Fiction Factory

ゲーム実況風プレイ日記&考察中心 常にネタバレ注意
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
FF13FNC考察:女神エトロの力
さて、今回の論題は女神エトロの力である。ところで、今回はFNCつまり神話に
ついての考察という体裁で書くことにしているが、FF13およびFF13-2における
神話解釈と思われるものを情報源としている。

むろん、いつも通り妄言も多分に含まれるがその辺に関してはもはやいつもの
ことである。よって、妄言かどうかはさておきそこそこ納得できそうなもの、
可能性がありそうなものを書いていこう。


■女神エトロが与えられた能力~神話における描写~
神話でのエトロは、女神ではなくファルシである。しかし、ヴェルサスでも
エトロは女神と呼ばれる。この傾向はパルスそしてリンゼも同様である。
全てのファルシの頂点にいるのがブーニベルゼであることは、公式で公開さ
れた動画からもわかることだ。

神話において、エトロの説明は以下の通り

ブーニベルゼは 自らの意志を抽出し ファルシを作り出しました
はじめに創られたのは ファルシ=パルス
(中略)
つぎに創られたのは ファルシ=エトロ
ブーニベルゼは 誤って ムインそっくりにエトロを生み出してしまいました
その姿を恐れたブーニベルゼは エトロに何の力も与えませんでした
(中略)
エトロには何もすることができませんでした
孤独になったエトロは 自らの姿に似た母(ムイン)のことを思いました
エトロは自らを傷つけて血を流し 消えてしまいました
流れたエトロの血から 人間が生まれました
人間は 生まれては死ぬだけの存在でした
(中略)
孤独になったエトロは 混沌に飲まれていくだけの人間に親しみを覚え
人が死ぬゆく時 微笑み 混沌を贈りました
人間は エトロに与えられた混沌を「心」と名づけました

※参考/公式で発表された動画のコピー
【ニコニコ動画】ファブラノヴァクリスタリス神話
※補足すると、パルスとリンゼはそれぞれ目的のためにファルシとルシを作
 っているが、その説明はエトロが消える前にある。
※心という不可視世界を抱えて~や、人が混沌を抱えることで世界の均衡はかろう
 じて保たれるという気になる文言もあるので一応留意しておきたい


なお、エトロの次に創られたのがリンゼであるが今はそっとしておこう。

簡単にまとめると
・エトロは2番目に生まれたファルシ
・ムインにそっくりだが力は何も与えられなかった
・孤独に駆られ、母を思って消えた(ヴァルハラへ)
・エトロの血から人間誕生
・孤独に駆られ、人間に親しみを覚え、人に心を与える


と、前述の通りエトロには何も力が与えられていない。しかし、公開された神話の中
でおかしな点がある。それは、エトロの血より人間が生まれ、果ては彼らに心を与え
た、という点である。

エトロには力がなかったのではなかったのか?

ここで、FF13で起こした奇跡とはなんだったのであろうか。すこしまとめてみよう。


■エトロの奇跡、その正体~FF13およびFF13-2における解釈の予想~

FF13でエトロが起こした奇跡は


1.BF600~700年にファングとヴァニラを強制的にクリスタル化し
  黙示戦争を終結させた

2.AF001年、シ骸化したライトニング、サッズ、スノウ、ホープを人間に
  戻した

3.AF001年、クリスタル化したライトニング、サッズ、スノウ、ホープ、
  セラ、ドッジを人間に戻し、さらにルシを解除した


追加で、AF001年にファングとヴァニラがコクーンを支え切ったことも
エトロの起こした奇跡であるという考え方もある。しかし、そうである
場合なぜアルティマニアオメガにおいてルネがAMPの制御を行う必要が
あったのが説明が難しい。

よって、コクーンを支える力についてはまた別途で考えることとする。

さらにFF13-2では

1.ユールに未来を視る力(=時詠みの力)を与えた

2.カイアスに混沌の心臓(女神の心臓)を与えた

なお、ユールについてはFF13-2でのフラグメントの説明によると、人類
最古の人物がユールということになっている。未来を視る力は女神エトロ
直系の血筋の証、のようなものだ。

そして、ここからは完全に設定には書いてない妄言となるのだが……


■エトロの力は任意で使えないだけ?

