、
綺麗な泉だ。「ここだ。水は飲めると思うが、一応沸騰させてろ過してから
の方がいいだろうな」ファングは泉をあごで指して示した。「外は暑いです
けど、ここの水は冷たいですね」ホープが水に手を入れている。

 「よーし、いくぜっ」大きな水音がホープの横をかすめる。スノウが飛び
込んでいくのが見えた。「うっひー、冷てっ」「あ、ずるいですよ!僕も……
あ、でも服が」着替えがないことに気付く。「ライトさん、服を乾かす時間は」
言いかけたところで、ライトニングの表情が固まった。「ない、ですよね」
諦めてため息をつくにとどめる。

 「走ってりゃ乾くさ。私は止めねーよ?」ファングが勢いよくホープの肩を
押し、少年は服ごと泉に滑落した。「酷いです、ファングさん……」こぼしな
がらもまんざらでもないのか、少し深いところまで泳いでいく。

 「じゃあ、私も」と、ブーツを脱いだところで「ファング、手伝ってくれ。
6人分一気にやるぞ」ライトニングから声がかかった。鍋はキャンプ用の道中
に拾ったぼこぼこになった1つだけだ。安定させるように薪を組むだけでも
ちょっとした大仕事になる。

 そして、ようやく6人分の飲み水を水筒に入れ終わった頃。「うちらもさ
っぱりしねーか?」ファングが提案した。「却下だ」ライトニングの返事は
冷たい。急がなければ、という気持ちから。「よし、それなら」ファングは
にやり、と不気味な笑みを浮かべる。正面からライトニングを仰向けに倒し、
ジャケットのホックを外しにかかった。

 「な!やめろ、ファング!!」ライトニングの言葉に耳も貸さず、スロウと
ペイン、フォーグをかける。「ヴァニラ!こいつを預かってくれ」脱がせた
服をヴァニラに投げつけた。「え?あ、なるほど!」ヴァニラもファングの
やろうとしたことに気付いたのか、受け取った服をライトニングから離れた
場所に置きに行く。

 「スノウ!ホープ、サッズ!!悪いけどそろそろ上がってくれるー?お湯沸
かした火が残ってるからそこで服乾かしててって」置き場から戻ってきたヴァ
ニラが水浴びをしている男性陣に声をかけた。

 「や、やめ、、、ろ」ライトニングはペインの効果で体が痛み、思うように
しゃべることもできない。彼女を、ファングは担いで泉まで連れて行った。
そのままおもむろにライトニングを泉に浸からせる。

 全裸のまま、泉に放置されたライトニングをよそ目に、ファングとヴァニラ
も泉に浸かる。こちらは服を着たままだったが。幸いにも、お湯を沸かしてい
た場所からここは見えない。

 だが、ライトニングの服はたき火の向こうだ。

 彼女がどうやって泉を出ることになったのか、それは神のみぞ知る。

FF13:Episode i 感想
というわけで帰宅直後にやってきたアフターストーリーの感想とか書いてみる。
何気に久々のFF13記事です。おまけでついてきた箱FF13の処分は未定。とにか
く幅取ってかなわん。ポイントは来年度に回しましょうかね。

今回、ドラマCDとは違って完全に未公開だった話でしたが正直言って

なんでこれを一般販売しない?

と、思いました。俺としてはエンディングの後、ライトはスノウとセラの結婚
式でドレス姿で出てきて、そこにカメちゃんたちが乱入して大騒ぎって展開を
予想と言うかギャグ的な展開で書いているのかと思ってたんです。

どうも読んでみると、ライトニングに深くかかわるような内容でした。一応、
各キャラの独白をメインにオムニバスみたいな形で話が組まれているのですが。
心配してた家族はみんな無事だったけどボーダム周辺がほぼ壊滅したとか、
その辺はまあネタバレにも値しないんで良かれと思って書いてしまいます。

このアスターストーリーは本気でライトニングが主人公だったと思いますね。
それにしても彼女は一体どこに迷い込んだのだろうか。いや、本人は迷って
なんていなくて決意のもとで進み続けているんですけど。

でも、場所が。最後の方で泣きそうになったくらいには不安になりましたよ。
まあ、それはセラの独白にもよるんですけども。

それと、ヴァニラが女神エトロの名前を少しだけ出している様子。

ライトニングのあの行動は、どうも全部が全部自分の意思じゃなくて何かの
力が関わっているようなのですよね。今後のFNCの神話に関わる行動なのか
どうか非常に気になる終わり方でした。