ブーニベルゼは力をエトロに与えていないのにもかかわらず、エトロは奇跡
という名の力を行使している。これは前述のとおりである。つまるところ、
ブーニベルゼはエトロに力を与えていないものの、ブーニベルゼの創るファ
ルシには最低限の何かの力があるのではないだろうか?

人間で言えば、五体満足で平平凡凡の何にも突出してないやつ。それがエトロ
なのではないか?これは、言葉のトリックで、ブーニベルゼは単にエトロに対
して「特別な力」を与えなかっただけに過ぎない
、という意味だ。

言うまでもなく、この「特別な力」は神々の世界にとってである。また、エト
ロをムインそっくりに創った時点で、ムインの持っていた力のいくばくかをも
エトロにつぎ込んでしまったのではないだろうか。

この場合は、ブーニベルゼが意図してエトロにムインの力を入れたわけでもな
く、やはりブーニベルゼはエトロに自分の意志を反映させた「特別な力」を授
けていないことになる。

その結果、エトロはブーニベルゼの意志を反映しない範囲で力を使えた、と
考えることができる。もちろん、「ブーニベルゼの意志=ブーニベルゼが与
えた力」を持たないので、エトロはブーニベルゼがしたいと思っているこ
とはできないはずだ。

ところが、母を思うあまり自傷して不可視世界にたどり着いた。どうもここが
鍵になるように思える。エトロは自らの願いと人間たちの願いを結び付けるこ
とで奇跡という名の力を発現できるのではないだろうか


さらに、そのことをエトロ自身は気付いていないのではないだろうか。でな
ければ消える寸前まで力を使い果たすとは到底思えない。それほどエトロが
愚かだったともとらえられるが。

また、エトロの持つ力はFF13で奇跡と呼ばれていることから、エトロが力を
発露するのはそれ自体がおそらく相当珍しいものなのだろうということが伺
える。

仮にエトロの力を任意に使えたとしたら、そしてその力が無限であったら、
そもそもパルスの人間がルシとして捨てられてきた史実は変わっていたはずだ。

なお、バルトアンデルスが任意で起こした奇跡もあるがあれは意図があって
の力の発露であり、「哀れみ」という思いだけが先行した奇跡であるエトロの
力の発露とは異なると思われる。むしろ、そういう前提がなければエトロの力
が奇跡ではなくなってしまう。
スポンサーサイト
FF13:エトロ=天照大神説
エトロは死神。つまり人間は彼女が触れたから死すべきものになったのか?
エトロはイザナミノミコト?タロットっていうか西洋系のだと死神は男神
だった気がする。

クリスタル神話は古事記に似てる…?でもそれならエトロはイザナミノミ
コトじゃなくてツクヨミか天照大神か。順番を考えて。ムインがイザナミ
ノミコト、ブーニベルゼがイザナギノミコト、エトロが天照大神、パルス
が力を司り地を這うからスサノオ、リンゼは地に浮かんだからツクヨミ


こんな感じかなー?

ちなみに門を開く条件は死者の魂がまずあるようだけどヴァルハラに召喚
される理由は不明なんだよね。これだとFF13-2の考察にもなるんだけど跨
ぐので分類はFF13で。ん、、というか別記事立てるか

続編ものの時はどれをタグにするか迷うね。一応、設定が初出になった時
のタイトルをタグ
にしようか。あと跨ぐ時は基本無印でやります。
FF13:FNC神話の解釈
ムニンって北欧神話の想像上の生物らしいですね。wiki情報でアレですが。
しかもオーディンの通信役ということで、ギリシア神話のヘルメスと似た
ような感じらしいです。ただし、こちらは2対のワタリガラスの1羽だそう。
え?想像上の生物じゃない?でもまあ「力」があるなら想像上でいいでしょう。

ところで思い出してほしいのは、ライトの召喚獣がオーディンであること。
オーディンはワルキューレを従えてラグナロクに備えたらしいですね。と
なるとライトの位置的にも彼女がワルキューレのようなものであるようだ
と考えるのは割と自然な流れかもしれません。

ここでは関係ないけど、ブリュンヒルデもワルキューレの一人なんですが。
さらに無関係だけど戦場のヴァルキュリアで登場するガリア公国の首都で
あるランドグリーズもワルキューレの名前だったんですね!
(ちょうどうでもいい)