ファングとヴァニラを助けに行くにしても一体どこをどう探す?ただ旅に出
ただけであんなところ行かないだろうし。とか思うとまた疑問が増えました。
次のFNCが楽しみです。

一瞬、ライトが(生贄的な意味でエトロに)殺されに連れてかれたのではな
いかとか勘ぐりました。ううーん。ただ、このシーンをこんな特別な形以外
で全く書かずにFNCで関連したイベントを書かれるのは不満ですね。

つまり、FF10インターのあの短い動画なしでFF10-2やるみたいなものになっ
てしまうと思うんです。おそらく、今回のアフターストーリーをFNCに利用
するのであれば何らかの形でまた出てくるんじゃないかとは思います。

これって感想なのかしら…?
FF13:ドラマCD Ω
発売日だということをすっかり忘れていたんですが、到着して一応聞いたので
感想をば。基本的に小説と内容は変わらないのに小説より高いというのが納得
いかないが人件費的に仕方ないね!

ノラさんがちょっと棒読みに聞こえたよ。顔がない分声だけで演技しないとい
けないからギャップがあるのかもしれないし、あるいは録音環境の問題かもし
れない。

経験的に、マイク一本で声質が結構違うってことはわかってるんですがなんと
も納得いかず。ホープが一番違和感ないのが逆にすごいというか、ちょっと嫉
妬というか表現しにくいw

で、ちょっと期待していたコクーンのファルシがパルスから村を奪うシーンな
のですがドラマCDでは完全に削られていました。台詞がないせいもあるだろう
が残念。

それと、今回ボーナストラックが本編の13日にあたるとこだったんですが、
ヴァニラサイドとライトニングサイドで場面が被っています。その点は個人的
に手抜きに見えた。

ヴァニラサイドをカットしてもよかったかなーって感じはする。

あとは……12月の箱版待ちですね。ファングとヴァニラがどういう扱いになっ
ているのか非常に気になる次第です。
FF13:続編とファンヴァニの扱いについての意見
FF13-2が出るとしても未来の話はなんとなく嫌だ。安易な理由でキャラを殺したり復活させたりを繰り返すと人の死が安っぽくなるし。そうなると過去の話になるけどそれはそれで矛盾が生じやすいから難しいと思う。だったらゲームじゃなくスピンオフの方が個人的には……。
10-03 01:04

スピンオフって言うかメディアミックス?ともちょっと違うなー。なんだろう?仮にFF13-2が出て、本編の未来だとしてもファンヴァニがそこで再登場するのはやっぱり安っぽい。かといって彼女たちが出ないのも寂しい。ある意味の葛藤だ。
10-03 01:06

FF10-2のとき、ティーダ復活EDはどうだったかというと結論はシューインに一杯食わされた感じだったのでそうでまだ安っぽさよりは「これがおまけ要素なんだなー」くらいの納得があった。ただマルチEDをFF13で適用するのはな……。自己犠牲になっておいて「ただいま」はちょっと抵抗ある。
10-03 01:09

やっぱり、ファンヴァニが戻って来て、あまつさえライト達に再会という展開は個人的にありえない。それなら新たな信仰の対象として永遠に碑であるほうが……ううーん 難しいなぁ
10-03 01:13

ファンヴァニはもっと見たい、感じたい。でも、安っぽい復活や安息は嫌だ。FF13無印はあれで完結している。これはFF9がリメイクして欲しくないのと同じくらい強く感じることだ。自分でも何を求めているのかよくわからなくなってきたな
10-03 01:16

すごく個人的な希望です。ファングとヴァニラを、許すかどうかの描写だけは欲しかった。ライト達はもちろんコクーン市民からも。でもそれって追加のEDが欲しいってだけだもんね……。DLCに期待してたんですけど
10-03 01:25

箱版FF13についてくるブックレットに期待している内容もスノウとセラの結婚式よりファンヴァニの今後の扱いについてだったらいいなぁ、と思ってます。
10-03 01:27
FF13:アルティマニアオメガ感想

FF13アルマニオメガ付属小説読んでたらあっというまに2時間以上経っていた件。エァーデの発音が分からん……。全部が全部奇跡じゃなかったってことなの・・・か?この話って。
00:16

まだ半分も読めてないので続きは明日!と言いたいところだが明日は5コマまで講義があるのよね……。持っていって読むわけには・・・いきませんよね。明日も早いし。あああ

ちょっとだけ。ラストのカットシーンの解釈はどうやら8割がた合っていたらしい。さすがにみんなにハイウィンドかました理由までは外れてたが。ヴァニラに攻撃しようとしたのと同じ理由だと思ってた。
00:44

でもまだラスト部分の一部しかシナリオ考察読めてない・・・時間プリーズ。とかいいつつおやすみなさいorz
00:44

そういえば心中という予想を立てていたラストのファングの行動ですが、意図としてはだいたい合っていると思っています。そもそも気絶してればシ骸にならないって思うには説得力のあるシーンがないです。それに、ラグナロクになるってこともある意味「死ぬこと」だし、そういう意味では心中かなと
07:57

アルマニオメガにおけるラストのカットシーン考察で明らかに俺と違うのはファングに「殺意があったかどうか」くらいかなぁ。細かいとこだとファングいつの間にしるしが変化したの?的な当たり?←気づいてなかっただけ
07:59



↑ここまで10/1のツイートより引用

シナリオ考察は第4章まで読み終わりました。寝ないと……。召喚獣が出てくる明確な条件はいまだ不明。さすがに序盤は分かりやすいので2周目でも普通に解釈できるレベル。あ、でも冒頭でアニマの部屋のドア開けたタイミングはちょっと笑ったw ライトwww 
00:51

FF13のシナリオ考察読んでると涙がにじんでくる……やばーい。思い出し泣き?あとなんでるーやん俺の部屋におるん?!よんでないよwww
07:09

7章のエストハイム邸におけるファングの解釈大分ずれてた
08:24

やっとストーリー解釈読み終わった 賞味7時間以上はかかったしw
14:51

は~ アルマニオメガ全文目を通した!満足。
10-02 19:23

今回はやり込みというよりメモリアルアルバム+解説って内容だった 読み応えありすぎて読了に半日とかw
10-02 19:26

FF13はシナリオ充足で解説や追加資料も満足してる 続編はいらないがファンヴァニの子供時代とか知りたい
10-02 19:51



↑ここまで10/2のツイート

【補足】
編集したけど大量のタグだらけでタグを消しただけの簡単作業になった。一応、通読はしましたが詳しい感想を書くにはさらっと読み過ぎた感じがするのでほとんどツイートで代用しちゃおうかと思ってます。

【補足2】
ツイートを見て思い返していましたがファング周りはことごとく考え方が覆されましたね。というか忘れていたというのが正しいのかもしれないけど。確かにファングは家族に対して並々ならない想いを持っているんですが、ファングが孤独を怖がっている描写についてはここでちゃんと知っているはずだったのに念頭から抜けてました。

何度も何度も約束させるのはそれも一理ある、的なことまで書いておいて7章ではバルトロメイの考え方に触れて云々とか言っちゃってます。それもまあなくはないとしても、ファングとヴァニラは彼の息子をルシにした元凶といえば元凶であるからって方が強い……か。

納得しつつ、読み進めていきました。

さて、、、こっちも学校の仕事せねば。
FF13:ドラマCD-FNDα感想
ドラマCDの

FINAL FANTASY XIII Episode Zero -Promise-
Fabra Nova Dramatica α


を聞いたので一応感想です。私用が溜まっているのであっさり感想になるかも
しれないけどそこはご愛嬌。

今回はおまけではなく正式なドラマCDだったので25分とか短い時間ではなく
普通に60分超えてました。ファイル読み込みが面倒だったので大体ですが
全体で80分~90分ほどあったかと思われます。

ドラマCDとしては長いほうの部類かと。

個人的な印象としては、ファングとヴァニラだけやけに冒頭で声が浮ついたと
いうか声だけ浮いちゃってる感じがありました。ゲーム中と声の使い方が違う
か録音環境の問題?ライトも浮いちゃってるけど今回は出番が少なくてあまり
目立たなかっただけかそこまで印象ないな。

でもファングの一人称がテキストでは「私」なのですが音声では「あたし」に
なっているという微妙な違いがあります。あと、「何者だ」を、ゲームでは
「なにもんだ」って読んでた気がします。

キャラクター的には「なにものだ」より「なにもんだ」の方がしっくりくると
思うのですがなぜ読み方を変えたんでしょうね?ちょっと気になります。ファ
ングだけ喋り方というか漢字の読み方?がゲーム中と変わっているような印象
があります。

おかけでファングにちょっと違和感を覚えました。

おまけ分や追加された個所と言うと、セラがライトに心配されるシーンとセラ
とヴァニラの対面シーンですね。ヴァニラ曰く「(ファングとは)生まれてか
らずっと一緒だった」
って言っている点に注目です。

小説では物心ついたころから一緒だった、と書かれているので。

一体どういう状況でファングとヴァニラの関係ができたのかが気になる。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。