FF13FNC:変わったのは何?
スクエニプレミアのニコ生見てきました。FFしか見てないのでまとめて。
DDFFに関しては個人的にあまり書くことないので割愛。

★FNC神話(ファミ通で確認して終盤あたりに修正と加筆あり)
ここのPVは公表されないんでしょうか?神話の解説PVが流れました。
大まかに説明すると主神ブーニベルゼが母なる神ムニンを殺して世
界を手にいれた。ムニンは不可視世界へ消える。しかし、ブーニベ
ルゼが手に入れたのは有限の可視世界。そして不可視世界へ渡るた
めに手始めにファルシ=パルスを作り、パルスには世界の創造と不
可視世界への橋渡しを命ずる。続いてファルシ=エトロを作ったが
エトロは母ムニンにそっくりに作り何も力を与えなかった。
その代わりにファルシ=リンゼを作って世界の守護と不可視世界へ
の橋渡し出来上たら起こせと命じた。

そしてブーニベルゼはクリスタルになり眠りに就く。というような内容。

さらに、何もできないエトロは母を求めて自害しようとするが、そ
の血から人間が生まれる。ここでエトロにはムニンから世界の均衡
の命が下るもエトロには理解できなかったという。そしてエトロは
人に心を与えた、とある。

あとで聖書のようなものができるとこちらとしても考察しやすいの
だが。なんとなくクシエルのテールダンジュの神話―というかまあ、
あれもキリスト教がモデルなんだけど―に近いような。

ただ、どうもこの内容から察するにエトロ自身に力はなくともその
体には力があるらしい。
不可視世界を行き来したり、血を人間に変
えることができるから。

ちなみに補足するとイェシュアの血と大地マグダレーヌの涙から生まれたの
が天使エルーアと呼ばれる大天使の末子というのがクシエルの設定。なので
ムニンは地母神でエトロは……そもそもイェシュアは主なる神の子なので
すよね。なんでイェシュアは神に殺されたんだっけ?

★FF13-2(読みはサーティーンツー)
FF13の続編?ということで発売は2011年夏~秋を予定しているそう。今
のところPS3,XBOX360の同時発売を考えているらしいです。映像には白
金色の甲冑を纏い、両刃の剣を掲げるライトニングが登場していました。

こちらの映像は20日に公式サイトで公開される模様。エトロを鎮める
のが目的のような描かれ方をしていたがどうだろう。それと個人的に
はライトニングとともに登場していた黒い甲冑の登場人物。新キャラ
の男性だそうですが……対戦相手としてだけならいいけれどそれが恋
愛に発展するのだけは避けてほしい。

いや、あってもいいのかもしれないけど今のところは想像もつかない。
クシエルみたいに極限状態に陥れられるとかくらいじゃないと許せる
気がしないから。


★FFag13→FF零式
タイトルが変更された模様。というのはFF13とのつながりがない、新
説(というか別説)だからとのこと。ただし、FNCの神話については同
じものを用いているそうで解釈の違いを見てほしいそう。

映像を見た限り、相変わらず戦記物には違いないようですが加えてか
なり血生臭い映像が飛び交っていました。声付きの映像でもあり、迫
力は折り紙つき、といったところ。私個人としてはそういう話は大歓
迎ですね。もちろん限度はありますが。身近すぎると怖すぎて見てら
れないし縁遠すぎれば死という恐怖が嘘に感じてしまう。

その辺が難しい。自分の好き嫌いが分かれる点。さらにPSPで2枚組と
いうFF初の試み。主人公が14人もいるから?内容のせい?どうも初め
から2枚組でそれでもどうにか押し込んでいる状態のようです。


★FFvs13
こちらは一部音声付動画です。ノクトが思ったより青臭い。また、こ
ちらもFF13-2と同じく黒い甲冑姿の人物が登場しています。が、あち
らが男性なのに対し、こちらの甲冑は女性のようです。

髪色がプラチナブロンド~シルバーなのでどうもステラのようにも見
えますが真相の方はいかに。また、動画中の背景に日本語表記がある
のも見て取れました。

さらに、ノクトの父親らしき人物が「私が最後の王だ」という旨の発
言をしています。
FF13FNC:スクエニプレミア応募完了
SQUARE ENIX 1st Production Department Premiere
カテゴリに悩むけど気にしたら負けです。でもまあ、俺のメインで見た
いのはFNCなので一応こっちに分類。

応募したのは 
1回目 2011年1月18日(火) 17:00(受付) 17:45(開場) 18:00~19:30
早めの時間なので競争率高そうだけど2回目にすると俺が帰れない可能
性が出てくるので都合上1回目しか無理そうだった。

まあ、当たってもないのに心配しても仕方ないけど予定を組む関係上
メモってことで。さすがに今回の倍率はやばいってもんじゃないな。
生放送?

俺は大画面で見たいんだよ。できればね。
FF13FNC:FF13とFFv13の共通性から見るFNCの全貌考察
カテゴリーにFF13FNCを追加しました。FF13はFNCシリーズの一部なので総合的な
考察というか共通点なんかを見いだせるかもしれないし、FNC全体で見えてくるも
のに関する記事を書きたいときにカテゴライズに困ったので。

まあ、要するにFF13FNCシリーズ総合って感じのカテゴリでよろしくお願いします。

また、ネット上の考察は簡易的なものであるため、wikipedia知識がメインです。
本格的に知りたい方はあまり参考にはなりませんが一つの意見的なところで折り
合いつけてくださるとありがたい。

今回の要件は

▼ラグナロクと主人公、そしてヒロインの関連

ということにしておきましょう。昨日、生放送でちらっと話しましたが、FF13小説
内でファングが神官から奪った武器がグングニルではないかという説を立てました。
ちなみにまだ「緋、黒、紫」の意味は分かっていません。

オーディンの槍であるグングニルでファングが神官を襲ったのなら、なんとなく
ライトニングとファングが気が合うように見える理由がわかる気がします、とい
うだけなんだけど。

神官については……

ギリシア神話であれば13の神官は13の天使を意味するんだろうとかあるんですが、
FF13ではキーワードがラグナロクになるので、どちらかというと北欧神話寄りで
すね。

北欧神話にも主要13女神というのがあるようですが現在調査中。

ヘカトンケイルも北欧神話の巨人の名前です。

バハムートは神というより妖獣であり、ベヒーモスと同じものを指すそうです。
そしてもともとは大魚の姿をしており、大地を支えたとされている。

まんまFF13のラストじゃねぇーかwww

という。でもバハムートは北欧神話じゃなくてイスラムの方の伝承で伝わってる
そうですが。

(参考:wikipedia-バハムート-

グラズヘイムにあるヴァルハラという宮殿に、戦死した勇者(エインヘリャル)
をワルキューレによって集め、世界の終わりの戦い(ラグナロク)に備えて大規
模な演習を毎日行わせるという。



また、オーディンにはこういった記述があるので、これがライトの仕事の元ネタ
……かもしれない。

(参考:wikipedia-オーディン-)


ファング死者説とステラ生贄説。ステラの立場がヴァニラに似ているとしたらノク
トを止めるために人柱になる可能性が出てきた。俺の中で



というツイートを飛ばしましたが。。。

あ、時間ないのでまた帰ったら追記するわ

これは何故かというと、ラグナロクの説明に

オーディンの子で光の神バルドルがロキの奸計で死に、

冬が7年続いて世界が寒気と飢えで苦しみ人間のモラルが乱れたのを機会に、

ロキの子の巨狼フェンリルと巨蛇ヨルムンガンド(ミズガルズ)、死の女神ヘルの配下、霜の巨人たち、

炎の神スルト(ロキ)の部下たちの魔物の連合軍が神々と人間の世界ミッドガルドに殺到、

神々と魔軍は相討ちになり、大樹ユグドラシルは海中に没し,世界は滅びる。



(参考:はてなキーワード-ラグナロクとは-


ということなので、このバルドルというのがファングかもしれない、と思った
次第です。なお、小説版でヴァニラはファングのために自らルシになることを
望みますが、実際のところ最初からヴァニラはファングと運命を共にすること
を望んでいたようなことが小説からわかります。

ただ、ファング死人説については、仮にファングが既に死んだ人間だったとし
た場合にファングだけがルシになった時の記憶が抜けている理由に説明がつく。
ヘカトンケイル戦で、ファングが自分がラグナロクになって云々と言ったとき
にヴァニラは否定してますがあれはどこまでが本当なのかよくわまりません。

04:天地の闘争 †巫女パドラ=ヌス・ユールはかくのごとく語れり。

飛翔したラグナロクは、天に浮かぶコクーンを滅ぼし、
グラン=パルスに永遠の安寧をもたらそうとした。
されど女神が破壊を阻んだ。
悪魔に従うコクーンの愚民を憐れんだ女神は、
ラグナロクとなったルシの力を奪い、クリスタルに
変えて、使命なかばで眠りにつかせた。



(参考:FF13およびFF13攻略&交流 EX-POTION)

という断章がありますが、ここに

ラグナロクになった「ルシの」 という点に着目してみますと、どうもラグナロクに
なったのがルシ1人に見えないこともないですね。じゃっかん無理やりですか?まあ
あくまで憶測ですのでそこはあまり深く考えません。

とりあえず、ファングの死でヴァニラが暴走するようにラグナロクになってコクーン
を攻撃してしまったけれども、女神によって強制的に止められたのではないでしょう
か。そうだとすると何故ファングもクリスタルになっていたのでしょうか。

いや、ファングがクリスタルになっていたのかはゲーム中描写がありません。

ファング自身はクリスタルから目覚めたと言っていますが、画面中には一切クリスタ
ル化したファングは出ていません。ファングはヴァニラより先に肉体を取り戻してい
ます。
これは動画編集時に気づいたもので、実況の説明文にも書きました。

コクーンのファルシの奸計なのにパルスのファルシがそれに協力する
形になっている
点も疑問が残ります。パルスはただコクーンと戦うためだ
けにルシにしたが、コクーン側のファルシがそれを再利用しようとした際、ヴァニ
ラのファングへの依存心が高すぎたがためにヴァニラ単体では利用できないと思っ
たのではないかという憶測が出てきました。

シドの例もありますので、ファルシにとって人を生き返らせる手立てはいくらでもあ
ったと考えていいのではないでしょうか。そうすると、ファングは既に死んでいて、
ヴァニラさえラグナロクになればいいので彼女(ファング)をわざわざシ骸になるよう
に細工する必要がなかったのではないかと考えられます。

しかし、コクーンはパルスサイドのルシを選べないので、コクーンはパルスのファル
シを利用したということになります。つまり、ファングはパルスのルシでありながら
コクーンのファルシのよって生き返らせられたのではないか?

ということです。

そのため、パルスのファルシはファングをルシとして認識せず、ただの死んだ人間
という人間としか見なかったためシ骸化することがなくなったのかと。それに、シ
骸やクリスタルにする条件を決めるのが各サイドのファルシだとしたらコクーンの
ファルシにはパルスのルシをシ骸やクリスタルにする能力が与えられてないのでは
ないかとも感じます。

女神はファルシの上位に位置する存在ですので、ファングとヴァニラをクリスタル
にしたままにすることもシ骸にすることも可能と考えられます。最後の展開は女神
の起こした奇跡だとしてそれまではずっとコクーンのファルシの奸計だった、とい
うのはどうでしょうか。

また、ここの予言がラグナロクを予言したヴェルスパーのものとなんとなく一致点が
あるようにも思います。

それともうひとつ

悪魔に従うコクーンの愚民を憐れんだ

と、あるんですが、ということは女神はファング達を憐れんだのではなくコクーンの
人間を憐れんだということになりますね。では、最後の最後でどうして女神はファン
グ達をクリスタルにしたうえでライト達のクリスタル化を解いたのでしょうか。
そしてあのあとファング達は復活することはあるのでしょうか。

最後の最後まで、女神はパルスに味方しなかった、ということなんでしょうか……。




長くなりましたが……

ステラがPVで光の柱を見ることがが死にかかわる伝承であるようなことをほのめか
していたかと思います。まだ調査不足ですが、ノクトと対峙するときの哀しい目か
ら察するに可能性として、ノクトを止めるため、もしくはクリスタルの力の暴走か
なにかを止めるため(要するにラグナロクを止めるため)に人柱になるつもりで
対峙したのではないか?と考えている次第ですね。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。